関連する動画

☆バイバイ

A
あの日きみと出会ったこと12
僕はずっと覚えているよ12
焼きついて離れない笑顔13
今もちらついてしまうの12

B
大好きだって気づくには12
全部全部遅すぎて11
今の僕の気持ちだって12
伝えるには遠すぎる11

S
「またね」なんて言ってしまったら13
また出会える気がするから13
もう前へ踏み出せなくなる13
この想いに鍵をかけたら13
一番言いたくない言葉(こと)を13
伝えてしまおう-「バイバイ」13


A
あの日きみと出会ったこと12
僕はずっと覚えているよ12
無邪気にはしゃぐあの声が13
今も聞こえる気がしてる12

B
大切だって気づくには12
全部全部遅すぎて11
今の僕の気持ちだって
伝えるには重すぎる

S
「またね」なんて言ってしまったら13
また出会える気がするから13
もう前へ踏み出せなくなる13
この想いに鍵をかけたら13
一番言いたくない言葉(こと)を13
伝えてしまおう-「バイバイ」13

(間奏?)

C
きみと出会ったあの日から12
もうすぐ十年になるね12
きみと過ごしてきた日々は12
この胸に残っているよ12

バイバイして 忘れたくて12
必死に生きてきたけれど12
思い出が邪魔をするの11
-まだ、好きでいていいのかな?-12

S
「バイバイ」なんて言ってしまっても14
また出会える気がするから13
ほら、前へ踏み出せてないよ13
なら、想いの鍵をあげたら13
一番伝えたい言葉(こと)を12
風にのせて空へ-「大好き」14

キミオト

【A】
光見えない暗闇を(12)
ボクは気づけば歩いてて(12)
ボロボロの足 傷だらけの手(14)
痛みなんてもう麻痺していた(14)

群がる周りの人たちが(12)
「さっさと逝け」とささやくの(12)
-ボクなんていなくていいんだ…!-(13)
見えない道を踏み外しかけた(14)

【B】
独りの世界に 音が響く(14)
振り向いたら 笑う君がいた(14)

【S】
黒い世界を引き裂いて(12)
たくさんの光とともに(12)
騒がしい音があふれ出す(13)
目をそらして 耳をふさいでも(14)
キミのあとをついていく(12)
きっときっと何かあると(12)
そんな予感と歩いていくの(14)

【A】
光あふれたこの道で(12)
キミの隣歩いていた(12)
溢れる笑顔 人のぬくもり(14)
痛みなんてもう遠い昔(14)

ある日突然 消えていた(12)
すぐそばにいたはずなのに(12)
-なんで、気づけなかったかな…!-(12)
見えないキミにあふれる涙

【B】
一人の世界 響く無音(14)
探しても もうキミはいない(14)

【S】
黒と白とが混ざり合い(12)
かすんでく光とともに(12)
うるさい無音がやってくる(13)
目を凝らして耳をすませても(14)
キミの音見つからない(12)
言いたかったことがあると(12)
後悔の波に飲まれていく(14)

【ラスト】
黒と白の世界で一人(12)
再開の光とともに(12)
ボクだけの音と歩くよ(14)
目を開いて声を張り上げて(14)
ボクの音を響かせるよ(12)
だから小さな音(かけら)でも(12)
ふわりと前にあらわれたら(13)
最高の笑顔で言わせてよ(14)
「出会ってくれてありがとう」(12)

【動画公開中】太陽と向日葵の約束

【太陽と向日葵の約束】

作曲:たてごと♪
作詞:しープ
絵・動画:しん。

《A》
青い海 注ぐ太陽
空も季節を塗り替えて
波の音 誘う潮風
弾む
心揺らす

《B》
波打ち際で
寄せては返してる
進むだけじゃない日々を
優しく流して

暑い陽射しなら
日陰を作ろうか

ひとりきりでいても
つまらない
勇気だして
声に出してみようよ

《S》
走り出そう
窓を開け澄んだ空へ
顔を上げ咲いてる
大きな向日葵

何度冬が来ても
忘れない眩しい夏

笑顔で呼んでいる
私の貰った名前
大好きだ

《A》
そよぐ木々 緑手を振る
夏の香りが舞い込んで
はしゃぐ声 焼けた素肌に
刻む思い出たち

《B》
花壇に植えた
鮮やかな向日葵
花びらの数
数えて
一緒に話そう

熱い涙なら
日陰で隠すから

ひとりきりでいたら
止まらない
言葉にして
そっと言ってごらんよ

《S》
旅に出よう
窓を開け星の海へ
夜空に飛び込んで
見下ろす世界は

何度夜が来ても
暗闇を彷徨っても

笑顔で呼んでいる
あなたがいるから
前を向けるんだ

《C》
満天の星空が
見守っててくれる

満開の泣き笑い
夏の約束

《S》
走り出そう
窓を開け澄んだ空へ
顔を上げ咲いてる
大きな向日葵

何度冬が来ても
忘れない眩しい夏

笑顔で呼んでいる
私の貰った名前
大好きだ


【ひらがな歌詞↓】

《A》
あおいうみ
そそぐたいよう
そらもきせつをぬりかえて
なみのおと
さそうしおかぜ
はずむこころゆらす

《B》
なみうちぎわで
よせてはかえしてる
すすむだけじゃないひびを
やさしくながして

あついひざしなら
ひかげをつくろうか

ひとり
きりで
いても
つまらない

ゆうき
だして
こえに
だしてみ(よう)よ

《S》
はしりだ(そう)
まどをあけすんだそらへ
かおをあげさいてる
おおきな
ひまわり
なんどふゆがきても
わすれないまぶしいなつ
えがおで
よんでいる
わたしの
もらった
なまえ
だいすきだ


《A》
そよぐきぎ
みどりてをふる
なつのかおりがまいこんで
はしゃぐこえ
やけたすはだに
きざむおもいでたち

《B》
かだんにうえた
あざやかなひまわり
はなびらのかずかぞえて
いっしょにはなそう

あついなみだなら
ひかげでかくすから

ひとり
きりで
いたら
とまらない

ことば
にして
そっと
いってご(らん)よ

《S》
たびにで(よう)
まどをあけほしのうみへ
よぞらにとびこんで
みおろす
せかいは
なんどよるがきても
くらやみをさまよっても
えがおで
よんでいる
あなたが
いるから
まえを
むけるんだ

《C》
まんてんの
ほしぞらが
みまもってて
くれる

まんかいの
なきわらい
なつの
やくそく

《S》
はしりだ(そう)
まどをあけすんだそらへ
かおをあげさいてる
おおきな
ひまわり
なんどふゆがきても
わすれないまぶしいなつ
えがおで
よんでいる
わたしの
もらった
なまえ
だいすきだ

【動画公開中】そっと~君に翼が生えた日に~

【そっと~君に翼が生えた日に~】


イラスト:深しゃ
作曲:たてごと♪
作詞:しープ
動画:もふるお


《A》
長い旅を終えたんだね
眠る君に白い翼

この世界は
綺麗な君には似合わなくて

《B》
目に見えはしない言葉たちは
雪のナイフのように

怯える君に突き刺さっていく
逃げずに
耐えていたね

《S》
眠りについた君の姿
迎えた終わりに
優しい音

羽ばたいてく重力から
君が望んでた
遠い遠い
優しいセカイ

《A》
君がくれた言葉たちは
いつもとても綺麗だった

この世界は
優しい君には似合わなくて

《B》
醜くてずるい大人たちは
君を吸い尽くしたんだ

怯える君に手を差し伸べたい
それすら
できなかった

《S》
眠りについた君の姿
ようやく笑える
時が来るね

羽ばたいてく重力から
君を包みこむ
遠い遠い
明るいヒカリ

(ラスサビに向けて間奏)

《LS》
涙はやがて空を埋めて
痛みを弱さを
隠すように

羽ばたいてく重力から
君が授かった
白い白い
優しい翼

羽ばたいてく重力から
君が望んでた
遠い遠い
優しいセカイ

【ひらがな歌詞↓】

《A》
ながいたびを
おえたんだね
ねむるきみに
しろいつばさ

このせかいは
きれいなきみには
にあわなくて

《B》
めにみえはしない
ことばたちは
ゆきのないふのように

おびえるきみに
つきささってゆく
にげずに
たえていたね

《S》
ねむりについた
きみのすがた
むかえた
おわりに
やさしいおと

はばたいていく
じゅうりょくから
きみがのぞんでた
とおいとおい
やさしいせかい

《A》
きみがくれた
ことばたちは
いつもとても
きれいだった

このせかいは
やさしいきみには
にあわなくて

《B》
みにくくてずるい
おとなたちは
きみをすいつくし(たん)だ

おびえるきみに
てをさしのべたい
それすら
できなかった

《S》
ねむりについた
きみのすがた
ようやく
わらえる
ときがくるね

はばたいていく
じゅうりょくから
きみをつつみこむ
とおいとおい
あかるいひかり

《LS》
なみだはやがて
そらをうめて
いたみを
よわさを
かくすように

はばたいていく
じゅうりょくから
きみがさずかった
しろいしろい
やさしいつばさ

はばたいていく
じゅうりょくから
きみがのぞんでた
とおいとおい
やさしいせかい

帰りたいよ

A
あの頃に戻りたい11
そればかりが離れなくて12
微笑み、手を振る君11
私の記憶の最後12

伝えられなかったこと11
伝えたかったことすべて12
君にはもう届かない11
言葉すべて宙の中12

B
ノートに散りばめた落書き12
二人で書いた思い出は12
確かにここにあるのに…11

S
帰りたい 帰りたいよ11
きみと過ごしたあの日々に12
どうして何も言わずに11
キミは遠くに行ったの?11
帰りたい 帰りたいよ11
すべて輝いたあの日々に11
笑顔の君に会えるなら12
今すぐ帰りたいよ10


A
ラジオから流れていた12
きみがよく歌ってた歌12
懐かしいその歌に11
僕はそっと微笑んだ11

登下校歩く男女(ふたり)12
寄り添う制服を見て12
-あのころ、手を掴んでたら-11
なにか変わっていたのかな12

B
光り輝く夜の星12
あの日一緒に見た空11
今、私一人で見てる12

(間奏的な)

C
キミと笑い、過ごした10
あの頃に帰りたい10
ふざけてばかりだった11
あの頃に帰りたい10
帰りたい帰りたい帰りたい
そればかり引きずっているね…

それでもいい…

S
帰りたい 帰りたいよ11
きみと過ごしたあの日々に12
どうして何も言わずに11
キミは遠くに行ったの?11
帰りたい 帰りたいよ11
すべて輝いたあの日々に11
笑顔の君に会えるなら12
今すぐ帰りたいよ10

▲TOP