ガブさん

キャッチーな曲作りを目指して頑張ってます!

関連する動画

ホワイトレクイエム

  
(A)
なにもなかったように 感じるのは
白い雪のせいかな?
つないだ指先の ぬくもりさえも
消えそうで震えてる 

(B)
ふたり歩いた 冬の帰り道
くだらないもの拾っては 笑い合った
こんな日がいつまでも
続くこと信じてた
疑うことを恐れてた

(サビC)
真綿の雪が はらはら落ちて
住み慣れた この街の空を埋めてく
見上げては 何度も
胸の中 繰り返す
ねぇ なにがいけなかったのかな?
(サビC´)
真白な雪が ガレキに積もり
泣き笑い 過ごした日々を隠してく
届かないメールを
綴ってはもてあます
笑顔で伝えたかった
「サヨナラ…」


(A)
なにもなかったように 振る舞うほど
深く傷はいたんで
記憶をさらうような 時の流れに
負けそうになりながら

(B)
遠く瞬く 冬のオリオンの
青白い星見つけては 思い浮かぶ
「大好きなものがたり」
はにかんで話してた
子どもみたいな横顔が

(サビC)
真綿の雪が はらはら落ちて
よみがえる 思い出のひとつひとつが
手のひらで溶けては
胸の奥 締め付ける
ねぇ ぜんぶ忘れてもいいのかな?
(サビC´)
無数の雪が 散り逝くけれど
一瞬の命も 同じ命なら
見てたもの抱きしめて
この足で歩き出す
笑顔で会う約束で
「サヨナラ…」 


(サビC)
真綿の雪に 朝日が射して
まぶしさに まだ少し慣れないけれど
溢れてく涙は
あたたかなプロローグ
ほら ふたり口づけた日のような
(サビC´)
あなたが生きた この現実に
泣き笑い 過ごした日々も刻んでく
やわらかな新雪に
生まれてく足あと
ひとりじゃない気がしてる

「ありがと。」
 
 
 

▲TOP