関連する動画

farewell [巡音ルカ][初音ミク]

(1番)
(Aメロ)
舞い降りる粉雪の空
あの時と同じこの通り道

温かな手のぬくもりが
私の記憶に残る

イミシンなあなたの言葉
いつまでもささる棘(とげ)のように

"メグリアイ"
そんな言葉が
心に浮かんだ日々
(Bメロ)
無邪気なあなたの
優しさは
私のためだけと思ってた

予感の鐘の音に
私の心揺れ動いて
(サビ)
降り積もる雪
舞い上げてゆくような
心を刺す北風に

あたためた想い
凍り付いてくのを
あなたの想い出で
融かして

向かい風に
立ち向かってゆく
心だけが負けないよう

雪融けの向こうに
春がやってくる
それを信じ歩き出す

(2番)
(Aメロ)
結末は枯葉の季節
秋の終わりの
紅葉(もみじ)の並木で

"スレチガイ"
そんな言葉が
浮かんでは消えてた時

(Bメロ)
あなたの冷たい言葉だけが
硝子(ガラス)の心を切り裂いてゆく

あなたの心には
わたしの姿映らないの?

(サビ)
今流れてる
ラジオの歌声に
想い出が蘇ってく

あなたのつけた
消えることのない傷が
私の心しばりつけた

今離れてく あなたの心を
引き止めること出来なくて

涙は見せずに笑顔でさようなら
もう振り返ることなく

(間奏)

(サビ)
今思い出す温めた想い
もう戻ることも出来ない

過ぎ去ってく季節に残した記憶
棘(とげ)のように刺さり続ける

今離れてく あなたの心を
引き止めること出来なくて

涙は見せずに笑顔でさようなら
もう振り返ることなく

向かい風にくじけそうな日々
でも私は振り向かない

風に折れない野生の花のように
心が折れてしまわぬように

風の強さにくじけそうな日々
でも私は振り向かない

雪融けの向こうの季節を信じて
今私は歩き出す

wave memories of last summer[初音ミク]

はじける ひざしと
はじける 波しぶき
夏休みの 終わりは

あふれる 気持ちが
きらきら 輝くよ
キミと私の想い出

初めて出会った季節は
夏の終わり 最後のホリデー

空の青さに さそわれて
潮の匂い 白い砂浜

海鳥の鳴き声 こだまする
強いひざし ふり注ぐ
遠くに見えた 島の灯台
波の音が 聞こえる

砂浜 駆けてく
連なる さざなみに
飛び跳ねる 魚たち
波打つ なぎさに
流れ着く やしの実
帽子飛ばすような潮風

はじける ひざしと
はじける 波しぶき
夏休みの 終わりは

あふれる 気持ちが
きらきら 輝くよ
キミと私の想い出

ねぇ キミは覚えているかな?
出逢ったとき かけた言葉を
「ステキな歌声だね」と 瞳を輝かせてた

星空のした ふたり語ったね
未来の夢 気持ちを

季節が過ぎ 夏が終わっても
きっとまた 逢えるよね

はじける ひざしと
はじける 波しぶき
夏休みの 終わりは

あふれる 気持ちが
きらきら 輝くよ
キミと私の想い出

浜辺の パラソル
波に さらわれて
時が過ぎても 忘れない

ときめく 気持ちは
今でも止まらずに いて欲しいよ 
キミとずっと

はじける ひざしと
はじける 波しぶき
夏休みが 終わっても

あふれる 気持ちが
きらきら 輝く日
キミと私の記念日

浜辺の パラソル
波に さらわれて
時が過ぎても 忘れないでね

ときめく 気持ちは
今でも止まらない
キミと私は永久(とわ)に

▲TOP