関連する動画

だんだんダーク / 巡音ルカ
from ニコニコ動画

だんだんダーク / 巡音ルカ

眠れないのは自分だけじゃないと知って
余計 眠れなくなった
居てはいけないところに迷い込んだような気がしていた
熱しやすく冷めやすく
そして傷つきやすく壊れやすく
蒙昧で狭量で矮小な自分が醜く見えた
だんだんダーク

幕が開いたら何かが終わる予感がして
ただただ怯えていた
確かに持っていたはずのそれはもう
既になくしたようだ
熱しやすく冷めやすく
そして傷つきやすく壊れやすく
高架下 走行音 降ってやまない
どうか 遥か彼方まで

嘘みたいに赤い 赤い 花びら
水面に咲いて
闇に似た黒い 黒い 叢雲
月を隠した
とかく人の世は住みにくいから
すれ違ってわだかまった心
掻きむしった
ラララ・・・

消えたいのは自分だけじゃないと知って
余計に消えたくなった
孤独の窓辺に浅く腰かけて
次の季節を待った
きっと きっと あの子もその子も世間擦れして変わっていく
曖昧で冗長で散漫な思考を遮る声は
間断なく

清濁 併されば濁 それはつまりエントロピー
静寂 過ぎ去れば邪悪に誰かが笑う影

嘘みたいに赤い 赤い 花びら
水面に咲いて
闇に似た黒い 黒い 叢雲
月を隠した
とかく人の世は住みにくいから
すれ違って
わだかまって
絡み合って
混ざり合って

嘘みたいに赤い 赤い 花びら
水面に咲いて
闇に似た黒い 黒い 叢雲
月を隠した
とかく人の世は住みにくいから
今宵もあなたを求めるのでしょう
とかく人の世は美しいけれど
無垢でいるのは少々
難しいらしい
ラララ・・・

FACELESS【巡音ルカ】
from ニコニコ動画

【動画投稿っ☆彡】ロマンティックイルミネーション

絡み付くこの悲しみは
君の長い髪のようだ
じわじわと締め付けられて
僕は深い闇に落ちる

ハサミに手を伸ばして
何も掴めず 空を切り
それでもまだ探している
幸福という光を

痛みの中でちらつくのは
君と見たイルミネーション
どうしてあの日 泣いていたの?
思い出を抱き寄せてみる

降り積もるこの空しさは
君の故郷(くに)の雪のようだ
女王は凍てついた目で
胸を深く刺して消えた

暖炉に手を伸ばして
何も掴めず 身を焦がし
それでもまだ求めている
優しさという温もり

痛みの中でちらつくのは
消えていくイルミネーション
どうして何も気付かないの?
思い出に責められている

痛みの中でちらつくのは
君と見たイルミネーション
どうしてあの日 泣いていたの?
思い出を抱き寄せてみる

リアルの中で感じるのは
灯り出すイルミネーション
どうして君はここにいるの?
あの頃の微笑みのまま


ボカロ流し込み用

からみつく このかなしみわ
きみの ながい かみのよおだ
じわじわと しめつけられて
ぼくわ ふかい やみにおちる

はさみに てをのばして
なにもつかめず くうをきり
それでもまだ さがしている
こおふくとゆう ひかりを

いたみのなかで ちらつくのわ
きみとみた いるみねーしょん
どおしてあのひ ないていたの
おもいでを だきよせてみる

ふりつもる このむなしさわ
きみの くにの ゆきのよおだ
じょーおーわ いてついためで
むねを ふかく さしてきえた

だんろに てをのばして
なにもつかめず みをこがし
それでもまだ もとめている
やさしさとゆう ぬくもり

いたみのなかで ちらつくのわ
きえてゆく いるみねーしょん
どおしてなにも きづかないの
おもいでに せめられている

いたみのなかで ちらつくのわ
きみとみた いるみねーしょん
どおしてあのひ ないていたの
おもいでを だきよせてみる

りあるのなかで かんじるのわ
ともりだす いるみねーしょん
どおしてきみわ ここにいるの
あのころの ほほえみのまま

▲TOP