関連する動画

それは12月のこと…

 愛(めぐみ)は初音鉄道の葱畑駅近くの会社に入社2年目で購買を担当とし
ている事務員です。会社帰りには経理担当の衣亜と駅前のタコルカフェ葱畑店
2階の窓際の席で駅前の雑踏を見ながらカフェラテを飲む事が多いです。
 葱畑駅は初鉄の駅の中では駅前のイルミネーションがきれいなので有名で、
大きなモミの木があって巨大クリスマスツリーが特に有名でした。それは12月
20日水曜日の事…
衣亜「なんかメグ、ニヤケてるぅ」
愛「あの子男の子かなぁ、女の子かなぁ、去年も居たけど、あの、募金箱持っ
てる子さぁ、衣亜に似てない?」
「ニヤケてるって、あたしショタコンじゃないよ!でもなんか可愛いなぁ」
衣亜「どれどれ」
 衣亜が見ると、愛の言っている場所には大きなクリスマスツリーが飾って有
って、そこにはそのような子は居ません。軽い近視でハッキリとは判らなかっ
たのでその場は相槌を打って誤魔化していました。二人の会社は年末決算だっ
たので、決算期で事務員は忙しく、疲れて帰る時に聴くその子の「ご協力おね
がいします!」の声は冬の澄んだ空気よりももっとさらに澄んだ、冬の空より
も高い声に
癒される日々でした。
21日木曜日。
 その日は残業で、衣亜とは時間が合わなかったのでタコルカフェには寄りま
せんでした。募金しようと小銭を幾つか握ってその子に近づこうとすると、駅
の方からの大勢の人並みに押し戻されて近づくことができず、駅前広場の反対
側にあるタコルカフェの前を通って帰りました。
22日金曜日。
 その日の帰りも衣亜とは別々でした。その日も募金しようとして近寄ったの
ですが、突然の前からの風で顔をそむけている間に居なくなってしまい、そこ
にはクリスマスツリーが仕方なくタコルカフェに寄って帰ることに、そこには
すでに衣亜が居ました。
 衣亜「あれ、ちょっとなんか寂しそう、例のショタの事かな?」
 愛「いくらなんでも中学生に惚れたりしないでしょう!男の子か女の子か判
んないし!それにあたしショタコンなんかじゃないもん!」
 翌23日は天皇誕生日で、土曜なので会社はお休み
24日日曜日
 衣亜の仕事である棚卸の準備めが終わらず休日出勤、愛も駆り出される事に。
朝にはタコルカフェで人気のツナサンドをお昼用に買って出勤、帰りにもタコ
ルカフェに寄りました。クリスマスイブで町の人出は多くプレゼントを抱えた
人が行き交います。
 愛が窓からぼんやり見ていると、その子の向こう側に有ったイルミネーショ
ンが透けて見えるような気がしました。暫くして、駅に向かって走って居る中
年男性がその子とぶつかりそうになったのですが、なんと、すり抜けてしまっ
たように見え、目を丸くしていると、衣亜が目の前に手をかざして、
「モシモシ、モシモシ」「メグどうしたの大丈夫?」
 そして愛は思ったんですが、5年前の12月23日に知り合いに合う為に葱畑駅
に来た時に募金した事が有って、その時と殆どその子は変わって居ませんでし
た。その当時も中学生の様に見えました。その時愛はまだ高校生。
いくらなんでも成長してないのはおかしいなぁと…
25日月曜日
 帰りに二人でタコルカフェに、その日からその子は駅前には居ませんでした、
お会計の時に、浅川店長に「あそこで募金やってた子って昨日までだったのか
なぁ?」って聞くと、「見た事無いんだけど、そんな事他の人からも聞いた事
有ったなぁ。」
26日火曜日、
 この日も衣亜とタコルカフェに、そうすると浅川店長がやって来て、
「メグちゃんさぁ、このお店の屋根の軒下にライブカメラが有るの知ってるよ
ねぇ、防犯を兼ねて一週間分を録画してあるんだけどね、気になったのでメグ
ちゃんが来た22日とイブの映像を見てみたんだけどね、動画はお見せできない
んだけど静止画像なら良いかなぁと思って、コレが22日とコレがイブ、」
 プリントアウトされた画像のカフェのすぐ前を指さして、
「コレ、メグちゃんが帰るところだよね。」そして、その子が居た場所を指さ
して、「ここにはクリスマスツリーしか映って無いんだけど」愛が驚いている
と、隣の席に由香里と順子がやってきました。
 由香里は衣亜の高校の3年間の同級生、順子は3年生になった時に仙台から
引っ越してきた同級生で、ともに葱畑駅の近くに住んでいました。
そして話に入って来て…
 由香里「私も“出る”って聞いた事が有るんだけど、5年前のイブの日夜の
7時頃だと思ったんだけど、駅前は駐停車禁止なんだけど、停車して彼女を迎
えに来ていた男の人が居てね、彼女はすぐに来たんだけど、バックで誤発進し
て人混みに突っ込んじゃったのね、それで植樹帯にぶつかって止まったんだけ
どね、小さいモミの木を一本倒しちゃったのね、それで死者は出なかったんだ
けど7人怪我して、そのうち6人は軽症で済んだんだけど1人重体だったのね、
その重体の1人が誰かは判らないんだけど、死んだって話は聞いて居ないから
まだ生きてると思うんだけど、」
 順子「私も引っ越して来て1年以内の事だったんでよく覚えてるんだけど、
たしかテレビのニュースにもなってたよね、翌日の朝刊にも大きく出てた。そ
の翌年からクリスマス近くになると“出るらしい”って噂がよく有るのよね。
そういえばタコルカフェが出来たのって3年前だよね。」
 浅川店長「そうそう、葱畑店が出来たのは3年前でその時から店長やってる
んだけどその事は知らなかった」
 由香里「それでね、その当時の市長さんが碑のようなのは大げさなので作り
たくないんだけど、
事故を風化させないためになにかしようって事になって、市議会の賛同も有っ
て、それでクリスマスイブ
だったって事も有ったので翌年の春に大きなモミの木を植樹したのがアレなの
ね、」由香里は駅前の大きなモミの木を指さして、「それからそのモミの木を
利用して毎年大きなクリスマスツリーにして、駅前に綺麗な電飾をするように
なって、電飾で話題の街になったのね。」
そして翌年以後、愛がそのような光景を目にすることは無くなりました。

【ONE】lien【オリジナル】
from ニコニコ動画

薄氷

振り返るとあなたがいた
そんな日々が当たり前と思っていた
痛いほど幼すぎた私
0:52
いつからか甘えすぎていたんだ
我侭に生きてきた私への罰と
知っているけれど
1:03
困った顔して微笑んでいたあの頃は
そんなに遠い日のことじゃないはずなのに
1:14
誰のせいでもない
自分だけ守ってた
1:22
私のせいで傷つけ続けてた
他人(ひと)の傷が見えるわけでもないのに
「これぐらい」なんて勝手に決め付けてた
笑いながら
1:45
あなたと私の間に薄い氷の壁
脆い筈なのにどうして砕けない
消し去れない

降り積もる真っ白な雪の華が全て覆い尽くして
くれたなら届かない距離を感じる事もないのに今更な寄る辺無き想い

何時からか気づいてしまった
あんな日々が夢だったのかと思うくらい
包み込む空気が変わってた

いつまでも甘え続けていたんだ
我侭に生きている私さえ許す
優しさにずっと

困った顔して微笑んでいたあの頃は
そんなに遠い日のことじゃないはずなのに

誰のせいでもない
自分だけ守ってた

私のせいで傷つけ続けてた
いつの間にか伸ばした手が指が声が
酷く冷めた何かに阻まれ
零れ落ちる

あなたと私の間に薄い氷の壁
ほんの一枚なのにどうしてこんなにも
届かないのか

動き続ける時間を巻き戻すことなど出来ず
それでも雪に残した足跡を見つめ後戻りして過去(かたち)を変えたい

あなたと私の間に薄い氷の壁
脆い筈なのにどうして砕けない
消し去れない

降り積もる真っ白な雪の華が全て
溶ける頃何もかも無かったように笑い合えたのなら
遅すぎた告白

あなたと私の間の薄い氷の壁
いつか春が来たら溶けてくれるのかな
そんなはず無いね

降り積もる真っ白な雪の華が全て覆い尽くして
くれたなら届かない距離を感じる事もないのに今更な寄る辺無き想い

あなたがいたなら

とても酷い夢 誰もが笑うの
あなたが何処にもいないっていうのに

硝子濡らした 雨が上がっても
私に青空二度と来ない

時が流れ あなたの輪郭(かお)
霞んでいくのが怖くて

目の前の未来(ドア)を全て閉じた

会いたいよ
ただ会いたいよ
あなたの光が世界中を探してもなくて
置き去りの残り火だけ行き場無いまま
彷徨うよう乱反射して
涙が邪魔して進めない私を
しかりに来て欲しい…

朝と夕日が 混じりあう頃
あなたに会えると言ったのは誰

ウソと知っても 滑稽だとしても
私に神様どうか奇跡を

跪き祈る 叶わないなら
いっそ石像(いし)にしてくれたら

足搔く鼓動も消し去れるのに

会いたいよ
ねえ会いたいよ
最後の我侭そう誓える心から誓う
銀色に輝いた海が映した
すぐに消えるあの虹のよう
終わる為だけに生きている私を
呆れながら笑って…

あなたが消える日に私も消える

あなたが消える日に私も消える

あなたが消える日に私も消える

そんなモノになりたかった

時が流れ あなたの輪郭(かお)
霞んでいくのが怖くて

あなたがいたら いてくれたなら

会いたいよ
ただ会いたいよ
あなたの光が世界中探してもなくて
置き去りの残り火だけ行き場無いまま
彷徨うよう乱反射して
涙が邪魔して進めない私を
しかりに来て欲しい…

KEY WORD

The mystery which only you solve
あなただけを待ち続ける
世界に一つだけの
でもありふれてるkeyword

手段を選ばないで
欲しいものは全て
手に入れてきたんだよ
そう今までは…

計算出来ない 何で?
駆け引きなんてもっと
価値観崩されていく
何気ない笑顔ひとつに

心なんてもう制御不能
どうしようもなく揺れていく
それでもたったひとつ言えないままいる

The mystery which only you solve
あなただけを待ち続ける
世界に一つだけの
でもありふれてるkeyword

1・2・3・4(ワンツースリーフォー)深呼吸して
あなたへの言葉探してる
ほんとの私不器用だった
この気持ちはねまだまだ内緒

こんな自分だけれど
あなたの前でなら
素直になれそうだよ
そうこれからは…

些細な事がね 何故か
こんな嬉しくなって
心解けていくよう
君は気付いているのかな

君の本音は理解不能
限りないほどに透明で
真っ直ぐなその瞳胸の内読めず

Can't stop loving you
あなただけを見つめている
私だけに教えて
その心を映すkeyword

The mystery which only you solve
あなただけを待ち続ける
この心開くのは
ただありふれてるkeyword

1・2・3・4(ワンツースリーフォー)深呼吸して
あなたへの言葉探してる
ほんとの私不器用だった
この気持ちはねまだまだ内緒

Tear's Rain

街燈照らされた影は酷く
歪んで見えた

誰に解るだろう
雑踏の中を今横切る人の行き先を

理想追うほどに迷子になる気がした
一体どれだけの強さ身につけたのなら
世界は変えられるの?

頬を濡らした雨もそのまま
向かい風を駆け抜ける
未熟なことを言い訳にして
噓に甘えないよ
届かぬ夢にも全てかけることできたのならば
いつかこの涙
花になるでしょう

ビル街隙間から覗く月は
寂し過ぎた

誰も顧みる
ことない光を今遮るよう雨が降り出す

靴底が磨り減っていったとしても今更
新しい靴なんて履けはしないよ
雨粒を蹴散らすよう走る

膝を抱えて暗い部屋で
悲しみの涙流すより
欲しいのはただ逃げ出さなかった
確かな記憶だけ
唇かみ締め悔しさを堪え続けていたこと
雨が降る度に
思い出すでしょう

頬を濡らした雨もそのまま
向かい風を駆け抜ける
未熟なことを言い訳にして
噓に甘えないよ
届かぬ夢にも全てかけることできたのならば
雨も涙もそう
花になるでしょう

がいとぉてらされたかげはひどく
ゆがんでみえた

だれにわかるだろぅ(orろぉ)
ざあとうのなかをいまよこぎるひとのゆきさきを

りそうおうほどにまいごおになるきがした
いったいどれだけのつよさみにつけたのおなら
せかいはかえられるの

ほほをぬらしたあめもそのまま
むかいかぜをかけぬける
みじゅくなことをいいわけにしぃて
うそにあまえないよ
とどかぬゆめにもすべてかけることできたのならあば
いつかこのなみいだ
はなになるでしょう

びるがいすきまからのぞくつきは
さびしすぎた

だれもかえりみる
ことないひかりをいまさえぎるようにあめがふりだす

くつぞこがすりへっていったとしてえもいまさら
あたらしいくつなんてはけはしないよ
あまつぶをけちらすようはしる

ひざをかかえてくらいへやで
かなしみのなみだながすより
ほしいのはただにげださなかった
たしかなきおくだけ
くちびるかみしめくやしさをこらえつづけていたこと
あめがふるたびいに
おもいだすでしょう

ほほをぬらしたあめもそのまま
むかいかぜをかけぬける
みじゅくなことをいいわけにしぃて
うそにあまえないよ
とどかぬゆめにもすべてかけることできたのならあば
あめもなみだもそぅ(orそぉ)
はなになるでしょう

▲TOP