関連する動画

Juvenile レンとKAITOでカバーVer. 調声メモ

反省だけなら氷村でも出来るコーナー、パート4。

●全体
ゴットアロー氏作、ボカロックタグがつくようなハードな曲。
といってもハイスピードではなく、情緒をたっぷり残したタイプの元気のいい歌ってイメージ。
最初はカイトだけでカバーさせていただく予定だったものの、曲が若すぎて、カイトではあまりに不似合いだと判断。特に歌詞の若々しいワンコーラス目はレンに歌ってもらうことにした。
「ショタ声にすれば何とか!w」とゴットアローさんに励ましてもらうも、ショタ声にすると笑える結果に。うん、うちのカイトに限ってその選択は無謀だったww
(私がショタ声スキルが皆無なため)

冒頭のコーラスはレンの声が良く聞こえるけども、実際はカイトも歌ってる。が、エフェクトでかき消えている。
レンが2音とカイトが2音と、合わせたものを外部で音階を1音半上げたデータを合わせて使用。重ねてるので10数人前くらいかな? 20人前くらいが良かったかもしれないけど。
歌い出しタイミングはコンマ以下数秒で3箇所です。

今回のエフェクトは金属質な感じで。
普通のリバーブやディレイ系のエフェクトだと、少し声がおとなしくなるので、この曲に似合わないかもしれないと。
オケと合わせて聞くと、やった本人しかわからない程度の差なんだけどね。
外部ではほんの少しサラウンド効果やらイコライジングやら入れてはいるけど、全体的に加工は少なめというか、ほぼやってない。オケの派手な部分とかで、レンの音量が弱くなる場所だけを音量調節。
ミックスはもともと素人なので、あまり派手に何かをやろうとすると失敗するので自重。

●レン
レンはこれまで細かい仕事は何度かあったものの、ワンコーラス以上丸々日の目を見るのはこれが初めて。
一応のデビュー作といえる。
しっかし使い慣れてないんだよね(笑) まだまだ研究足りてなくて、どうすればいいのかとかまったくわからなかったりして。
レンは結構早めに仕上げていて、その後不慮の事故でシンガーデータが消し飛んでしまったので、何かを変えたシンガーを使ってたんだけど、どう違ったのか不明。
さらに、今のデフォルトシンガーで再生しても大差ない事実にびっくり。
レンの声が原曲者のゴットアローさんのように力強くならないーとうじってみるも、「実はおかしいところとかジェンダーとか以外はほぼ無調教なんですよね(笑)」byゴットアロー ……orz
私が調声すればするほど悪くなるってかーーーー!!!
とは言っても、あまり多くは調声してません。手探りなんで。
アタックを全体的に弱めているのも原因かもしれないけど、これがなくてもどうもうちのレンは、ほにゃんとした印象。
act.2の滑舌の悪さは有名だけど、この曲に関しては、さほどでもなかった。
ゴットアローさんはレンに相応しいように曲を作っているらしいので、なるほどとも思う。
だからあんまり調教しないんだとか。
滑舌の悪さは、ポルタメントとピッチをいじることで、ある程度の解消にはなる。
今回の曲では、2コーラス目が滑舌悪い部分が多いんだけど、そっちはカイトに持ってもらってるのでヨシ(笑)

今回はPBSは8程度で固定、一音ずつPITをいじって、PORは全体を80程度、場所によって調節、あとはOPEも部分で調節。VELはあちこちでいじってある。
このVEL、ボカロとボカロ2では意味合いが変わってくるので、どうも勝手がつかめなかったんだけどね。
BRE、CLEなんかは最小のままで、綺麗で通る声を目指したんだけど、よく考えれば、綺麗で通る声はつまり、ショタだよね。
背伸びしたいお年頃の曲なのに、ショタレンって(笑)。その時点で不似合いすぎる。
発音の長い部分はビブラートも調節。ボカロ2はビブラート綺麗だねー。
ブレスの長さも、一箇所だけ長い部分を作った。
ほぼこんなもんじゃないかなー。
レンの仕上がりは早かったので、細かい部分は実はよく覚えていないというのが正直なところか。
でも多分、そういう部分は本当に仕上がり大差ないんだよね。

●KAITO
問題のカイトです(笑)
この歌を、デフォのカイトや私の普段のカイトで歌わせてみると「は……?ww」みたいな感じになる。
似合わねーーーーw
歌詞の若さもさることながら、アップテンポで前へ前へと押し出しつつ、若さゆえの憂いも感じさせる引きの部分もあるタイプのこの曲、とぼけたカイトではお笑いにしかなりません。
最初の段階で相当に躓きましたよ。

そうでなくとも調声のいろはをわかっていない氷村、ちょっとでも手を抜けば即「何も考えていないカイト」な歌声になります。
これまでずっと、自分で曲を作るにしても歌わせてもらうにしても、割とカイトに似合う、部屋の中やのっぱらで自然に口ずさむ系の、そういう歌が多かったのですけどね。←まあこれ、実にやりやすい簡単な調声なんです。
今回の歌のイメージはこう、ちゃんとした舞台の上で、みんなに聞かせるのが似合うタイプなので。こういう歌を歌わせている人を尊敬しつつも、実際はハードルが高いよなぁと。
色々と声を試行錯誤してみるものの、なかなか上手くいかず。
しばらく放置した後で聞いてみたらありえない声だったとか(笑)
なんとか曲に合いそうな声を探してみても、曲に似合う声がレンと合わせたときに合うかどうかはまた別問題となるので。
散々悩んだ割に、これがベストだったかというと……かなり悩みどころですが。

調声の入れ方は普段とあまり変わらないけども、基本の声はBRIとCLEの値が逆。BRIを最大近くまで、CLEは控えめに。
普段より感情をこめる作業が必要となるので、ポルタメントとピッチは相変わらずいじってはいるけども、レゾナンス1と2は、全体の値を少しだけ抑えつつ(ここの調節で声の調子は大分変わる)、一音ずつそこそこいじってます。おもに音の出だしを2で、音の終わりを1で。
実際カイトの滑舌の悪い部分とか、発音が粘る部分はノイズやレゾナンスである程度の調節可能。「つ」の発音とかラ行とかね。語尾なんかによる感情出しもレゾナンス大事。
こういうの、作っている本人以外は良く聴き比べないとわからないレベルなんですが、結構色々変わってるんですよね、実際。
レゾナンスを上手く使いこなせれば、そこそこ生身の声にも近くなれるんじゃないかと思います。あとハーモニクスとか。まあボカロに生声のようなものを期待するかしないかは人によるところですけど。
本当に、使いこなすには時間がかかるね、カイトさん……。
そのままではボカロ2のようには伸びやかに歌えないけども、マスターの理解と力量次第で相当に化けるのがKAITOですから。
かなり勉強不足であることを毎回痛感します。
その分新しい発見をしていると取ってもいいのでしょうけど。

結果として、普段ほど単調ではないけども、目覚しく変わっているわけではないという感じ。個性のなさは相変わらずの課題でしょう。
まあ乗り越えがたい壁として、「氷村の歌唱力がカラオケレベル」という問題がありますが(笑)
カイトの総評としては、相変わらず平凡、これまでよりは若干マシ、というレベル。

八里半 調声メモ

反省だけなら氷村でも出来るコーナー、パート3。

今回はバラード調。
思い出を辿りつつも大人になった自分を感じるという、アンニュイなだけではなく優しさを感じさせる曲なので、カイトの基本声はいつもの私のカイトを基礎に。
私の普段のカイト基本声は、高音になると掠れやすい。綺麗な高音を出せる値はもちろんあるんだけど、単純に私の好みの問題。
それと、高音が綺麗な声は、迫力の無さに拍車をかけるので、私にとっては調整がしにくい面もある。
高音が苦しそうに聞こえるのを、むしろ狙っているというか。
単純に好みn(ry
ジェンダーの値が楽しそうな声になるレベルなので、レゾナンスで調整。
しかし結局若干楽しそうに歌っていた。
所詮うちのカイトか。

ゆっくりと進行する曲なので、変な調声をするとぼろが出やすいというか、飽きやすい作りになる。
そうでなくともカイトは歌い方が単調。
でも迫力をぐいぐい押しだすようなタイプの曲ではない。
毎度毎度盛り上がりが足りない調声になりがちなのが分かっているのに、結局調節していると控えめ控えめになる。
で、やっぱり単調だよなーと後で思う。
この自分の中のブレはなんだろー。

ともあれ、大人しいなりに、いつも通り声がかすれ系なのを利用し、語尾に少しファルセットが残るような感じに出来ればと。
歌い始めと歌い終わりの一音を今回は控えめにしている部分多し。
ダイナミクスはすっと直線的に落とす部分と、岩のようにまるっと落とす部分を使い分け。
まあ聴く方には実は大差ない。

私の調声するカイトは高音が少し泣いているような声音になる事が多い。ある程度わざとやってる部分もあるけど。
(瞳に映る~の時にはこういう感じにならないように調整してみた。もっともあの曲はそんなに高音の部分は無い)
基本声の値のせいもあるけど、要は下方ポルタメントとピッチの効果。感情を出すのにちょうどいいから、効果的に使っている人は多いかもしれない。

それにしても結構スローテンポなのに、カイトの声のテンポの悪い所が数か所。
「あなたと食べた~」の「べた」は代表格。
べの部分をかなり短くしないと正しく歌ってくれなかった。
そんなに「べた」はダメなのか。それとも「たべ」がダメなのか。カイト、ふた文字以内で答えろ。
むしろ食べたが駄目かもしれない。
誤解のないように注釈すると、食べた、が悪いのではなく、そこに付随する音階と音の長さとカイトの声の調子と、この辺のすべての要素が重なってこの症状が出るので、一概に苦手な発音とは位置づけられない、です。
まあ……いつもの事なんだけど。譜面操作が全く必要ない曲の方が珍しい。


今回は、独断でハモりも作らせていただいた。
基本声テストで突然提示して見せて、こんなのいい? と、やっちまってから訊ねる暴挙。
ハモりは苦手です。コード進行ちゃんと頭に入れてないし。
だから適当に不協和音にならない程度にぐにぐにと動かしてみただけっていう。
こういうやり方だと、シーケンス上ではちゃんとしているように聞こえても、いざオケと合わせてみると、今度はオケと音がぶつかってたりとか、色々ある訳で。
何度も調節と合わせをやり直して、短いハモりに無駄に時間をかけ。
だからおっかしく聞こえても、そこは作曲者様のせいではありません。
「あなたと作り集めてきた」の中の「きた」の「た」の字で同じ音を重ねているので、ちょっとだけ力の強い発音になっている。
この歌い方、何となくいいかなーと思って。

まあ何にせよ、人さまの曲をいじるのならもう少し勉強も必要だよと。

この曲では声とオケのミックスも担当させていただいたので、「頬に付いた欠片を~恋しいよ」のくだりと「あなたがくれた~」からラストまでの残響は、少々金属質の音が入るようなリバーブを。
『瞳に映る~』とか『僕等の街』なんかでは、歌い終わりの一部分だけはかなりの残響を持たせるための効果を入れていたのだけど、今回は楽曲がストンと終わっているので、歌い終わりも割とすっきりと。


とにかく、久しぶりの高音で、幾分か不慣れな頃に戻ったような気分で。
何でも歌いこなせるようになるにはまだまだ修行が必要だと痛感した今日この頃。

曲の作者であるhighGさん、歌わせて下さって、本当にありがとうございました!

『僕等の街』合唱バージョン KAITOパート調声メモ

恥をさらして反省してみる調声メモ。
別名、反省だけなら氷村でも出来るコーナー。

冒頭部分がソロ。
前奏なしでいきなり歌唱からだから、極力声は抑えめに。
「この時代」の「じ」のあたりから盛り上がるように、ここはベロシティで調整。
ピッチとハーモニクスは勿論いじってる。
(しかしミックスの後、結構強く出ていたことが判明、手遅れorz)

いつもの事だけれど、た行は音は控えめで。

今まであんまりいじらなかったピッチを今回はほどほどに調整入れてみる。
けどやりすぎ注意。
(と思ったら、仕上がりはやっぱりちょっと足らなかった)

今回は歌唱音量の調整をダイナミクスではなくてハーモニクスでやってみる。
単純にきまぐれ。ダイナミクスは固定。
どう変わるかと思ったけど、私の耳では差が分からず。

ある程度調整を入れた段階で、出来上がってきた他のメンバーの歌唱データや、上がっていない分はvsqにリンレンの声を自分で突っ込み、他のパートとの合わせ。
オケも使ってKAITOが浮いている部分を探す。
結構あるorz

ソロ部分は非常に短く、残りは合唱部分。
合唱のメインは男性パートはレン、女性パートはミク。
KAITOはメインではないので、全体的に抑えめの調声で。でないとまとまりがなく、歌声がかなり浮く。
ある程度の強弱とポルタメントだけはしっかり入れるべき。
値は60~110の間で部分により適宜。
一定以上の空きがある部分にポルタメントの値を大きいまま置くと歌い出しが濁るので、その部分だけは10~20くらいまで落とした方がいいっぽい。

全体的にノイズが高めの声設定なので、滑舌が悪くなる部分は調整。
音のつながりによって10~40あたりまで下げた方が無難。
(全体的な値は今回は80程度)
作っている時には気付かなかったが、ミックスまで仕上がったものを聴いてみると高音でのノイズの下げ幅が足りなかった感が。

今回はレゾナンスは変更をかけた値で固定。
曲調から、私の今の力量では逆効果になる可能性が高かった。

ミックスを他の方に任せているので、あまり外部のプログラムでは調整をかけずにそのまま提出。
変にいじると、激しく浮く可能性が高い。
ノイズだけ軽減した つ も り 。

【総合】
作った当時はこれ以上いじれないと思っていたが、4か月も寝かせていると、全然足りてなかった事に気付く。
足りない足りない、いじれる部分はもっとあったorz
合唱だからと遠慮しすぎた。ソロの部分はもっとやりようがあった。

現在の心境……埋まるしかない。
これは恥ずかしい。
けどこれまで作った自分の調整よりは頑張っている。頑張った結果がこれなのだからなお悪い。
自分で直すべき個所が分かる分だけはマシだと思う事にする。


この曲のKAITOソロバージョンを現在作成中。
(というか仕上げたつもりでいたが、やはり色々足りなすぎた)
ピッチやレゾナンスやベロシティは特に、合唱版よりがっつりいじる予定。


*注
この覚え書きの調声はすべて独学によるものなので、決して参考になるものではありません。
マジで。マジで。

僕等の街KAITOVer. 調声メモ

反省だけなら氷村でも出来るコーナーパート2。

今回は全編ソロバージョン。
歌唱データはまるっと合唱バージョンを流用。
でもカイトは合唱版では半分くらいしか歌ってないので、倍量以上の調声は必要。

けど基本声から結構いじりなおした。

コーラスパートでは大丈夫だった歌い方も、メインになれば話は別。
とりあえず、ノイズを下げ過ぎていた部分を修正、ピッチも各所大目に配置。
長い発音の最後は尻窄みになりやすいので、ピッチを徐々に上げ。
今回のカイトの基本声は、な行やま行をまったりと発音しすぎるので、気になる部分はレゾナンスを使って修正。
歌声を深くしすぎないようにジェンダーを下げているので、陽気になりすぎないようにレゾナンス2で補完。
ポルタメントも部分的により深く。ピッチと合わせる事で多少の感情表現を。

後半に行くほどオケが派手になってくるので、その移行に合わせるように外部で音量調整。
一度やりすぎて失敗しているので、控えめにミックスしなおしてみたら、若干足りなかったかもしれない。
難しい……。

今回はイコライザを使用、発音を、少しだけはっきりと。
ディレイなんかの効果は、少し多いと思える程度に。
実際、オケと合わせると結構かき消えるので。
コーラス部分は高音をR、低音をLに振り分けてみた。
以前作ったバージョンよりも、距離をかすかに離してみたが、後にサラウンド効果を入れたら、やっぱり離れ過ぎだったかも。
これはミックス段階では気付けなかった。
(ただしこういう部分は好みによって意見の分かれるところ)


実は、今回のカイトはいつも通り、結構高音カイト。
が、低い部分はカイト得意領域ギリギリの低さなので、高音に聞こえない。

気をつけたつもりだったけど、やっぱりまだまだ平坦な感が否めない。
けれど、その辺を派手にしてしまうと、場合によっては聞き苦しくなるので要注意。
その辺をもうちょっと上手くできるようになりたい。

PV作成メモ 「瞳に映る空とあなたと 」

自分的メモ>うpした時のことをメモしておきます^^

愛スPさんの【KAITO】 瞳に映る空とあなたと 【オリジナル】
を許可をいただいて、絵師のグリーンティさんを紹介して
いただいて作りました

FLASH-PV

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7754548

http://circle.zoome.jp/tdki/media/2315/

作成期間>半年?^^;
半年位の間にちまちまと(把握できない)

ずーーーーーーーーーっと動いてる動画です。
テンポ的には超スローですが、ずーっと動いてました。
背景の空は基本、画面に対して2倍近くある画像を
フレーズごとに大きく画面をなぞるように回転しています。

あとはシャボン玉。こちらは絵師さんからの発案で。
空に合って違和感が無いものをと考えて風船>葉っぱ
シャボン玉と変化していきました。
おかげでシャボン玉でニコ割もつくれましたw

葉っぱは一部残してあります。
シャボン玉よりも早い動きにして歌詞になぞらえ、守る表現に
繋がっています

あとは動かしすぎて処理落ちしたのでAメロと残りと分けて
作成してWMMでくっつけました^^;
途中のクチパクはフレームレートの問題で歌わせると違和感
バリバリなので語ってもらいました。
「大好きですよ」と「愛してる」を意識してます^^*

ちなみに使用したオブジェクトは107個
クリップ36個でした。

▲TOP