関連する動画

WONDERER

あの木の下で 歌を歌おう
声を合わせて いつも二人で

  
窓辺から抜ける風 移りゆく季節感じて
急いだ 晴れた午後
いつもの道が いつもの街がさざめき立つ
君の待つ場所へ

ちょっとしたことが きっかけで 
一緒に泣き 笑い 喜び合うのさ 
これからもきっと 歌を歌うんだ

ほんの ほんの少し 近づいた
距離感が 少しもどかしくて うれしくて 

人と人の距離は曖昧だけど
どこ吹く風と君はそっと 笑ってくれた


空飛ぶ飛行機が 真っすぐに飛んでいく
ずっと どこまでも
ふわふわ浮かぶ気持ち 所在無さげな雲のように
つかみ損ねては消える

細い線の上を 歩いて
となり合う君の姿に僕は
手を重ね合わせて ギュッとつかむんだ

そっと そっと触れる こころには
鮮やかな思い 詰まってる 溢れてる
 
人と繋がっていく奇跡はちょっと
魔法のような光が そう 灯ってるのさ


数十億の中から起きた 巡り合わせは
かけがえのない物になる
友達も恋人も そんな偶然から
出会い別れ 紡がれたこの輝きを いつまでも


ほんの ほんの少し 近づいた
距離感が 少しもどかしくて うれしくて

そっと そっと触れる こころには
鮮やかな思い 詰まってる 溢れてる
 
人と繋がっていく奇跡はちょっと
魔法のような光が そう 灯ってるのさ

▲TOP