mak.kanz@waさん

●クレジット表記については、全文字 半 角 の 「mak.kanz@wa」 でお願いします●

関連する動画

DANCE DANCE

今宵はお誂え向き 満月が白く誘(いざな)う
容赦ならもうしないわ はめをはずしましょ

大げさにため息つく
肩肘はって物憂げな
ウブな少女装うの そうよおてのもの

首筋香る 赤い狼 のどを鳴らして待ってるわ

棘を落とした 可憐な野バラ 見せかけの罠気付くかしら
気恥ずかしげに 微笑んでも
ほら この指先は手慣れている

※yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance
yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance

Keep on dance

胸元は光るジュエリー 
片耳少し色付けて
深淵の向こう覗きに 足音を消して

甘く艶めく 赤い狼 このたてがみ触れてみてよ

伏し目の似合う 揺れる目尻で 躊躇うふりで着いていくわ
強引な声で 引き寄せてね
ほら その唇をときめかせて

※繰り返し

呼吸乱して 腰を絡め
感じて確かめる
砕けてとろけても
心だけは飼い馴らされないわ

yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance
×2
yes
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance
×2
Keep on dance

Keep on dance

Round sky

満点の星空の下 点と点を繋いでく
時を越えて繋がっていく 星座を見る
小さく跳ねた子ウサギ 双子の子とオリオン
狩りをする猟犬達を見送って

切り取った星空を ひたすら見送って
物語を紡いでた

回った星たちを 数えて時間も忘れるくらい
ずっと夢を見ては 星の数を数えた
巡った星たちは なぜだか鮮やかに煌めいて
ちょっと背伸びをして 変わり続ける空を見上げている


曇天の日々を過ごす 視界は曇っていた
時がたっていくほどに ありふれてく
もう飛べない鳩の羽 流れる川にペルセウス
金の毛の牡羊達はもういない

切り取った星空は どこかにしまったまま
物語はもう止まってる

回った星たちを 数える時間も忘れるくらい
ずっと走り続けて 星の数を忘れた
巡った星たちは なぜだか薄く消えていくから
ちょっとため息して 変わり続ける空を遠ざけた


覗きこんだ望遠鏡の中
星は前よりくすんで見えていて
あの頃見えてたはずの星空は
どこに消えてしまったの

ずっと星たちは 同じ場所で僕らを照らしてる
はずなのに 変わってないのに


回った星たちを 見上げて僕は立ち止まってた
ずっと背伸びをして 上を向いていたんだ
巡った足跡を 覗いて見えてきた星空で
そっと星をなぞり あの頃に戻ってみる
回った星たちを 見上げた僕は何を思おう
ちょっと近づいても 変わらることない空を見上げよう

移り気レボリューション

そぼ降る雨の街角に 三々五々の人の群れ
今週もまた 歩道を埋めてゆく
「いのちを守れ」口々に 叫ぶヤツらのその目には
今そこにある 生命(いのち)の危機は映らない

所詮キミらが 守りたいのは
土壌次第で色を変えてく ちっちゃな自尊心でしょ

 Bye-bye, baby 移り気レボリューション
 吹く風に揺られるまま スローガンも日替わりメニュー
 So what, baby? わがままアジテーション
 ダシにしたこどもたちに 見せる背中はどこにある

動き始めたプラントに 謗りの声を投げつけて
我が身のために 大義を振りかざす
「くらしを守れ」声高に 叫ぶヤツらはいつだって
あの日壊れた 他人(ひと)の生活(くらし)にゃ無関心

所詮キミらの 営む日々は
自分のために 誰かの肩に リスク背負わすことでしょ

 Bye-bye, No more 移り気レボリューション
 冷静な事実よりも デマのドレスで武装して
 Fxxkin' baby 正義感もファッション
 味方でも気に入らなきゃ 敵と決めつけ切り捨てる


同じ大地を 穢れだと呼ぶ
汚い舌で革命だとか とんだお笑いぐさでしょ

 Bye-bye, baby 移り気レボリューション
 肩を組み叫ぶだけで 戦士きどりのエクスタシー

 Bye-bye, No more お手軽レボリューション
 考えることもやめて 気づいたふりをしてるだけ
 Fxxkin' baby わがままアジテーション
 ぜんぶウソなんて歌の どこに真実があるんだろう
 

Minerva's Owl (ver.2012)

 夜と朝のすき間を ためらわずまっすぐに
 白い羽を広げて ミネルバの使いは飛ぶよ

Complication 世の中ってもっと シンプルと思ってた
だけど何かを知ろうとするたび 余計なものが増えてゆく
Frustration 片付けてばかりで 何も進まないまま
視界の隅に積もった埃で 未来(あす)は見えなくなってゆく

Ah 目に映るこの世界にも きっと真実があるはずだと
Ah 信じてたあの日の僕は 今どこで何をしているの

 誰かのためのはずの 優しさや愛情に
 見返りを求めてる そんな自分に気づいた
 よこしまなこの瞳 焼いて沈む夕陽は
 何かを教えるように 胸の底を照らしていて

Communication 求めてあてもなく 指先を伸ばしてた
だけど誰かに触れようとするたび 不安が胸をかきむしる
Classification 必要とされたい 頼られてみたいけど
棄てられること 恐れていつでも 誰かの声を聞き逃す

Ah 目を閉じて祈る夜空に 歌声はまた空しく消えて
Ah 今日もまた僕の背中に 無邪気な嘲笑(ナイフ)が突き刺さる

 すべて解ったふりで あきらめて過ごすなら
 誰も傷つかないの? そんな理屈はいらない
 足元さえ見えない 夜の闇に向かって
 飛んで行ける翼が この背中にあったなら

I don't know 何が正しいのか
I can't fly 僕は知らないけど
I wanna go いつかきっと この世の果てにある答えを見つけだすよ


 この空の向こうへと いつか飛んでみせるよ
 誰かの叫ぶ声が この胸をかきむしっても
 希望をかき消すように 吹き荒れる風さえも
 越えて行ける翼を この背中につかみとるよ

 蒼と朱(あか)のすき間に 浮かぶ月を目がけて
 白い羽を広げる ミネルバの使いのように
 

木枯らしが吹く前に

去年よりも 少し高く感じる空
見上げ ひとり歩いてる
立てたコートの襟 巻いて走る風が
冬の扉を叩く

つないだ手のぬくもりに 甘えていただけの私は
あなたの夢 気づかずにいた

 木枯らしが吹く街に 背を向け旅立ったあなた
 振り返ることのない まっすぐな後ろ姿
 ひらり 振った右手で 描いたサヨナラのかたちは
 新しい始まりを 私に教えてくれた

 あなたがどこかの街で 見ている空が
 私の空と 同じでありますように

去年よりも 少し広くなった舗道
ふとうつむき 立ち止まる
ブーツにじゃれついて 揺れる銀杏の葉が
秋の終わりを告げる

つないだ手のぬくもりは 時間(とき)とともに薄らぐけれど
あなたはまだ 憶えてますか

 木枯らしの日はいつも あなたのことを思い出す
 長い影を並べて ゆっくり歩いてくれた
 ゆずることのできない何かを 探し続けてた
 あの優しい瞳が 今はただ懐かしいの

 あなたは今 どんな道 歩いてますか
 私は三叉路の上 佇んでます


 すれ違ったわけじゃなく お互いの未来へ向かい
 歩いてるだけだから 悲しいことなどないよ
 それでもひとりきりの夜は 少し寂しいから
 木枯らしが吹く前に また逢いたいと願うの

 あなたがあなたのままで ありますように
 私は私のままで ここにいるから
 

Ace In The Hole
from ニコニコ動画

Ace In The Hole

まばたきするほんの一瞬で 目に見えるものは全て変わるのに
あなたはいつでも 色あせた壁を向いて
せわしなく右手動かしてばかり

代わり映えのしない毎日に あれこれ不満を並べてるくせに
そこから抜け出すブレイクスルーを
見つけようとさえせずに フテ寝してばかり

自分で探さなきゃ つかめるわけないでしょう
いつまでも寝てないで

 ねぇ いつになったら 現実(こっち)向いてくれるの
 その画面(ハコ)の中には 未来などありはしないのに

目まぐるしい世界の流れに
逆らうどころか 乗れもしないのに あなたは
「それは僕のせいじゃない 世の中が僕についてこないだけさ」
悪びれもせずに うそぶいてばかり

誰かがいつの日か 僕に気づくはずだとか
夢ばかり見てないで

 ねぇ いつになったら 本気見せてくれるの
 「まだ隠してるだけ」? そんな寝言欲しくないわ (Ah...)


そう 言い訳の時ばかり饒舌で
大事なことになると 口を閉ざす
きっとずっとこのまま 同じなのね
解ったわ もう黙って

 ねぇ 終わりにしましょ 何も変わらないなら
 ほら これがわたしの 最初で最後の切り札
 永遠なんてもの あなたにはあげないわ
 もう泣いてもダメよ 二度と元には戻らないから
 

Don't Tease Anymore...

「どうするつもり?」
柔らかく沈むベッドの隅で 戸惑うわたしを
「どうしようかな?」
イタズラな笑顔浮かべたままで 抱き寄せるあなた

Ah 明けない夜の向こう Ah あなたが見つめる
So 舐め回すなら その瞳じゃなくて
…わかるでしょ?

 もうダメ これ以上わたしを 置き去りになんかしないで
 ひとりはイヤ 寂しいのよ Don't tease anymore!!
 だからお願い 今すぐ 連れてってほしい あなたに
 甘く甘く とろけるような まだ見ぬ夢の中へと

「どうすればいい?」
こころの底まで脱がされたまま 漂うわたしを
「どうしてほしい?」
その冷たい手で 転がすように確かめるあなた

Ah 汗ばむ胸の奥に Ah 隠したヒミツを
So 這い回るような 指先で開いて
…言わせるの?

 もうダメ いいでしょ? わたしの核心(まんなか)に触ってほしい
 ほったらかしなんてイヤよ Don't tease anymore!!
 ねぇ お願い ふたりで扉を開けてみたいのよ
 隠している あなたの鍵を今 わたしにちょうだい


 もうダメ これ以上わたしに そんなイジワルをしないで
 このままじゃ壊れちゃうから Don't tease anymore!!
 ねぇ お願い このまま ふたりで一緒に行ってみたい
 アタマの奥が白くはじける 新しい世界へ
 あなたとふたり どこまででも Ah...
 

Don't Tease Anymore...

「どうするつもり?」
柔らかく沈むベッドの隅で 戸惑うわたしを
「どうしようかな?」
イタズラな笑顔浮かべたままで 抱き寄せるあなた

Ah 明けない夜の向こう Ah あなたが見つめる
So 舐め回すなら その瞳じゃなくて
…わかるでしょ?

 もうダメ これ以上わたしを 置き去りになんかしないで
 ひとりはイヤ 寂しいのよ Don't tease anymore!!
 だからお願い 今すぐ 連れてってほしい あなたに
 甘く甘く とろけるような まだ見ぬ夢の中へと

「どうすればいい?」
こころの底まで脱がされたまま 漂うわたしを
「どうしてほしい?」
その冷たい手で 転がすように確かめるあなた

Ah 汗ばむ胸の奥に Ah 隠したヒミツを
So 這い回るような 指先で開いて
…言わせるの?

 もうダメ いいでしょ? わたしの核心(まんなか)に触ってほしい
 ほったらかしなんてイヤよ Don't tease anymore!!
 ねぇ お願い ふたりで扉を開けてみたいのよ
 隠している あなたの鍵を今 わたしにちょうだい


 もうダメ これ以上わたしに そんなイジワルをしないで
 このままじゃ壊れちゃうから Don't tease anymore!!
 ねぇ お願い このまま ふたりで一緒に行ってみたい
 アタマの奥が白くはじける 新しい世界へ
 あなたとふたり どこまででも Ah...
 

Don't Tease Anymore...

「どうするつもり?」
柔らかく沈むベッドの隅で 戸惑うわたしを
「どうしようかな?」
イタズラな笑顔浮かべたままで 抱き寄せるあなた

Ah 明けない夜の向こう Ah あなたが見つめる
So 舐め回すなら その瞳じゃなくて
…わかるでしょ?

 もうダメ これ以上わたしを 置き去りになんかしないで
 ひとりはイヤ 寂しいのよ Don't tease anymore!!
 だからお願い 今すぐ 連れてってほしい あなたに
 甘く甘く とろけるような まだ見ぬ夢の中へと

「どうすればいい?」
こころの底まで脱がされたまま 漂うわたしを
「どうしてほしい?」
その冷たい手で 転がすように確かめるあなた

Ah 汗ばむ胸の奥に Ah 隠したヒミツを
So 這い回るような 指先で開いて
…言わせるの?

 もうダメ いいでしょ? わたしの核心(まんなか)に触ってほしい
 ほったらかしなんてイヤよ Don't tease anymore!!
 ねぇ お願い ふたりで扉を開けてみたいのよ
 隠している あなたの鍵を今 わたしにちょうだい


 もうダメ これ以上わたしに そんなイジワルをしないで
 このままじゃ壊れちゃうから Don't tease anymore!!
 ねぇ お願い このまま ふたりで一緒に行ってみたい
 アタマの奥が白くはじける 新しい世界へ
 あなたとふたり どこまででも Ah...
 

漂流リリシスト

 ありのままのコトバ 誰のためでもなく
 紡いでいられたら それだけでいいのに

あんな人 こんな人 明るい未来を
叫ぶけれど すべては遠い世界の話で
あれこれと打ち込んだ 名前なき詞(うた)は
値札つけるほど 上等なものじゃないから

1回2回 食事に行けば
なくなるような 小銭のために
たやすく我が身 売り渡すような
オトナになんてなれない

 面倒なものたちが この背中を押すよ
 そんな場所(ところ) 別に行きたくもないのに

あんな人 こんな人 にこやかな顔で
机の上 オイシイ話 並べ立てるけど
あちこちにサインして ハンコを押したら
コトバはこの手をこぼれ落ち 消えてしまった

見返りさえもない世の中は
不健全だと 人は言うけど
正しいことのために何かを
手放すなんて できない

 面倒なものたちが この口を塞ぐよ
 時流(ながれ)に棹させば 置いていかれるだけ
 Ah 胸の中に 眠っているコトバ
 かたちにできるなら それだけでいいのに


喝采の中 積もるコインが
たとえ綺麗なものだとしても
棄てた自由の代償ならば
そんなものなど いらない

 面倒なものたちが このこころ縛るよ
 実入りなき叫びを 誰が悪と呼ぶの?
 Ah 飾りのないコトバ 旋律(おと)にのせて
 歌っていられたら それだけでいいのに
 

硝子の花

灯りの消えた部屋 口の欠けた一輪挿し
しおれかけた朱い花は 窓の外見てる
床の上ひとひら 乾いて落ちた花びらは
何も言わず わたしのこと見つめてる

誕生日が来るたび 花束をくれたあなたはもう
この部屋には来ない わかってる
それでも忘れられず 花を飾り続けるわたしは
いつしかこの部屋で 枯れてゆく

 あなたのために咲いていたいと 胸に描いてた想いは
 空の底 吸い込まれたまま
 何もかももうどうでもいいと 泣くわたしは硝子の花
 呼ぶ声も消え失せて

東向きの窓辺 開くことのないカーテン
ひとりきりの朱い花は 陽射しを夢見てる
風も吹かないのに かすかにその身を震わせ
白い蝶がとまる時を 待っている

手折られた傷口の 痛みを抱えて咲く生命(いのち)が
弱いこころの奥 突き刺さる
こぼれた記憶をただ かき集めてるだけのわたしは
やがて崩れ落ちて 消えてゆく

 あなたの色が褪せてゆくのを 何もできずに見つめてる
 逃げ出してしまいたいくせに
 止まったままの時間の中で 冷たく咲く硝子の花
 かなわない夢を見て


閉じた世界の中で ひとり朽ちるのも悪くないと
誰にも見え透いた嘘をつく
ほんとはひとりじゃダメ あなたが隣にいないとダメ
泣き叫ぶわたしは 涸れてゆく

 あなたのことも思い出せなくなる日が いつか来るのなら
 未来など 望みたくはない
 空っぽのまま風に吹かれる わたしという硝子の花
 砕け散る日を願え
 

エレーナになれなくて

銀色の舞台の上で ひそやかに踊る
彼女はとても儚げな 人形のようで
とても遠いその場所から 深く澄んだ瞳(め)で
まだ幼かったわたしを そっと手招いた

彼女が見上げてる 視線の先の風景を
同じ場所に立って 眺めてみたいと思ったの

 彼女みたいになりたいと 心の底から願って
 遠くの空に向かい この手を伸ばした

白い息の向こう側に 見た夢のありか
知らないことばが溢れる 真冬の街角

じっと見つめていた 冷たい川のその底に
夢の扉開ける 鍵があると信じていたの

 この手にそっと抱きしめる たったひとつの未来図(パズル)には
 ひとりじゃ埋められない ピースがあるから
 彼女みたいになりたくて 引きかえにしたものもある
 そのすべてを守って わたしは踊るの

生まれ育った街も たくさんの友達も
遠く離れたけれど 後悔なんてしない


扉開ける鍵は 突然目の前で消えて
そして残ったのは かすかなこころの痛みだけ

 この手を静かにすり抜け ほんの少しだけ彼方へ
 離れていった夢が 手を振って笑う
 彼女になれなかった夜 見上げた空に降る星は
 ひとつの旅の終わり そっと照らしてる

 まだ終わらない夢を そっと見上げてる
 

▲TOP