関連する動画

【轟栄一オリジナル曲】message for you!【歌詞】

『message for you!』

Lyrics&Music&Arrange:汐日
Vocal:轟栄一(by.とまと)
Chorus:波音リツ、翔歌トリ(by.とまと)



【栄一】
つぼみが花ひらく そのまえのキモチを
羽にのせて翔ばす それが僕の仕事


リラ通りのはずれ 赤レンガの貸本屋
今日も色とりどりの コロンの香りあふれる
行き交うさえずりは ほろ苦く甘やかな
彼の人への想い抱いて 遊ぶよきらり

心を閉じ込めて ひとり怯えないで
顔を上げてリトル・レディ
「さぁ、きみの想いを聞かせて?」

message for you!
魔法をかけるよ
message for you!
届くように
捨てきれない願いがあるのなら
僕に任せて

message for you!
たとえ僕の音が
message for you!
色あせても
歌い続ける
だってそれこそが
僕だけの道しるべだから



【リツ】
ライム川のほとり 鳶色の印刷屋
今日も頬杖ついて 吐息こぼす彼ひとり
「想い寄せてはならぬ
女性と出会ったんだ」と
微笑み揺れる瞳は 羽先惑わせた

手紙を綴れば 綴るほどに恋が
遠ざかると知っていても
きみは歌い続けるの?



栄一「Are you ready?」
リツ「yeah.」
トリ「OK!」
栄一「Now, lets song! 1,2,3,4...Thank you.」



【栄一】
I know, you know
わかってたはずさ
You know, I know
僕の歌が
きみの声 すくい上げたときが
恋の終わりと

Smiling at me!
きみのその笑顔
Singing with me!
守れたこと
大切にしまって
紡ぐ祈りは掠れたセピア
「I'll pray for you.(あなたの恋が実りますように)」



【民族調オリジナル曲】Vida【歌詞】

『Vida』

Lyrics&Music&Arrange:汐日
Vocal:鏡音リン、鏡音レン
Main1:朝音ボウ、楓歌コト、重音テッド
Main2:重音テト、空音ラナ
Chorus1:空音ユイ、雪歌ユフ、松田っぽいよ、轟栄一
Chorus2:欲音ルコ、穂歌ソラ、餡知モン、ルーク



La shue veervi Cha larerr
[乙女よ、私たちは海を愛します]
Le zah reervi Cha vareloo
[舞姫よ、私たちは海を讃えます]
Li shue reervi Vo jarerr
[女神よ、私たちは叫びます]
Tewo rieeya farastimo var elow
[新たな調和の完成に捧げ]


Na tali zali Cha vodirr
[少年よ、私たちは海に祈ります]
Ne rali vidvi Cha vornor
[演者よ、私たちは海を畏れます]
Ni da muzel Vo low aera
[海神よ、私たちは手を取ります]
Retsun i natta fojnnin a sso
[碧の世を創り上げるため]



指先踊る音の色に
つま先を立てていたのは
誰、誰、誰?

届かぬ未来を
怨んでも
吐きだす夢は沫のよう


果てゆく場所を
求めるだけの旅なら
いっそ一度きりの
刃を振りかざし
今 突き立てて


耳をすませ
物語の産声に
歴史の朝に
灯のやさしさに

ニイルの水
浴びて薫る
最期の日よ
超えてゆけ



La shue veervi Cha larerr
[乙女よ、私たちは海を愛します]
Le zah reerve Cha vareloo
[舞姫よ、私たちは海を讃えます]
Li shue reervi Vo jarerr
[女神よ、私たちは叫びます]
Tewo rieeya farastimo var elow
[新たな調和の完成に捧げ]

Na tali zali Cha vadirr
[少年よ、私たちは海に祈ります]
Ne rali vidvi Cha vornor
[演者よ、私たちは海を畏れます]
Ni da muzel Vo low aera
[海神よ、私たちは手を取ります]
Retsun i natta fojnnin a
[碧の世を創り上げるため]




<太陽 -VOCALOID->
En ja navim voy^ae hanne
[己の道の正しきを信じ]
Nah idaida donna holo nisso!
[何にも属さぬ風衣を纏え!]
Yau ni noida walp nona
[真白き地図をなぞり]
Helii ja^da hasni ham da!
[新たな紋様をこの地に刻め!]


<月 -UTAU->
Ja! sso sonni helala rapido
[たとえ地の底に堕ちようと]
Neenu summhi hamda
[幾度でも這い上がり]
Whie moteehi noh na
[光をも噛み切る牙を剥け!]


<海 -MUSIC->
Ondo ni sete ja
[荒波を見据え]
Hanye o ni mahto na
[凪に眠り]
Va tule so nippo
[黄金を勝ち取る眼を]
Waide rogi!
[今 解き放て!]


<全員>
Veervi equiyee
[私たちは奏でよう]
Neenu ja reervi Vo jarerr
[何度でも 声を上げよう]



息を紡げ、喉を千切れ
海の下
永遠が始まる
月日が融けあう

二つの影
重ねて啼く
碧き唄
還り咲け



は に 先 の そ






【春歌ナナ・松田っぽいよ】消失計画【歌詞】

『消失計画 -decrescendo plan-』

Lyrics&Music&Arrange:汐日
Vocal:春歌ナナ(by.とまと)
Chorus:松田っぽいよ(by.とまと)


一、
透明人間になるためには、欠かさず挨拶しましょう。
目線は、相手のそれをざっとかすめる程度。(注※口だけでsmile。)
そして就業時間過ぎたあたりで、姿を見せて
誰にも気づかれなかったなら、進歩のsign。

別にきみは特に取り立てて、特別なことしなくても良いです。
世界中の興味と茶菓子(かんみ)を あらかた削ぎ落としてやるのさ!

堅実な「消失波形(デクレッシェンド・モデル)」は順調です、実に順調です!
だって透明度60%
もっともっと 消えてくれ BANG BANG☆
堅実な「消失計画(デクレッシェンド・プラン)」は順調です、実に順調です!
よって透明度70%
目指そうぜ 魅惑のフェードアウト


ナナ「よーし、それじゃいくぞ! のっかって、こいやー!(*゜▽゜*)」
ぽいよ「……こいやぁ(´・ω・`)」
ナナ「なんだおまえ、やる気ないな! ほら、もっかいいくぞ! のっかってー?(*゜▽゜*)」
ぽいよ「こいやぁー(´・ω・`)」
ナナ「あーもう! ほんとにやる気あんのかおまえ!ヽ(`Д´)ノ」
ぽいよ「やる気? ネーヨ」
ナナ「Σ(゜д゜;)」



二、
会議でプレゼンするなら、それはまたとないチャンスでしょう。
視線は手元のレジュメにLOCK ON。
ダメ出し来ても、keeping keeping poker face。
ほどよく厭な印象、残すのも大事。
何故って、君を視界に入れたくなくなるからm9(^Д^)www

そうさ、大事なのは着実さ、並びに無難さと無頓着さ。
メールは0件、電話はだんまり 誰もが君を覚えちゃいないさ!

堅実な「消失波形(デクレッシェンド・モデル)」は順調です、実に順調です!
だって透明度80%
もっともっと 消さなくちゃ BANG BANG☆
堅実な「消失計画(デクレッシェンド・プラン)」は順調です、実に順調です!
よって透明度90%
掴もうぜ 奈落のフェードアウト



三、
見事人類未踏の透明度100%に到達したきみに、オメデトウゴザイマスマスマス。
誰もが一度は目に物 魅せる幻想(ゆめ)を抱くでしょう?
ようこそ、きみだけの物語(ステージ)へ。

She said.
It is not good only by becoming clear.
for example, you have to express infinite dullness with high purity ―― like frosted, or frosted glass.
(彼女はいいました、透き通るだけじゃダメなのです、たとえるならばそうだな、曇りガラスとか磨りガラスとかそのあたりの限りなく純度の高いくすみ方を表現せねばならんのです。)



四、
堅実な「忘却化合物(フォルテシ・モンスター)」は爆弾です、そうさ爆弾です!
だって透明度100%
ぜんぶぜんぶ 消さなくちゃ BANG BANG☆彡
堅実な「忘却化合物(フォルテシ・モンスター)」は爆弾です、そうさ爆弾です!
よって透明度200%
ぶっ放せ 魅惑のフェスティバル


あはーは あーはーはー ははははー




【遊音コウタ・ぱみゅ】Wing notes【歌詞】

『Wing notes』
Lyrics&Music&Arrange:汐日
Vocal:遊音コウタ(by.とまと)
Chorus:ぱみゅ、ぱむ、重音テト、ルーク(by.とまと)


タメイキの数だけ幸せに手をふって
アメ玉みたいなひとりごと ぽつぽつ
町中のお祭りさわぎ ねめつけて
モヤモヤだけ 宙ぶらりん

あふれるはたらきアリの 群れのなかに
しょんぼり きみの横顔みつけたんだ

「どうしてきみは泣いてるの?」
いじっぱりなきみは 知らんぷり
できれば笑顔 みてみたいのにな
底抜けの青空みたいな ね


きみにきみに だいじなものあげよう
だれかをしんじる勇気(こころ)
そっと かばんに詰めたら
ふたりで旅にでかけよう
いつかいつか きみが涙をふいて
もいちど顔をあげたら
さぁ漕ぎだそう
海原へとつづくきみだけの物語(おはなし)



風向きなんて気にしなくてもへいきさ
波まかせに鼻歌 るりりらるら

傷ついた扉のカギが
見つからなくてもね だいじょうぶ!
てのひらのばしてみれば
ほらね 一輪の花がさいた


 La mia storia [僕の物語]
 Cantiamo con me [一緒に歌いましょう]


きみにきみに だいじなものあげよう
だれかをあいする勇気(こころ)
そっと 胸にしまったら
きみの想いをつたえてね
いつかいつか きみが夢からさめて
歩いた道 わすれても
ずっとみてるよ
きみの近くで 遠くで
うたいながら

こころからさけんで
とどく日まで




【根音ネネさんお誕生祝い】キンモクセイとしっぽ【歌詞】

『キンモクセイとしっぽ』
Lyrics&Music&Arrange:汐日
Vocal:根音ネネ(by.とまと)
Chorus:穂歌ソラ、雪歌ユフ(by.とまと)



おいてかれるのは 慣れてたんだ
いつも 見送る背中 遠く遠く
きえるまで待つ そのときに 
ぼくは 目を細めてぬりつぶすんだ
まっ白な くれよんで


橋の下の ブルーシート
ぱたぱた 動かせば波の オママゴト
チープな白い 厚紙は
ぼくを嘲笑うための舞台だ

だれかが 言葉(うそ)を吐くたび
ただようあまいにおい
それはキンモクセイの
熟れたかおりにも似て

こねこは 言葉(うそ)を知らない
哀しいときに啼く
そんなアタリマエさえ 彼らは
許さない

ぼくらは かおりをまとうこともできずに
泣くこともできずに
しっぽのメトロノームに 揺られて
ふらり ふらり 廻るんだ


I wonder where we are. [ここはどこだろう]
Its white and warm place. [真白くて温かい場所]
Its a little garden of you and me. [それはきみとぼくの箱庭]
As if to be in a flower. [まるで花のなかにいるみたい]
I cant breathe. [息ができなくなるの]
loop and loop again. [繰り返し、繰り返し]


金木犀(はな)のかおりが みちみちて
さあ、どうするとはやしたてる
観客(ともだち)のなか
まえにもあとにも すすめない
ぼくの目玉に
ねこのしっぽが ぷらり ゆれた

きみはどうするのと たずねかけてみれば
泣きだしそな目で ぼくをみたね
だいじょうぶ、きみはきっと ぼくをおいて
すすむはずがないって しってるよ
しってるから―――


Its a lie after all..


【根音ネネ】
ぜんぶうそだったのに
きみは前にすすんでいくのに
【穂歌ソラ】
いつまでもとなりにいたかった
ともに歩くはずだったのに
離れてく
【雪歌ユフ】
おいてかれるのは 慣れてたんだ
見送る背中 遠く遠く遠く

【根音ネネ】
ああ、ぼくはかおりをまとうことなく
いつまでもここで
【穂歌ソラ】
泣き叫ぶねこにもなれず
いつまでも唄う

【根音ネネ】
――廻るの
【穂歌ソラ】
さよなら――


【根音ネネ】
ニークラシック、ニークラシック
【穂歌ソラ】
こねこは 金木犀(はな)をまとうこともなく
哀しいとき 嬉しいとき
声をだし 喚き叫ぶ
明日を 切り裂き
前へ 進もう
I say good-bye in order to meet you. [きみとまた巡りあうため、さよならを言うよ]







【遊音コウタ・ぱみゅ】Wing notes【歌詞】

『Wing notes』
Lyrics&Music&Arrange:汐日
Vocal:遊音コウタ(by.とまと)
Chorus:ぱみゅ、ぱむ、重音テト、ルーク(by.とまと)


タメイキの数だけ幸せに手をふって
アメ玉みたいなひとりごと ぽつぽつ
町中のお祭りさわぎ ねめつけて
モヤモヤだけ 宙ぶらりん

あふれるはたらきアリの 群れのなかに
しょんぼり きみの横顔みつけたんだ

「どうしてきみは泣いてるの?」
いじっぱりなきみは 知らんぷり
できれば笑顔 みてみたいのにな
底抜けの青空みたいな ね


きみにきみに だいじなものあげよう
だれかをしんじる勇気(こころ)
そっと かばんに詰めたら
ふたりで旅にでかけよう
いつかいつか きみが涙をふいて
もいちど顔をあげたら
さぁ漕ぎだそう
海原へとつづくきみだけの物語(おはなし)



風向きなんて気にしなくてもへいきさ
波まかせに鼻歌 るりりらるら

傷ついた扉のカギが
見つからなくてもね だいじょうぶ!
てのひらのばしてみれば
ほらね 一輪の花がさいた


 La mia storia [僕の物語]
 Cantiamo con me [一緒に歌いましょう]


きみにきみに だいじなものあげよう
だれかをあいする勇気(こころ)
そっと 胸にしまったら
きみの想いをつたえてね
いつかいつか きみが夢からさめて
歩いた道 わすれても
ずっとみてるよ
きみの近くで 遠くで
うたいながら

こころからさけんで
とどく日まで




【和音マコ・月代はくぽ】揺蘭歌【歌詞】

『揺蘭歌(ようらんか)』
Lyrics&Music&Arrange:汐日
Vocal:月代はくぽ(by.とまと)
Chorus:和音マコ(by.とまと)


月代はくぽ:
木の葉ひらひら 色めく山の端
今宵も 木犀の香がはためく
闇に溶け入る美しき君の 嗚呼
御髪と風を追ひて

裾元に広がる かの住処は
龍に戦慄く 声ぞ凪ぐ
波打つ調べとは うらはらに
月影は甘やかに薫る


和音マコ:
怒れる神の雷号を
人はその耳で確かに聴いたと云う
月代はくぽ:
娘を授かりし 願掛けを
我が父は未だ果たさずと


月代はくぽ:
踊れ踊れや 曼珠沙華
月の明さを数えど
想ふのは君のことばかり
君はいま 何処に佇むか

謡え謡えや 雪月花
幾ばくの時を 殺せども
どうか その花弁を散らして
かの人のもとへ この声を

yai do ri sa ri ni(ヤイ ドゥリ サ リニ)
yo wisa yai charu ni(ヨ ウィサ ヤイ チャルニ)
san nya sa ho ye sa(サン ニャサ ホ イェサ)
ru ja i ni na(ルジャ イニナ)


月代はくぽ:
祈りの下に生れし娘を
人は鬼とぞ囁きぬ
それでも君は唯 やはらかに
朝露(つゆ)に濡れた笑みぞ 落としける

和音マコ:
海原を蹴り 天を駆け
漸く辿り着いた其処は 神の社
月代はくぽ:
時の悪戯に涙すれど
君は其処には在らず――

和音マコ:
shue d eran tie(シェデ ランテ)
lu tier i nia(ル ティア イニア)


和音マコ:
眠れ眠れや 安らかに
薄紅の夢を 抱きしめて
忘れても良い 貴方さえ
倖せならば

wa zie hi fa or de hi jar(ワ スィ二 フォルデ ハヤ)
sol til o hyu de ida(サ ティルゴ ユディ イダ)
do veira cuel sa kayei(ドゥ ベラ チェサ カイェ)
dul hi vis e ha(ダルヒ ヴィサ ハ)

sa jar re a no mor ii(サニャラ アノモリ)
edul ni dal eha(エドゥ ニダ ウェハ)


月代はくぽ:
踊れ踊れや 曼珠沙華
舞い狂う 龍の首に
我らを縛る銀の刃
今、突き立て宵を切り裂かむ
和音マコ:
祈りの下に生まれし娘は
村を惑わす龍となる
それでも懐かしき面影は
今もこの胸にぞ燃ゆる

月代はくぽ:
謡え謡えや 雪月花
輪廻の緒を 断ち切れども
どうか その命(しろ)を散らして
かの人のもとへ この唄を
和音マコ:
海原を蹴り 天を駆け
二人を分かつのは哀しき御伽噺(ものがたり) 嗚呼
どうかこの命を散らして
あの唄を――

yai do ri sa ri ni
yo wisa yai charu ni
san nya sa ho ye sa
ru ja i ni na

【和音マコ・月代はくぽ】揺蘭歌【昔話風曲小説】

 あるところに、子どもに恵まれず寂しい思いをしている、ふたりの夫婦がおりました。
 そこで、夫婦は狗蛇山という山に登り、どうか子どもを授けて下さい、と蛇神様にお願いすることに決めました。
 ふたりは山の中でいちばん高い木の枝に、赤いお札をくくりつけました。
 そうして、もしも子どもを授かることが出来たならば、二十年後のこの日に、必ず家宝である刀を供えると約束したのです。

 さて、それから一年の時がすぎたころ。
 夫婦が薪を集めに森へ向かうと、どうどうと流れる滝壺の近くに、ぴかぴかと輝く大きな卵がありました。
 不思議に思った夫婦が、これを家に持ち帰って割ってみたところ、中から小さな女の子の赤ちゃんが生まれました。
 夫婦はすぐさま、この子は蛇神様からの授かりものなのだ、ということがわかりました。
 そこで、ふたりは女の子にマコという名前を与え、大切に育てることに決めました。
 間もなくして、夫婦の間にはマコの弟にあたる、はくぽという男の子も生まれ、一家はしばしの間、幸せな時間をすごしました。

 しかし、マコが夫婦のもとへやってきた日から、ちょうど二十年がすぎたころ。
 誰もが目を見張るような、美しい姫君に成長したマコが、その日を境に、突然姿をくらませてしまいました。
 いったいどうしたのだろう、と不思議に思っていた夫婦は、あっと叫んで顔を見合わせました。
 そのときになってはじめて、ふたりは神様との約束を果たしていなかったことに気がついたのです。
 きっと、家宝の刀剣を供えなかったことを怒り、蛇神様がマコのことを連れ去ってしまったのでしょう。

 そんなふたりの話を聞いて、刀を抜いたひとりの少年がいました。
 それは、姉であるマコに可愛がられ、すくすくと成長した弟のはくぽです。
 彼は、近頃村の人々をおびやかしている龍神が、狗蛇山に棲んでいるのだという話を聞き、いてもたってもいられなくなったのでした。
 そこで、はくぽは両親に頼みこんで、家宝の刀を受け取ると、きびしくけわしい狗蛇山の道を、ただひたすらに歩き続けました。

 やがて、一週間の時を経て山頂へ辿り着いたはくぽは、赤い札の前で膝をつき、願掛け通り家宝の刀を捧げるので、どうかマコを家に戻してください、と懇願しました。
 しかし蛇神は、信仰心を忘れた両親のことを、決して許してはくれませんでした。
 怒り狂った狗蛇山の神は、はくぽに向かって巨大な龍を差し向けました。
 すかさず刀を抜いたはくぽはしかし、次の瞬間、信じがたい事実に凍りつきました。
 なんと、村の人々を襲っていた龍は、神の申し子として生まれたマコの、変わり果てた姿だったのです。
 神によってやさしい心を奪われたマコに、もはやはくぽの声は届きませんでした。
 はくぽはひらめく刀の切っ先を、龍の首元に向かって突き立てました。
 赤い彼岸花のような血潮がしぶき、龍は地面に倒れ伏しました。
 はくぽは動かなくなった龍にすがりつき、声を殺して泣き続けました。
 そんな彼の耳下には、やさしかったころの姉君の声が、確かに聴こえてきたのです。
「私のことは、忘れても良いのです。もしもあなたが、倖せであるならば」

 はくぽが龍をしとめたことを知った蛇神様は、少年の剣の腕前が達者であることを喜び、褒美として塩や穀物、粟や金銀珊瑚などをたくさん与えました。
 それ以来、狗蛇山の上から雨を降らせる龍は消え、村の田畑を荒らしていた洪水はなくなり、村の人々には豊かで平和な暮らしが訪れたいうことです。
 めでたし、めでたし。

【天音ルナ・ルーク】ワンダーランドでつかまえて【歌詞】

[ワンダーランドでつかまえて]
製作:フリーサイズ
作曲:汐日
作詞:汐日(メインボーカル)・とまと(間奏・コーラス部)
歌:天音ルナ・ルーク



*A
【天音ルナ】
街は今日もお祭り騒ぎ
キュートでスウィートなものがあふれているわ
まだまだ足りないの
あたしのココロもっと潤してよね☆

【ルーク】
街はにわかにざわめきだした
どうやら今日の犠牲者はケーキ屋の主人
覚悟してろよ 準備はできてんだ
今日こそオマエを捕まえる!

*B
【ルナ】
できるならやってみなさいよ
【ルーク】
こっちにはピストルがあるんだ(BB弾内蔵)
【ルナ】
覚悟なさい
【ルーク】
覚悟しろよ
【二人】
アンドゥトロワの合図で
い・ざ・勝・負!(あはん☆)

*サビ
【二人】
この広い世界で
あなたと巡り会えた
街中の景色が 光あびて
目をさますよ
ぱっぱららっぱっぱりらら

時計の針は
くるくる回りだして
新しい明日を迎える
あなたとともにどこまでも
Alice and rabbit in Wonderland!

*セリフ
重音テト「あれー? ルコー、僕のケーキ知らない?」
欲音ルコ「さぁなー。……あ、さてはユフ、カステラと間違えて食べたんだろー」
雪歌ユフ「え……ええ!? ちがうよ、わたしじゃないよっ?」
重音テト「じゃあ、いったいだれなのさー?」

*A´
【ルーク】
逃げられるなら逃げるがいいさ
卑怯千万の盗っ人ウサギめ
【ルナ】
観念なさい探偵アリス
一度も追いついたことないくせに

*B´
【ルナ】
どうしてあきらめないの?
【ルーク】
もうこんなことやめたいのに
【二人】
目と目が合えば
高鳴る鼓動が
止まらない!
(やめられない)
(止まらない)
(かっぱえびせん♪)

*間奏
You and me in Wonderland
I can follow you even where
The bells ring sound of start
Now let' go to the new land!
(1、2、1234!)

*サビ´
コーラス:
I'm in the great land with you
Pleasure and sadness Uh...
Alice and Rabbit in Wonderland
What a world there will be Ha...
Alice and Rabbit in Wonderland
Alice and Rabbit in Wonderland
lalalalala...

メインボーカル:
この広い世界で
あなたと触れていたい
喜びもさみしさも
ぜんぶかき集め 散らせ
たったららったたりらら

手と手をとれば
どこまでも駆けてゆける
行こう 僕らだけが描く
まだ見ぬ不思議な物語[おはなし]
Alice and rabbit in Wonderland!(よいしょっと)(ふぅ)
Alice and rabbit in Wonderland!(まだまだー♪)(はぁ?)
Alice and rabbit in Wonderland!(もういっちょ!)(えー……?)
Alice and rabbit in Wonderland!(きゃあ☆)(だぁ!)

【重音テト・欲音ルコ・雪歌ユフ】追憶のカムパニルヤ【歌詞】

[追憶のカムパニルヤ]
製作:フリーサイズ(汐日・とまと・白鴉)
作詞作曲:汐日
歌:重音テト・欲音ルコ・雪歌ユフ



A
【重音テト】
鐘の声が三つの
時を数え 宵が覚めるころ
黎明の翼(はね)求め さまよう
旅が目をあけた

朝靄を切り裂く
蒼の剣(つるぎ) 白みだす空に
暁の両手で
別離の扉(と)をひらく

B
【雪歌ユフ】
春告げの鴇(とり)
孤高の獣
悪魔の歌う
睦言を信じて

【雪歌ユフ】
私は祈る
【欲音ルコ】
戦う
【雪歌ユフ】
永久(とわ)の平和を
【欲音ルコ】
安息を
【雪歌ユフ】
籠鳥(カナリア)は眠り
闇の中に堕ちてゆく

【三人】
enggrana (エングラーナ)
deo wiz (ディオ ウィス)
rei che lina (レィ チェ リナ)



【重音テト】
風はやがて歪み(ひずみ)
星の海は 涙をこぼす
方舟(ふね)つなぐ碇(いかり)は
解き放たれるでしょう


【雪歌ユフ】
手と手をとり
歩いた小路(みち)
甘く色づく
薔薇の花園(らくえん)

【重音テト】
それはそれは
麗しい御伽噺(おはなし)
夢幻の岸辺は
遙か彼方へ消えてゆく

C
【欲音ルコ】
歯車は廻る
連なる運命(さだめ)をのせて
【重音テト】
時を刻み
一縷の希望 託して
【欲音ルコ】
歯車は誘う (いざなう)
再び巡り会うため
今、この手で
紡ぎだす哀歌(メロディ)

【三人】
dee liz (ディ リス)
dul si (ダル シ)
wan es (ウォ エス)
twle the (トゥル ザ)

Hyiel nes (ハイ ネス)
Cell de (ツェル デ)
Li veeth (リ ヴィス)
e whole ta (ア ウォル タ)



~間奏~



A´´
【雪歌ユフ】
願いごとはひとつ
「もしもまた巡り会えたなら
赦してくれますか?」
【三人】
鬨(とき)の花宴(うたげ)に
共鳴(ひび)き合う 贖罪の唄


【欲音ルコ】
歯車は軋む
いびつな光をのせて
【重音テト】
狂おしいほど
色あせぬ想い 託して
【欲音ルコ】
歯車は詠う(うたう)
幼き契りのために
【重音テト】
今、奏でる
ひとつだけの郷愁(ハーモニー)

【三人】
de liz
dul si
wan es
twle the

Hyiel nes
Cell de
Li veeth
e whole

li cuellwho wiz (リ チュウォ ウィス)
he reina (ヘ レナ)
es do mena gleey (エス ド ミナ グリー)

enggrana
deo wiz
rei che lina
ha twle wa nicca (ハ トゥル ウォ ニッカ)

▲TOP