ぽんじりさん

イラストのボカロ動画以外での使用はご遠慮下さい。

関連する動画

【動画完成】 ブルーエッグ幻想曲 【アペンドLIGHT】

三月うさぎが夢に出て 籠を片手に卵探し
お茶の時間に間に合うよう 繁みの中駆け回ってる

おやつの主役はカスタード 
タルト プディング シュークリーム
焼き立てキッシュも色を添え
いただきます! で目を覚ました朝

そう世の中都合よく いかないものです
美味しいことばかりじゃ そのうち感動さえも忘れてしまうでしょ

未来はまだ殻の中 やがて生まれて来る日まで
腕を広げ寝転べば 響く鼓動幻想曲


卵を立てたら冒険家 最初の一歩が難しい
西へ東へ進む先を 決めかねいつも迷っている
星を探せば曇り空で 灯台守は居眠り中
転がる卵を追いかけて 沈みゆく船から飛び出せるか

ただひとつのものならば 無くしちゃいけない 
落っこちて壊れたら 泣いたってもう同じ形には戻せない

想いはまだ空遠く 背中合わせの君のもと
腕を広げ抱きしめた 蒼く染まる幻想曲


私はまだ殻の中 どんな姿も望むまま
傷跡さえ誇らしく 声を上げて 生まれ変わるその日まで

未来はまだ夢の中 ひとりの君に触れたくて
腕を広げ抱きしめた 宇宙に浮かぶ卵ごと

響く鼓動 抱きしめた

殻を満たす幻想曲


A
さんがつうさぎがゆめにでて かごをかたてにたまごさがし
おちゃのじかんにまにあうよう しげみのなかかけまわってる
おやつのしゅやくはかすたーど たるとぷでぃんぐしゅーくりーむ
やきたてきっしゅもいろをそえ いただきますでめをさましたあさ

B
そうよのなかつごうよく いかないものです
おいしいことばかりじゃ そのうちかんどうさえもわすれてしまうでしょ

サビ
みらいはまだからのなか やがてうまれてくるひまで
うでをひろげねころべば ひびくこどうふぁんたじあ

A
たまごをたてたらぼうけんか さいしょのいっぽがむずかしい
にしへひがしへすすむさきを きめかねいつもまよっている
ほしをさがせばくもりぞらで とうだいもりはいねむりちゅう
ころがるたまごをおいかけて しずみゆくふねからとびだせるか

B
ただひとつのものならば なくしちゃいけない
おっこちてこわれたら ないたってもうおなじかたちにはもどせない

サビ
おもいはまだそらとおく せなかあわせのきみのもと
うでをひろげだきしめた あおくそまるふぁんたじあ

サビ
わたしはまだからのなか どんなすがたものぞむまま
きずあとさえほこらしく こえをあげて うまれかわるそのひまで

サビ
みらいはまだゆめのなか ひとりのきみにふれたくて
うでをひろげだきしめた そらにうかぶせかいごと

ひびくこどうだきしめた

からをみたすふぁんたじあ

原罪と未来のジレンマ  【コラボ作】 ☆

【 原 罪 と 未 来 の ジ レ ン マ 】




明けてゆく 星空に
激しく心を揺るがす 風が舞う
人はみな いつの日か
旅立つ運命(さだめ)にあること 告げるように


出口のない砂漠を 〔行くあても知らないで〕
さまよい続けた 〔あの日から〕
蜃気楼の彼方に 見えたのは〔消えたのは〕
夢か現(うつつ)か 遠い憧れか……


少女の時は過ぎて 痛みの理由を知って
理想と現実のジレンマに 心 奪われても
気高く咲き誇れよ 名もなき蒼き薔薇よ
時を越え 絆を繋ぐよう その命の限りまで




今はまだ わからない
明日の向こうには 何が あるのかも
人はみな だからこそ
互いの欠片(かけら)を求めて 歩き出す


いくつの夜を越えて 〔巡りあった二人の〕
重ねあう想い 〔愛しさを〕
切なく くるおしく 抱きしめた〔抱きしめた〕
36.5度の情熱


少年よ 君は今 真の愛を知って
希望と絶望の狭間へと 明日に迷いながら
果てなき旅路を行く 名もなき戦士たちよ
楽園を追われた罪と罰を その背中に刻まれて





少女の時は過ぎて 少年の日は去って
それでも消せない 証しがあるから


夢見る時を過ぎて 涙のわけを知って
理想と現実のジレンマに 心 砕かれても
果てなき旅路を行け 名もなき戦士たちよ
希望と絶望の狭間へと その命の限りまで

▲TOP