関連する動画

ねこぜ

【1番】
キミの手に残る1枚のカード
ボクの手元 笑っているJOKER
運命未定?
そんなイミテーション
すべては机上の空論

駆け引きのデッドオアアライブ
キミの手の中 転がってシンカー
犯行声明?
なんてセンセーション
所詮は電子線遊戯(でんしせんゆうぎ)

ブラインドの斜め下から
ジリリ、ジリリ 極み不愉快
痺れた指と視線と
飲み干したグラス 掲げキミは
孤独に空(クウ)を切った


正体不明 理想究明
時給で稼働のヨメ
マズいな、マズいな、理性は縺(もつ)れ
キミの指先から目が離せない

「楽園観」なんて
持ち合わせないよ
目が眩む
免疫 ゼロ ゼロ ゼロ ゼロ


キミは綺麗 それに 無礼 なのに憂いグレー
ずるい女性(ひと)さ
マイク越しのエコー響く
ボクは手の内を、晒すオーバーフロー

溢れ出す罪と罰の
前哨戦をさぁ始めようか
笑えJOKER
近づいてく終末?
まだ早い フライデー


【2番】
ボブ・ディランのレコード聴いて
ヒリリ、ヒリリ キミに深入り
比べた手と手 繋いで
満たされぬ月夜は ボクらのようで
空を舞った

一方通行 予測不可能
ワナ掛る 電字社会(デンジシャカイ)
マズいな、マルいな、視界はさんかく
キミの四六時中(タイムライン)から目が離せない

余りに迂闊で、滑稽
恋の擬態
思えばボクらは何一つ
約束もないまま
本音もいまじゃ靄(もや)の中で
行かないで
希望 ゼロ ゼロ ゼロ ゼロ


キミはずるい 故に 素敵 だけど常にグレー
愛しい女性(ひと)
上辺だけの愛を撫でて
ボクはすぐ喉を、鳴らす
キミはクイーン

差し出した手札2枚
運命の続き 始めようか
笑えJOKER
すべては机上の空論


ボクの左 キミは笑う 空舞うJOKER
遊戯続けようか
依存させる言葉たちが
ボクの体内を、這うオーバーフロー

溢れ出す罪と罰を
飲み干して も一度始めよう
キミのJOKER
通り過ぎた「決戦」
今夜は サタデーナイト

NIGHT CHILD/初音ミク
from ニコニコ動画

NIGHT CHILD

A
だけど眠れない
でも眠らなきゃ
機械仕掛け 時間は過ぎて行く
夜になれば
あなたに逢える
さ迷うヒツジの群れ 擬似フェイク

B
繋がりの無い「つながり」を餌に
つないできた一生分の「最後」繰り返し
ツグナイの朝に

A
だけど、足りなくて
喉を鳴らして
夜の街に巣食った狼の
涙なんて、
醜いだろう
誰にも愛されはしないだろう

B
実体のない偽りを重ね
被ってきた他人様の理想の私に
フミダイの愛に

S
「おかえり」のない
チープなパラダイスのテーブルに座ったら
今夜も顔の無い誰かさんと食事を共にして
大切なものは無いけれど鍵を掛けて出掛けるの
二度と戻らなくても振り返らない
踵を踏んづけて
NIGHT CHILD


A
私行かなくちゃ
もう帰らなきゃ
お伽噺 パターンをなぞってく
いつになれば
ひとつになれる?
移ろう囮に飢え 生きていく

B
実装もない「U/I」のオバケ
探していた たった一人の「愛」、苦くて痛い
キエナイの痣が

C
暗闇に光るその眼が
言葉のない 二人を結ぶ
唯一で最後の誓いというのなら

可哀想な 私は赤を
纏って 儚く綺麗な終わり方、
お迎えに行きましょう


LS
さよならのない
HOPEはダイアログのマーブルに砕いたよ
今夜も顔の無い誰かさんと食事を共にして
大切なものは無いけれど鍵を掛けて出掛けるの
二度と戻らなくても振り返らない
踵を踏んづけて
NIGHT CHILD

夜の街に呑み込まれて
もう眠らなきゃ

NIGHT CHILD

いつかあの光に呑み込まれて
消えてゆく 感情

サクセッション

A
あたし昨日フラれました。
予告もなしにフラれました。
旅行の計画も立ててたのに
新しい水着も買ったのに

あたし昨日フラれました。
ワケわかんないし腑に落ちない
先週好きだって言ってくれたよね?
新しい誰かがもういるの?

S
サクセッション
あたしの代わりに爪を立てて
夕暮れ時に夢を見せる
タバコの匂いが消えないの

サクセッション
あなたの代わりは星の数で
人類の半分 夢があるわ
今夜からあたし、今夜からは
甘いモノだって食べちゃうの


A
あたし昨日フラれました。
今更になって、苛立ちます。
旅行の計画も立ててたのに!
新しい水着も買ったのに!

横顔に惹かれました。
すこし長い前髪とか
今思えば何となく・・・そうだ
雰囲気で恋をしてました。

S'
サクセッション
あたしをこんなに放っとくなんて
あなたはホントにバカなひとよ
タバコの匂いが消えないの
あああ、ホント嫌んなる
あたしもバカだわ。

B
2人のカフェにも
そのコと行くのかな。
あたしにしたように
髪を撫でるのかな。
この夏の海へ
行ってしまうのかな。
あたしの知らない
顔をするのかな。

S
サクセッション
あたしの代わりに頬を染めて
朝が来る前に目を覚ます
あなたの温もり探すように

サクセッション
あなたの代わりは星の数で
人類の半分 夢があるわ
今夜からあたし、今夜からは
あなたでいっぱいになんてならない

回送リライアンス

A
こわいのは、囚われの身になって
栫(かこい)に朽ちてくことじゃなくて

だれも私の行方を知らぬまま
荒野に放たれる自由の代償

にがいのは、生きてくためにあって
吐き出すものがあるならいいよね

瞬きひとつで恋が醒めるように
あまい蜜にもすぐに慣れるわ


B
好きでも嫌いでも ない私
選べる権利なんてないと思ったの
セルフロイド

S
あなたが好きだっていうから
今日も制服で街を徘徊(ある)く

幸せ、おぼれそうって顔で
私、舌を出して にがい嘘を吐(つ)いた


A
絵空事、ひとつずつならべて
右から順に塗りつぶしてく

音のない涙 溢(こぼ)れて濡らした
ごめんね、オトナにならなくっちゃ

溜息は、歾(し)なないためにあって
呑み込めない感情(きもち)が詰まるの

瞬く星に願い込めるように
それでも愛を探すのでしょう

C
ジブンとは
希望とは
何処にあるのでしょうか?
結局 、
だれかの瞳(め)を通してでしか
「私」は存(い)られないの?

それでも今夜も探すのでしょう

D
リライアンス
閉じ込めてよ
しっかり鎖(つな)いでいて
あなたにしか見えないの
私、カゲロウ

セルフィッシュ
切り売りして
何度も確かめたわ
ここに、いるのに、いないの

B
検視台 横たわる私
覗き込まれて 凍えた夢をみてる
明日(あす)のジェーン・ドウ

S
だれかが求める私に
なるために 必死に笑ってるの

なんにも、分かんないって顔で
私 指絡めて 白い息を吐(は)いた


A
いたいのは、刺さったナイフじゃない
誰にも届かないSOS

だれも私に見向きもしないから
道端に転がり澄んだ da・da・da・da・・・天を仰ぐ


S
あなたが好きだっていうから
今日も制服で街を徘徊(ある)く

幸せ、おぼれそうって顔で
私、舌を出して にがい嘘を吐(つ)いた

そうして今夜も
愛 探すの

バッドクロニクル

A
難解な君の言葉に雨を
降らせて
泥濘み混ざるルービック
カラフルなんて

満開の戯言の花を
咲かせて
ラジオからただ漏れるミュージック

B
心臓ひと突きで
浮腫んでく脳細胞
まだ良い方
暗澹と解放の奴隷さ

進化の途中で失速の
アンモナイト、リアリズム
「困難は明日への扉」?

S
シトラス踏んで
さよならは秒で
生はエフェメラル
無駄遣いして

水溜まり踏んで
その掌 汚した愛で
死のうとした ナルティシズム

S
この地球上じゃ
害悪ノ獣ネ。
贅はリミテーション
星を喰らって

詰まりは、何で、ねぇ、
生まれたんだろう、って
煮詰めすぎたジャム
バッドクロニクル



A
一体全体 解き明かして
どうする?
宛先も不明の安易なリリック
とりあえず呑んで

十階の屋上の柵を
上った
ネオンライト零れる 点滅

B
小説家の気取りで
弛んでく琴線に
並べた音
羨望と哀悼のドレミファ

半端なissueで窒息の
パラサイト、エゴイズム
勝者のない明日の光

S
思考を組んで
弾き出す「NO」で
所詮 エフェメラル
何を望んで

満たされず汲んで
溺れそうな 汚れた他意で
消そうとした バイオリズム

S
この歴史上は
従属ノ概念
愛はイミテーション
業を喰らって

心は、僕等は
何処へ行くんだろう、って
噛み続けたガム
バッドクロニクル


C
今際の際に
抗ってたいな
脆弱リバティ
掴んでたいな


S
シトラス踏んで
さよならは秒で
生はエフェメラル
無駄遣いして

水溜まり踏んで
その掌 汚した愛で
死のうとした ナルティシズム

LS
この地球上じゃ
害悪ノ獣ネ。
贅はリミテーション
星を喰らって

詰まりは、何で、ねぇ、
生まれたんだろう、って
煮詰めすぎたジャム
バッドクロニクル

バッドクロニクル

A
難解な君の言葉に雨を
降らせて
泥濘み混ざるルービック
カラフルなんて

満開の戯言の花を
咲かせて
ラジオからただ漏れるミュージック

B
心臓ひと突きで
浮腫んでく脳細胞
まだ良い方
暗澹と解放の奴隷さ

進化の途中で失速の
アンモナイト、リアリズム
「困難は明日への扉」?

S
シトラス踏んで
さよならは秒で
生はエフェメラル
無駄遣いして

水溜まり踏んで
その掌 汚した愛で
死のうとした ナルティシズム

S
この地球上じゃ
害悪ノ獣ネ。
贅はリミテーション
星を喰らって

詰まりは、何で、ねぇ、
生まれたんだろう、って
煮詰めすぎたジャム
バッドクロニクル



A
一体全体 解き明かして
どうする?
宛先も不明の安易なリリック
とりあえず呑んで

十階の屋上の柵を
上った
ネオンライト零れる 点滅

B
小説家の気取りで
弛んでく琴線に
並べた音
羨望と哀悼のドレミファ

半端なissueで窒息の
パラサイト、エゴイズム
勝者のない明日の光

S
思考を組んで
弾き出す「NO」で
所詮 エフェメラル
何を望んで

満たされず汲んで
溺れそうな 汚れた他意で
消そうとした バイオリズム

S
この歴史上は
従属ノ概念
愛はイミテーション
業を喰らって

心は、僕等は
何処へ行くんだろう、って
噛み続けたガム
バッドクロニクル


C
今際の際に
抗ってたいな
脆弱リバティ
掴んでたいな


S
シトラス踏んで
さよならは秒で
生はエフェメラル
無駄遣いして

水溜まり踏んで
その掌 汚した愛で
死のうとした ナルティシズム

LS
この地球上じゃ
害悪ノ獣ネ。
贅はリミテーション
星を喰らって

詰まりは、何で、ねぇ、
生まれたんだろう、って
煮詰めすぎたジャム
バッドクロニクル

POP U!!

S
まわれ POP U!
SONG 4 U!
心持て余す
世界線
舞い降りた碧い天使

なぁボクを ROCK Me!
SING 4 Me!
かなしいときには、
かなしいって。
待って、止まんない
心が止まんない!!


A
立ち止まって いま自分の位置
探そう、探そうとしても
ダメだって判を押されたボク
首輪の列で明日を待つ

B
ふりだしには、戻れない
サイコロ転がし
Carry On Going!
ほら、水たまりにうつる
キミなんて言ってる?

S
響け SHOUT IT!
もっとLOUDER!
心絞るような
ナナイロの
声をきかせておくれ

さぁボクと ROCK OUT!
SING 4 US!
くやしい夜は
眠れないよ
タマシイよ、ふるえろ
メロディが止まんない!!


A
笑われたって自分のこと
心底、愛してやんだ。

B
運命は、シロかクロ?
シンクロしたいよ
Why Not Shining?
ほら、キミの瞳うつる
青空見えるかい?

S
まわれ POP U!
SONG 4 U!
心持て余す
世界線
舞い降りた碧い天使

なぁボクを ROCK Me!
SING 4 Me!
だいすきなものは
すきだって。
ちょっと、止まんない
心が止まんない!!


B
ふりだしには、戻らない
サイコロ転がし
Carry On Going!

運命は、シロかクロ?
シンクロしようよ
Why Not Shining?
ほら、あの空に光った
星をつかむんだ

S
ボクは FIND U!
もっとCLOSER!
世界にひとつの
心の音
つなげる言葉を知った

なぁボクと ROCK OUT!
SING 4 US!
どうしようもなく
あふれだす
タマシイ叫びさます
メロディが止まんない!!

C
順番待ちの人生には
主人公はいない
探してた、ボクだけの
未来物語
さぁ、Carry On Now!

LS
まわれ POP U!
SONG 4 U!
心持て余す
あふれだす
ちょっと、止まんない
誰も止めらんない!!

星の降る丘/初音ミク
from ニコニコ動画

星の降る丘

A
締め付けられた心には
祈りの言葉も遠くて
たったひとつの星屑さえも
掴めない

空に輝くものすべて
霞(かす)む眼に憎らしい
誰ひとり救えないと
地上に這う蜥蜴(トカゲ)は云(い)う

B
落ちてゆくのは
キミの命
眩しいほどに
燃え ながら燃(も)ゆ
海の底 二度と逢えないの?

S
嗄(か)らした願いは
ただ、走り出した
楔(くさび)に躓(つまず)き
時の調べに胸を打つ

のばした掌
抱きしめたはずの
命が溢(こぼ)れ満たした
記憶のざわめき

キミに代わるものなど・・・


A
問い続けた 神様には
並ぶ星は冥(くら)く
何ひとつ見えないまま
流れ散って知るのだろう

B
溺れゆくのは
愛の標(しるし)?
狂おしいほど
溶けてなお燃ゆ
海の底 時は戻らない

S
尽き果てる朝に
気づいてしまった
どうして手放し
その願いに耳塞いだ?

傷ついたキミを
抱きしめたはずが
腕の中には私ひとりが泣いてた

キミのいない日々など・・・


C
傍にいればただ、
キミは「強きひと」なんでしょう
どんな暗闇もその光は消せない、けれど

海に沈む星屑が
ふたりの時を映し出して
キミを見れずに
希望に縋(すが)り
残された痛みに
逃げ出す


LS
嗄(か)らした願いは
ただ、走り出した
楔(くさび)に躓(つまず)き
時の調べに胸を打つ

のばした掌
抱きしめたはずの
命の叫びに醒めた
記憶のざわめき

キミに代わるものなど・・・

迷宮階段

A 00:20~
迷宮階段 紅い絨毯
今宵あなたを招待しよう

B 00:32~
洒落たドレスだね 手をどうぞ
華麗な夜会のはじまりさ
僕とワルツを踊りましょう
さぁ灯を点せ

S 00:55~
One Two Three、
One-Twoステップ かつて此処は緋(ひ)の館
トントントン トントン上れど下れど
されどだぁれもいない

One Two Three、
One-Twoクラップ 響き渡るノスタルジック
ノンノンノン ノウモア カルマ
上へ参ります~


A 1:30~
泣かないでハニー 根無しのジゴロ
次から次へ 恋泥棒さ

B 1:42~
気楽な稼業と赤ワイン
あの晩あなたに逢うまでは
僕とワルツを踊りましょう
高嶺の華よ

S 2:05~
One Two Three、
One-Two終わらぬ 刻(とき)を願ってしまった
トントントン 12時の鐘 あなたを追いかけていた

One Two Three、
One-Two BANG! 響き渡る銃声こだまする
アイドンノウ 気づけばカルマ
永遠(とわ)に巡ります

C 2:40~
ほんの云十年前の恋
心 焦がしてあなたを待った

柳も揺れる丑三つの宵
迷宮階段へ さぁおいで


S 3:00~
One Two Three、
One-Twoステップ かつて此処は緋の館
トントントン トントン上れど下れど
されどだぁれもいない

One Two Three、
One-Twoクラップ 響き渡るノスタルジック
ノンノンノン ノウモア カルマ
上へ参ります~

サクラ降る降る夜

S
サクラ降る降る 今夜は通り雨
あなたの足元を染めてゆく

サクラ降る降る もう一度今日の日を
私の手のひらに掴まえて

ああ 繰り返した毎日は
夢から醒めたらもう、いないの

A
午前中で終わった
呆気ないサヨナラ
精々足掻けと
言いたげだね

放り出したカバンは
意味もない証明
制服脱いだら
誰になるの?

B
自由が欲しいと呟く日常
不平不満は募る
だけど、
レッテル無しでは街も歩けない
結局、自分の影と戦ってたんだよ

S
サクラ降る降る 今夜は通り雨
あなたの足元を染めてゆく

サクラ降る降る 届かない明日の日に
私は何者でいるのでしょう

ああ 名前もない毎日に
あなたの背中はもう、いないの


A
明るく染めた髪も
この街じゃ紛れて
分かんない立ち位置
肩押されて

放り出されたココは
柵のない戦場
武器も持たされず
どう生きるの?

B
理由が欲しいと嘆いた大人が
中央線を止める
刹那、
ホームに並んでスマホ眺めてる
溜息、どこのどなたも他人事なんだよ

S
サクラ降る降る 今夜は通り雨
ああ 傘もささずに歩いてく

サクラ降る降る 舞い散る思い出たちは
このまま手のひらに閉じ込めて

ああ 繰り返しの毎日が
私の背中をそう、押したの

S
サクラ降る降る 今夜は通り雨
私の足元を染めてゆく

サクラ降る降る もう一度今日の日を
あなたの手のひらに掴まえて

ああ 繰り返した毎日は
夢から醒めたらもう、いないの

▲TOP