関連する動画

STARDUST PARTY / 鏡音リン
from ニコニコ動画

【♪】STARDUST PARTY

今日の気分は上々 徐々にボルテージ上昇
このリズムは衝動 揺れるフロアで So dance with me
You wanna dance with me?
明日(あす)を忘れたいだけ

眠れないならおいでよ LonelyなNightから逃げてよ
ここでBounce with me
You wanna bounce with me?
All night long 明けない夜を願うみたいに

僕ら漂う 塵(ちり)みたいなもん
身を寄せ合うくらいは いいでしょ?

今夜だけは 世界から隠れてParty Time
星を抱いても 星座にはなれない僕らだから
ただ 刻みつけて せめてここで鳴らした鼓動を
その体に その心に その肌に


近づく距離 Heating up
熱い吐息でささやいて Dance with you
So let me dance with you
キミの奥の方まで

満たせないならおいでよ 理性のLine飛び越えてよ
そしてBounce with you
So let me bounce with you
Something love ためらわず手を伸ばして

行き場のない 塵みたいでも
漂う場所 選んでもいいでしょ?

今夜だけは 夜を味方にしてParty Time
星を浴びたら 真似事みたいに輝くStardust
ほら 刻みつけて せめてここで芽生えた希望を
その瞳に その心に その胸に

どうか 月も墜(お)として
夜空に舞う 淡い 星屑を隠さないで
ちっぽけな僕たちは そんなことを願って 踊り続ける

今夜だけは 世界から隠れてParty Time
星を抱いても 星座にはなれない僕らだから
ただ 刻みつけて せめてここで鳴らした鼓動を
その体に その心に その肌に

今夜だけは 夜を味方にしてParty Time
星を浴びたら 真似事みたいに輝くStardust
ほら 刻みつけて せめてここで芽生えた希望を
その瞳に その心に その胸に

夜(よ)が明けて 朝が来ても 消えないで

LIONFISH【♪】

【A】レンパート
君に見つけたこの I love 気の迷いじゃ済ませらんない
今宵泳いでゆく like a LIONFISH
君の瞳映るaiが 煤けないよに着飾った
緩く抱いたirony

【B】レンパート
餌が撒かれて泡が立った 君に触れたら乱反射した
熱い飛沫が身体を舞った
かくして水槽(まち)は彩度を保つ

明かりまばら揺れて擦れて 暈けながら瞳を凝らし見る
そんな暮らしで恋は一等 光放つもんなのよ

【C】リンパート
好きになってみたはいいが 先が見えない
しょうがない
dayly lazyに潜る mazy love


【S】リンパート
二人はよるをゆくLIONFISH
swim swing feel seem 何思う
流されゆく孤独 グッバイトゥナイ ah ah

ゆらゆらゆら遊覧煽情 落ちて痛い
寂しい波 打ち上げて
LIONFISH

◇( 君に見つけたこの I love 気の迷いじゃ済ませらんない
  今宵泳いでゆく like a LIONFISH
  すれ違える恋にBye Bye 余裕な君 奪い去って 逆巻けるtouch on me
  君の嵐が過ぎ去った 僕の渚に群がった
  熱い鼓動 まるでlike a LIONFISH
  恋に恋したいよ one night 内側を見せてよ shy love
  二人きりLION FISH )


【D】レンパート・リンパート
君のeyeに I feel lightning
まるでlove sick 猛毒の熱量
夜もすがらうなされたって 君の波触れたい

海よりも深く Heart to Heartで感じてHow to love
飛び込む身体 抱いて


【S】リンパート
二人はよるをゆくLIONFISH
swim swing feel seem 何思う
流されゆく孤独 グッバイトゥナイ ah ah

ふわふわふわ不安 決して消えない期待
恋の波 閉じ込めて
LIONFISH                     ◇(レンパート同上)

キミグル / 鏡音リン
from ニコニコ動画

キミグル

月がゆらり 定まらない夜
おぼろげな頭で考えている
きっと私は 漂う闇夜の雲で
君という月の 光に誘われ
傍を通りすぎるだけの小心
あぁ今夜も綺麗に輝いて…

手を繋ぎたい 話したい 歩幅を合わせて歩きたい
近付いて 触れあって
あぁ 苦しく 世界がまわる

片想い グルグルする 好きと君が 右へ左へ
時を越え 距離を越えて 見知らぬ誰かな ふたりになれたら
片想い クラクラする 君の気持ちと この想いが
触れ合える日が来るなら こんな目眩さえ愛しいわ

笑顔爽やかに照らす朝は
君に見透かされそう
この視線 鼓動 赤く染まる顔 嫌になる

だけど 涙を流す理由も
ひどく 心が踊る理由も
全部君だから あぁ…

片想い ヘトヘトなの 好きになって 弱くなってく
君の声聴きたいのよ 私の知らない歌でもいいから
片想い フラフラなの 嘘もホントも 知りたくなる
欲しくなればなるほどに 叶わない心 苦しくて

好きだよ 好きだよ 届かない声が響く
ひとり抱えた 夜の部屋の中
その仕草で 言葉で 愛されてみたかった
サヨナラと小さく呟いた この恋心

片想い グルグルする 好きと君が 右へ左へ
時を越え 距離を越えて 見知らぬ誰かな ふたりになれたら
片想い クラクラする 君の気持ちと この想いが
触れ合える日が来るなら こんな目眩さえ愛しいわ

My Best Dreamtime

静かに灯る街灯に
いつかの仲間が浮かんで そっと消えてく
ひとりで歩く同じこの帰り道
過ぎ去る月日が少しだけ 悔しくて  

I remember the best days
ただ夢中で語り合った 夜明けが来るまで 時間も忘れたまま 
お気に入りのアルバムを流しながら 狭いアパートの部屋で

くだらなかったこと どうでもいいこととかも 今はすべて 
愛しくてたまらない So Good Dreamtime


擦り切れたノートに 書き連ねていた (Not too far to do over)
覚えたてのコードと 見よう見まねのフレーズで (Love and feel from heart and soul)
Hysteriaが大好きすぎて パクリのような曲になっていた (Tell me how to forget memoried melody)
それでも無我夢中で 弾きまくってたんだ 

Reminder あのメロディが Midnight 響いてくる度
まだ 胸の奥から こみ上げてくる熱い想い
Remember 大人になっても Stay Alive! 不意に甦るんだ
あの頃の見果てぬ夢が


古ぼけたラジオから 懐かしくほろ苦い曲が流れて震えた
仕舞い込んでたストラト 取り出してかき鳴らす
あのリフ まだ弾けるさ…


納得したフリ あきらめて終わったフリも 今は忘れて
旋律の中で眠りたい

Reminder あのメロディが Midnight 響いてくる度
まだ 胸の奥から こみ上げてくる熱い想い
Remember 大人になっても Stay Alive! 眩しいほど輝く
終わらないMy Best Dreamtime

Howling Animal

「働かざる動物、食うべからず」手引書
斜め読みの日常 逆恨みの激情
寄り道のElevator 特別と区別のBorder 
ダーウィンの進化論 or ダーリンの真理というJoker

管巻いてくだらない 負け犬の遠吠え
機械化された期待にも五分の魂 狂ってるだろ?


Unbreakable Umbrella そんな傘でも濡れた
こんな世の中 どんなものかな? 明日生まれるキミよ
Oh My KAMISAMA!って ちょっと邪魔 その程度
席がないのも 世知辛いのも 雨、無関心の雨のせいなの


通学路から 通貨の仕組みとか "カツアゲ"を担いでさ
奪い奪われるシステムエンジニアリングの手本となって
空回る空っ風 Yeah!


牙さえない動物 興味のない花丸
相対評価の波 壮大な嘘孕み
マグダラのあのマリア 枕元のあのマリファナ
聖書がどうたらこうたら 清書できない物語さ

吠え面の泣きっつら 見る相手もいない
孤独死とかふざけた甘えに慣らされて 本能はどこ? 


Unbreakable Umbrella 叶うなら吠えるかな?
こんな世の中 バカの真ん中 キミはどう思うの?
What the hell we are! まるでバーナー なんてザマ
燃やし尽くして 萌え尽きたなら 勘チ、チ、チ、チガイしてないでよね


Kick it back to the Animal!!
飛べない豚になるな 獣じゃなくなったら化物

考えて考えられなくて変われない
ただ月に吠えて…

考えて考えられなくて変われない
(We are the only one,think and howl animal)

【鏡音リン】Наши комбинат- ナ-シ・コンビナ-ト -

乱れ咲いた 花の香に酔う
 でも、見おろすのは 暗いconcrete jungle

際限なく拡がる 淀んだ
 この空気の中で 息づくのは…


硬質化されてく Body
 名彩色の 意識には
プラスチックの とてもとてもチープな
 packageが良く似合う

高速化されてく Speed
 極彩色の 悪夢には
ロマンチックで それはそれは綺麗な
 lightupが良く似合う


-the logos breaking now…grown into egoist

Наши комбинат
 Наши комбинат

[あどけない声で 謡わせてせめて
 わたしには 何もかも 悪意のように 見えているの]

[鋼のゆりかご かすかに細動
 動けなくなる前に 電圧だけかけて 欲しい]

「…イイ…。ヤダヨ」


だって、私もおんなじ。
 健気にも 祈ってみたけど
誰も彼も 見てくれないの
 まるでそう、ガラクタだわ

ちょっと 私に似ていて
 可哀想なアナタに少しの
同情して みたはいいけど
 気が変わったの

 偽 装 интерес

たったいま 呪いをかけて
 自らを 滅ぼすだけ
白昼夢に犯されゆく

仄白い膚に 濁った紅い雫を
 ひとつだけ 滲ませたら
ただ中枢壊されてゆく

霞んだ景色に 貼り付けられた風景
 皮肉にも 色鮮やか
重金属 溶かし込まれてく

謡うプラントが しきりに軋み続けて
 無知と無垢 量産する
白昼夢に犯されゆく

そんな真実… 
 Lalala・・・・Lalala・・・・


隠された意図に気づいた 今さらじゃもう手遅れ
 語られる意味不明のlanguage
歪んだ歴史の狭間で ふいに拾ったplayer再生して
 懐かしむの記憶にも無いDays

”ただいま”。戻ったつもり 確かめたこれが”日常”
 演じ切る”当たり前のlife”
痛みと目眩でときどき阻害されては
 疑いを忘れてゆく 劣化速度緩やかFinalize

たったいま 魔法を解けば
 苦しみが 待っているわ
皮肉にも 色鮮やかPhase

歪んだ歴史の狭間で ふいに拾ったplayer再生して
 学習した 正確過ぎるLies

【鏡音リン】Beast and beast

[Why?
Why are you decided to be so pessimistic
 when lost in thought miles away. ]

A
Hi,my sweetest…
気がふれるほど 愛してくれる?
 たったひとつを 追いつめてみた
Short strangeful night

B
甘ったるく pour honey on me
 囁いてよ そう、この耳に…
まだ 満足などしない
 イタズラに触れて カラダ痺れて

C
[Hey me,If you did not escape right now,]

荊の檻だわ…

[you will be addicted to him seriously]

A'
Highway to the Heaven
 加速の末に 真っ逆さまに堕ちた
Paradise lostって
 こういう事かな? 案外心地いい…

D
ねぇ、一緒に逝こうよ
 ただ 望むまま生きるの
センサーは最新鋭
 感度は極上 so good!


E
わたし達はperfect imitation
 アダムと・・・誰だっけ?
とりあえず脱いだら
 We become two wild beast without the tractableness
which blundered and were driven out of eden.

S
[It will go too bad, in while be wonderful.]

Wao!
 It's cool.
止まらない libido
 要らないわ reason
出来ない control


S"
Uh…
[Now, let's enjoy ourselves. Up to a bony core each other.]

足を掬われBlack out

muh
あっけなくthe end

シナリオを破り捨て
 創りだせNew one

[Why?
Why are you decided to be so pessimistic
 when lost in thought miles away?]


F
mmn…
致死性のfluだったり
Deadly poisonだったり
 曖昧 以上で以下。
Kissが お預けだったわ…
 
E'
純情な少女みたいね
 初恋のカンタータ
メロディを口遊む
We become two childs.Yeasts chipped at the decisive blow
 which thundered and were forgiven from heavens.


S
[It will go too bad, in while be wonderful.]

Wao!
 You're(a)fool!
味気ない Bushido
 魅力的 treason
ついでに rock'n'roll


S"
Uh…
[Now, let's enjoy ourselves. Up to a bony core each other.]

くぐり抜けるのStakeout?

muh
がっかりなthe end

ロザリオをちぎり捨て
 創りだせ(the)New one




B'
悪戯に触れて 芯まで痺れて
 その蜜溢れて 奥まで満たして

B"
企みがばれて 深みにハマって
 ただ罪に酔って 死ぬほど焦がれて
(くりかえし)

[Why?
Why are you decided to be so pessimistic
 when lost in thought miles away?]

[Now, let's enjoy ourselves. Up to a bony core each other.]

【鏡音リン】Survivor

汚い街角で止まる時間
 降り出した雨が目蓋をなぞっては滴る。
”冷たさ”通り越して”痛み”を知覚する肌
 意識を無視して震えている身体

足早に去った雑踏
 互いを踏みつけあう影は
皆重い荷を背負ってる
 その背中に

夢さえも見られないほど
 深い眠りにつきたくなるのは
そうだよ…あまりに苦しいからだ

晴れない霧がより濃さを増して
 限りなく白に近い闇が襲う夜の事
留まるばかりでは何も変えられないなら
 盗まれた時を取り返しに行こう

欠けた三日月の下
 伸びる私の影は
たった独りで小さな 
 黒猫を追った

まるでナイフのような
 鋭く残酷な未来が
待ち受けていても構わない
  
瞬きの間に本気出さなきゃ 
 きっと無意味だ。生きてる理由

忘れかけてた夢もあったと
 思い出せたならChance
手遅れになるLimitを止め
 崩れ落ちそうな明日を救え

いらないよ、もう
 ためらいなんて
せめて今すぐに炎を
 導火線に点けよう

オトナになるにつれて
 理解をし始めた真理
”人生、結局保障などない”ってことだった

いまやカウントダウンは始まってる
 逃すとヤバい
一つの狙いも外せないSurvivor 

”強がり”だとか”可愛げない”だとかは
 うるさいギャラリーの呟きだから
そっぽむいて見つめる
 ホントに目指すべき場所を
後ろ向いてるヒマはない


瞬きの間に本気出さなきゃ 
 きっと無意味だ。生きてる理由

壊れかけてた心直して
 あがけ、できるだけ強く
目の前のLies 隠されたTruth
 崩れ落ちそうな明日を救え

気がつけばもう
 ためらい捨てて
胸に燃え上がる炎を
 導火線に点けた

【コラボ用】 泡沫メルトレリック

純白のレースで飾り立てたいの?
人形遊びならお一人でどうぞ
誰かの色には染まりたくないの
理想通りのお姫様と結ばれたいなら
他を当たるのね

愛してる? 私だけを?
甘いお菓子(ことば)さえあれば
すぐに心開くような
子供じゃない それくらい
わかっていてよ

物語の中だけの
綺麗な夢には酔えないの

青い向日葵啄んで
散り落ちた花びら繋いで
水に描く恋なんて
泡のように消えてしまうだけ

ハッピーエンドは
私じゃない誰かと迎えてよ
だから今だけは愛してあげる
甘い棘のように毒のように
夢見てあげる

永遠の恋はいらない
他の誰よりも深く あなたの奥に
灼きつけたいの メルトレリック
そう、それだけでいいわ
さよなら、愛してる


翼をもぎ取り
空を見捨てた鳥のように翔ける
真夜中 剥がれ墜ちる
数多の星の綺羅の雨を連れて

あなたの知らない
眠りの底まで

それだけでいいと言わせてよ
泡沫(うたかた)の熱だから
夢のように醒めてゆくだけ

 紅い林檎口づけ
 銀の籠 閉じこめて
 碧い蜜に鍵を熔かして
 呑みほしてしまいましょう

 朽ちた枷に囚われ
 錆びた鎖 受け入れ
 風に融ける前に 何もかも
 眠らせてしまいましょう

すべて
忘れ去ってしまうまで
おやすみなさい

【鏡音リン】エレクトロスフィア

盗まれた過去に
据え付けた未来
支える回路は
ビバ・メタルポリス

メタモルフォーゼで
生まれだすイブは
一つも漏らさず
ユニ・セクシアリス

艶やかなドレス
彩るコードは
繋がるマザーと
サイバルネティクス

ファイバーグラスが
奏でるメロディ
剥げ落ちやしない
フォルムで装え

オートマタの歩く街なみ

飛び交う機体は
音も成さずゆく
光速を超えた
アエロナウティクス

早鐘のような
鼓動は脈打つ
終末の時よ
早く、ハヤク!

ブレイクデータが
破壊するすべて
異常をきたした
エレクトロパルス

始まるリアルは
かつての妄想
不実な女神が
微笑みなげ捨て

意味成さぬ歴史
イミテートは無視
飾れる罪さえ
ここでは現実

バーチャルリアルが
つかさどる舞台
行方をくらます
ホンモノの色が

塗りつぶされないうちに、さぁ!


(間奏)


盗まれた過去に
据え付けた未来
取り戻せるはず
ビバ・メタルポリス

メタモルフォーゼで
生まれでたイブを
一つも残さず
コールドスリープ

艶やかなドレス
彩るコードを
ちぎりとり走れ
恐れはいらない

ファイバーグラスと
電子のメロディ
焦げ付いた音を
拭い去れすぐに

飛び交う機体は
音も成さずゆく
不気味でしかない
アエロナウティクス

早鐘のような
鼓動は脈打つ
終末を避けよ!
エレクトロスフィア

ブレイクデータ
デリートしたら
救い出せるの
ホンモノの色を

差し伸べた手を
掴みとり飛ぶ
機械じゃないの
翼が生え出す


巻き戻されるフィルムには
映る、くずおれそうな未来

この声が届くなら気づいてよ
「キミノ ムクナ アヤマチ」

もしもまだ
間に合うというなら
僕が教えてあげるから

いまなら気づくはず
そうだろう?

過去はすでに跡形もないけど、
消えないよ…
ジャンクで組み立てる 
未来も悪くないさ

もう過去には帰れない、でも

▲TOP