ナノウさん

初音ミクでオリジナル曲を作っています。たまに歌ってます。

関連する動画

文学少年

ソファに背を預けて、文庫本を開いた。
『恥の多い生涯を送って来ました。』
その一文から始まる小説。忘れられない一文。
ページを捲っていくと、一枚、紙が落ちた。
昔、挟んでおいた栞。
一緒に様々な世界を旅してきた紙切れ。
どこかに行ってしまったと思っていたが、ここにあったのか。
それを拾って、少し見つめる。


電車の音が、外から聞こえた。


人の足音。
アナウンスの声。
長い行列。
足を進めていると、白い財布が落ちていた。
誰のだろう?
持ち主は探しているだろうか?
それとも、気付いていないのだろうか?
手を伸ばそうとして、後ろからの衝撃を感じた。
冷ややかな目が、見下ろしている。
すぐに手を引っ込めて、長い列の最後に並んだ。
小さな財布は、そのまま取り残される。
ホームに滑り込む電車。
甲高いブレーキ音。
流れる人ごみ。
押されたのか、自分の意思なのか分からないまま、空だった電車に押し込められる。
背後から、小さな舌打ちが聞こえた。
発車のベルが鳴る。
近くのつり革に手を伸ばして、冷たいそれを掴んだ。
動き出した窓の外で、小さな女の子が泣いている。
その横を、黒い人が通りすぎていく。
どうして泣いているんだろう。
僕には関係のないことだけど。
電車が揺れて、人ごみと共鳴する。
つり革を掴んだまま、そっと目を閉じた。
いっそのこと、このまま終点まで行ってしまいたい。
誰も知らない場所へ、行ってしまいたい。
何もかも全て、投げ出してしまいたい。
そんな感情を封じ込めるように。


目を開けると、本は閉じていた。
裏表紙に、自分とは違う名前。
そういえば、この本は誰かにもらったものだった。
すっかりそんな事は忘れていたけれど。


「ボクの好きな小説家。キミも読みなよ」
差し出された本を何気なく受け取って、そのまま貰う形になった。
帰り道の電車の中。大勢、人がいるのに独りな僕は、何となくその本を開く。
嘘ばかりついて過ごしていた、といった作者は、随分前に自殺し人だから、暗い奴だったんだろうなと、一人鼻で笑ったんだ。


暗いなか、座席に座った一人の少年が本を読む。
俺はそれを見つめてただ、あの一文を口にした。
「恥の多い人生でした」
開かれた本は、紛れもなく俺のと同じもの。
ゆっくりと顔を上げた少年は、焦点のあわない目で呟いた。
「ボクハ イツカドコカデ 死ンデシマウノデショウカ」
抑揚のない声は、俺の心に深く沈んでいった。
誰もいない電車の中、俺と少年はただ向かいあう。
同じ本を持って、同じページを開いて、同じ栞を挟んだ。


無機質な音が鳴り響く。
どうやら本を読みながら寝ていたらしい。
おかしな夢を見た気がする。
あまり覚えていないけど。
床に落ちていた本を拾って、元あった位置に戻すために立ち上がった。
棚に並んだたくさんの作家の中に、その本を戻す。
誰にも呼ばれなくなった俺の名前を、小さく呟いてみた。
アナタと同じ名前だけれど、僕はアナタのようにはなれないよ。
どんなに嘘をついたって、どんなに恥が多くたって、僕はアナタのようになれない。
僕はただ、アナタの本を読むだけの人間だから。
急に寂しくなってきて、独りの空間が悲しくて、僕はもう一冊手に取った。

▲TOP