関連する動画

☆【採用】 人として

 【応募用】 人として


ここから歩き出す
できれば人として
愛などわからない
それでも願ってる

心痛み 巡る悲しみ
僕は決して忘れはしない

壊れた世界に零れた涙を
掬う彼女のように
優しく気高く生きられたのなら
愛がわかるだろうか

僕は歩いてる 今も変わらずに
何一つ わからない
誰かの痛みも その重さだって
受け止めきれないままで


ここで立ち止まれば
僕はもう自由だ
そんな僕を僕は
たぶん許せないな

他人の痛み そして願いを
僕らいつもわかり合えない

歪んだ世界に溢れた雫を
嘆く彼女のように
優しく気高く生きられたとして
何が変わるだろうか

疑う心が黒く膨らんで
冷たい雨を降らす
それでも彼女の最期の望みを
僕らは背負っているの


雨が降り注ぎ生命が芽生えて
いつか実を結ぶなら
僕は歩き出す 痛みを抱えて
今も見えない道を

愛もわからずに 明日もわからずに
何を疑うのだろう
人は歩き出す 道を知るために
いつでも怖れたままで


ここから歩き出す
できれば人として
愛などわからない
それでも願ってる


------------------------------------


 【応募用】 ひととして



ここからあるきだす
できればひととして
あいなどわからない
それでもねがってる

こころいたみ めぐるかなしみ
ぼくはけしてわすれはしない

こわれたせかいにこぼれたなみだを
すくうかのじょのように
やさしくけだかくいきられたのなら
あいがわかるだろうか

ぼくはあるいてる いまもかわらずに
なにひとつ わからない
だれかのいたみも そのおもさだって
うけとめきれないままで


ここでたちどまれば
ぼくはもうじゆうだ
そんなぼくをぼくは
たぶんゆるせないな

ひとのいたみ そしてねがいを
ぼくらいつもわかりあえない

ゆがんだせかいにあふれたしずくを
なげくかのじょのように
やさしくけだかくいきられたとして
なにがかわるだろうか

うたがうこころがくろくふくらんで
つめたいあめをふらす
それでもかのじょのさいごののぞみを
ぼくらはせおっているの


あめがふりそそぎいのちがめばえて
いつかみをむすぶなら
ぼくはあるきだす いたみをかかえて
いまもみえないみちを

あいもわからずに あすもわからずに
なにをうたがうのだろ
ひとはあるきだす みちをしるために
いつでもおそれたままで


ここからあるきだす
できればひととして
あいなどわからない
それでもねがってる

▲TOP