関連する動画

神様あるペジオ

【原文】

隔離 巣窟 聞く耳持たずの パラダイス目指した矢先

在庫確認 経験不足で 返り討ち 作戦敗れ

予算繰越 底なし沼から 飛び出した巧みな仕掛け

知らぬフリして サンプル解析 ダイレクト通信コード


響いた歓声 日々居た安定 ヒビ入る関係

速度制限 監視体制 サイレン


さぁさぁ 神様 私のネガイ 叶えてくれませんか?

相当   神様 意地悪だけど 誰より信じてるよ

ねーねー 神様 ネガイを込めて 星空 眺めてみる 

早々   叶わぬ ネガイだけれど 一生で一度限り



剥離 洞窟 世間も知らずに 夢の先コンパス向けて

飛沫感染 栄養不足で パラダイム 押し付けられた

指をくわえて 見ているだけでは カンチガイ多発のカオス

ネオンカラーと くすんだパステル 若者の流行りと廃り


響いた革命 日々居た回転 ヒビ入る回線

既成観念 因果応報 ユニゾン


さぁさぁ 神様 私のネガイ 叶えてくれませんか?

まぁまぁ 神様 意地を張らずに 手を差し伸べて欲しい

ねーねー 神様 ネガイを込めて 流れる星探して

So So   何でも するから聞いて 一生で一度でいい



響いた限界 日々居た現在 ヒビ入る限定

古今東西 管理体制 アイコン


さぁさぁ 神様 私のネガイ 叶えてくれませんか?

ねーねー 神様 こんなお願い 一瞬で叶えてよね

とうとう 神様 最後のネガイ 助けてくれませんか?

No No   神様 プライド捨てて 一生で一度だから


『これが 人生最後のお願い!』 行き詰まり 嘆いて悩め 

違う 足跡 残したもん勝ち すべては自分で決めろよ!  

早々肥えろ! そこで吼えろ! 想像超えろ! そこを越えろ!

ここは 人生最期の楽園 行き止まり それでも進め 

一度 止まれば 時間が過ぎゆく ゴールは 自分で決めろよ!

早々肥えろ! そこで吼えろ! 想像超えろ! そこを越えろ!




【ひらがなVer.】

かくり そうくつ きくみみもたずの ぱらだいす めざしたやさき

ざいこかくにん けいけんぶそくで かえりうち さくせんやぶれ

よさんくりこし そこなしぬまから とびだした たくみなしかけ

しらぬふりして さんぷるかいせき だいれくと つうしんこーど


ひびいたかんせい ひびいたあんてい ひびいるかんけい

そくどせいげん かんしたいせい さいれん


さぁさぁ かみさま わたしのねがい かなえてくれませんか?

そうとう かみさま いじわるだけど だれよりしんじてるよ

ねーねー かみさま ねがいをこめて ほしぞらながめてみる

そうそう かなわぬ ねがいだけれど いっしょうでいちどかぎり



はくり どうくつ せけんもしらずに ゆめのさき こんぱすむけて

ひまつかんせん えいようぶそくで ぱらだいむ おしつけられた

ゆびをくわえて みているだけでは かんちがい たはつのかおす

ねおんからーとくすんだぱすてる わかものの はやりとすたり


ひびいたかくめい ひびいたかいてん ひびいるかいせん

きせいかんねん いんがおうほう ゆにぞん


さぁさぁ かみさま わたしのねがい かなえてくれませんか

まぁまぁ かみさま いじをはらずに てをさしのべてほしい

ねーねー かみさま ねがいをこめて ながれるほしさがして

そーそー なんでも するからきいて いっしょうでいちどでいい



ひびいたげんかい ひびいたげんざい ひびいるげんてい

ここんとうざい かんりたいせい あいこん


さぁさぁ かみさま わたしのねがい かなえてくれませんか

ねーねー かみさま こんなおねがい いっしゅんでかなえてよね

とうとう かみさま さいごのねがい たすけてくれませんか

のーのー かみさま ぷらいどすてて いっしょうでいちどだから


これがじんせいさいごのおねがい いきづまり なげいてなやめ

ちがうあしあと のこしたもんがち すべてはじぶんできめろよ

そうそうこえろ そこでほえろ そうぞうこえろ そこをこえろ


ここはじんせいさいごのらくえん いきどまり それでもすすめ

いちどとまれば じかんがすきゆく ごーるはじぶんできめろよ

そうそうこえろ そこでほえろ そうぞうこえろ そこをこえろ

bitter

レン:一輪の薔薇など要らないから 思うまま その音楽に合わせて 

   心ごと動かすその瞳に 奪われたまま 踏み鳴らしたステップ
   
レンリン:ただそれだけで今は良かった 後ろめたい気持ち振り払う
     
(サビ) 見つめるだけで 何も聞かない 何も言わない それでいいよ 
     
     夜が更けて 朝を迎えるまでならば

     見つめるだけで 互いの気持ち 分かり合えると 信じていた 

     言葉なんて 必要ないと知る…

リン:シャンデリアに映る月の影が やけに脳裏かすめて身を焦がしてく

   見えているはずの貴方がまるで 仮面をかぶっているようだった

リンレン:ただそれだけで今は良かった 後ろめたい気持ち振り払う

(サビ) 見つめるだけで 何も聞かない 何も言わない それでいいわ 
     
     夜が更けて 朝を迎えるまでならば

     見つめるだけで 互いの気持ち 分かり合えると 信じていた 

     愛の言葉 心に閉まったまま…


レンリン:気持ちのない愛の囁き 繰り返しては泣かせた女性(ひと)…  

(サビ):見つめるだけで 何も聞かない 何も言わない それでいいの 
     
     夜が更けて 朝を迎えるまでならば

     見つめるだけで 互いの気持ち 分かり合えると 信じていた 

     ほろ苦くて 切ない夜は去る…

▲TOP