関連する動画

心傷ラストナイト 歌詞(作詞:あるにあ様)12/31一部修正

揺るぎない床のかたさや 残した不忠のヒエラルキー
小さな声でつづった希望と 砂の上で冒険した

時はすぐに吹き過ぎて つまってはまた考えた
みんなで交わした朝の言葉が おぼろな夢を磨いていった

挑んで負けた夕暮れも 暑さで消えた君の影も
両手を顔に当てて考えた 今日も 昨日の名残を追いかけて

探り合って思いついて すきま風と逃げ出した
「あの日に戻ったりできないかな」 また今日も考えて
末枯れる 消えてゆく 一人ぼっちの君の影
口とがらせては飲み込んだ「どうしようもないな」

今日を閉じた あの青空は 「どこに続くの?」「君に届くの?」
雲になぞった この心傷 「どこに続くの?」「君に届くの?」

思い出して へこむ今日が 君の望んでいた自由なの?
「ちがう」「そうじゃない」とつぶやいて 嘆くのやめにしよう
この太陽も広い世界も 全部「いらない」となげうって
この気持ちこの思いを君のとこ 届けに行くのです

交わしあって 頷きあって 壁のなかへと飛び込んだ
死んでも腐ったりしないように 君にあって伝えよう
暮れてゆく見えなくなる 1人足りない現実に
口尖らせて飲み込まず 君と明日を変えていこう 君と明日を生きていこう

▲TOP