関連する動画

【エッセイ】「カチューシャと初音さんと私」

音楽経験は多くない私です。
幼稚園で習ったピアニカ。小学校・中学校の音楽の授業。
その次に音楽と関わりを持った時期は、学生時代、合唱サークルに参加していた4年間でした。

その頃のあるとき、次の発表会でどんな曲を歌うかを決めるミーティングがありました。
たまたま、「ロシア民謡」が候補に挙がり、その流れの中で、「カチューシャ」を提案してみた私です。
しかし、選考の結果はボツ。
理由は、「自分たちにはちょっと難度が高い」とのことでした。もっともな話で、私も同意。
最終的には、「トロイカ」など、別の曲が選ばれました。

卒業後は、再び、音楽に縁の薄い日々となりました。
職場の同僚と年に数回カラオケに行く程度でした。

ふとしたきっかけでニコニコ動画を見るようになったのが1年半くらい前のことです。
その後、大宮のビックカメラで初音さんを探し、お願いして家に来てもらいました(笑)
最初に歌ってもらったのは、たしか出身中学の校歌でした。

DTMなんてまったく未知です。初音さんの実力を活かせず申し訳ありません。
いろいろ本を読みました。
買ったのはヤマハムック、ミク特集のユリイカ(これは面白かったです。評論ですが)、講談社のミクボックス、ろいぱらなど。
ニコニコ動画で、ボカロやUTAUの合唱に感動していました。
私も、初音さんに讃美歌の合唱をお願いしたところ、やっぱりきれいに歌ってくれました。感動でした。

しばらくして、レパートリーを増やしたいなと思い始めた頃、初音さんが、「ミク、「カチューシャ」歌うよ」と言ってくれました(私の脳内で)。

昔の自分たちには無理だったけれど、初音さんなら・・・、と思いつつ。
また、もっと技量のあるうp主さんなら、初音さんに、もっと上手に歌わせてあげられるのに、ごめんなさい・・・、と思いつつ。
初音さんの力と、原曲・編曲の力と、絵師様の力と、その他もろもろの力をお借りして、作ったのが「カチューシャ」の動画です。
本当にありがとうございました。

▲TOP