関連する動画

彼方へ【同詞異曲(制作)企画】【歌詞】

赤い花びら 舞う丘で
明るく笑う 君に出逢った
橙に溶ける 夕陽背に
ばいばいと笑い 手を振った

黄色い丸い 月を見上げて
気になり周り 見回して
緑が揺れる 森の小路に
ひとりでぽつり 立ち竦んだ

君の居ない夜は こんなにも深すぎて
帰り道を見失い 僕は不可思議で
だけど進もう 帰れないなら
ずっと遠く 彼方まで


青い水面に 影を視て
会おうと決めて 君を探した
藍色に染まる 宵闇に
愛なんて言葉 思ってた

紫淡く 空に滲んで
胸先辺り からっぽで
無限の色が 目覚める中で
夢幻の残滓 取り零した

君の居ない朝は こんなにも寄る辺なく
想う人を見失い 僕はやるせなく
だけど進もう 求めてるから
ずっと遠く 彼方まで


空に架かる雨の弓 越えたその向こう
僕の願い叶ったら 君に出逢えたら
だから進もう 悪足掻きかな
きっと届く 彼方(あなた)まで


 * * * * *

あかいはなびら まうおかで
あかるくわらう きみにであった
だいだいにとける ゆうひせに
ばいばいとわらい てをふった

きいろいまるい つきをみあげて
きになりまわり みまわして
みどりがゆれる もりのこみちに
ひとりでぽつり たちすくんだ

きみのいないよるは こんなにもふかすぎて
かえりみちをみうしない ぼくはふかしぎで
だけどすすもう かえれないなら
ずっととおく かなたまで


あおいみなもに かげをみて
あおうときめて きみをさがした
あいいろにそまる よいやみに
あいなんてことば おもってた

むらさきあわく そらににじんで
むなさきあたり からっぽで
むげんのいろが めざめるなかで
むげんのざんし とりこぼした

きみのいないあさは こんなにもよるべなく
おもうひとをみうしない ぼくはやるせなく
だけどすすもう もとめてるから
ずっととおく かなたまで


そらにかかるあめのゆみ こえたそのむこう
ぼくのねがいかなったら きみにであえたら
だからすすもう わるあがきかな
きっととどく あなたまで

▲TOP