つこさん

ニコカラ動画(オリジナルの動画の上に歌詞を表示するもの)の制作はご遠慮ください。

関連する動画

◎ Good bye my-

この手を滑り落ちた橙
散らした陽だまりの匂い
陶酔 汚して暮れてくGoodbye

(Goodbye My-)じわじわと自由を奪う
(Goodbye My-)くつがえらない嘘を願う
(Goodbye My-)彼を見てるきみを見てた
みんな 夢なら

細い腕に絡むナイショバナシ
そっと抱きしめてた想いの重さ あの日のままさ
あぁ きっと華奢な肩は守られるためにある
だれかに

そっぽを向いたまぁるい瞳 映った影を
振り切って でもできなくて1人きりcrying
金木犀の色した記憶が視界のすみで
ゆらゆら揺れてる 未来はないって

切り揃えたブラウンの 髪弾ませ駆けてくきみは
「一度でいいから」なんてことを 夢心地に呟く
手のうち隠したぼくを 見ているようで見ていなくって
またそうやって笑うんだ

If allowed,I pull the trigger.
What it does kill and break ,I don't know yet.
Toward yourself,I pose a gun.
Goodbye My lie,love,life.

この細い腕に絡むナイショバナシ
そっと抱きしめてた想いの重さ きみと同じさ
あぁ きっと耳打ちしたら弾けて消えてしまう
―好きだよ

そっぽを向いたまぁるい瞳 映った影を
振り切って でもできなくて1人きりcrying
金木犀の色した記憶が視界のすみで
ゆらゆら揺れてる 未来はないってさ

あぁ ぎゅっと掴みたかったんだ その腕を
ぼくらは背中合わせのまま 季節は過ぎて
Goodbye My girl

金木犀が咲いてる

空の肖像 (そらのリトグラフ) 【歌詞応募作】 ☆

【空の肖像】(そらのリトグラフ)



忘れかけた 時のカケラ
独り 空に 腕を伸ばした

つかみかけて 消えていった
それは 夢の残像


焼けつく憧れ 少年の日の 
瞳に描いた未来
誰もが 失くして 初めて気づく
後悔ばかりの現在(いま)


こぼれそうな 灰色の空 殴りつけて
僕はまだ 幼い夢を 捨てきれない
その向こうに 求める何か あるはずだと
いつか 僕は誓った なあ?



明日へ続く 道は遠く
答えさえも 今は知らずに

僕はどこへ ゆくのだろう?
風に告げた衝動


現実知らずの 理想論だって
冷たく ヤツらは笑う
理屈じゃないんだ 離したくない
心に広がる「蒼」(あお)


こわれそうな 灰色の空 殴りつけて
食いしばった 涙の苦さ 叫んでいる
呼ぶがいいさ イカロスだろうと なじられても
そうさ 僕は行くんだ さあ……



こぼれそうな 灰色の空 殴りつけて
僕はまだ 幼い夢を 捨てきれない
その向こうに 求める何か あるはずだと
だから 僕は行くんだ さあ……!






【譜割のようなもの】
1音を・で区切ってあります。伸ばす音を長い音符に乗せてあるのがけっこうあります。


瞳に描いた未来  =ひ・と・み・に・え・が・い・た・み・らーい
冷たくヤツらは笑う=つ・め・た・く・や・つ・ら・わ・わ・らーう

理想論だって=り・そ・お・ろ・ん・だっ・て

こぼれそうな=こ・ぼ・れ・そー・な
その向こうに=そ・の・む・こー・に
こわれそうな=こ・わ・れ・そー・な
食いしばった=く・い・し・ばーっ・た
呼ぶがいいさ=よ・ぶ・が・いー・さ

イカロスだろうと=イ・カ・ロ・ス・だ・ろー・と

◎ honey,Good-bye honey


雨あがり晴れた 白いノイズ
その胸の 深いかさぶたも乾いたころ

開いた窓から見送る ひとり何処でも行ける
旅立ちなのに 泣いたりもして 手を振って

誕生日、身長、性格
きみとぼくの足し算 引き算
やさしさ、涙 かさねたのに
いつからかマイナスになって

きみのイメージは散らばって
ランダムにぼくを攻め立てる
だけどもう少しだけ このまま
夢見た未来 抱いたままでいさせて


雨のように濡れた 白い部屋で
おそろいを集めてた分の ふたりの跡

その手の温度を離して ぼくは笑えてたかな
ぬくもり足して 冷たさ消して 補って

特製のはちみつコーヒー
今度はひとりで飲んでみる
やわらかで甘いほほ笑みを
繰り返す夢を 見てばかり

同じエンド描くシナリオ
ちぎれて風に散っていった
泣き虫のきみを慰めた
ぼくの方が寂しがり屋だったんだね


one たったひとりの、ふたり
two 寄りそうこころ、ふたり
four とり合う手と手、ふたり

honey,Good-bye honey


誕生日、身長、性格
きみとぼくの足し算 引き算
すべてを消さず刻んだまま
踏み出そう それでもいいよね

きみの想い出は散らばって
きらきら瞬く星になれ
次の一歩 そこはプラス地点
いつかはそうして しあわせなラストになる。

◎ be


ため息は 空に白んで溶けた
嘘を吐いたら 泣きそうになった
机上の空論 恋愛至上
いっそ気の迷いならよかったのに

こっち向いて 呟いても
聞えないのに
繰り返したら 叶う気がして

期待なんか してないんだから
だからもう ほほ笑まないで
赤くなる頬に 迷いの影
本当は 知ってほしい

ぐるぐる渦巻く 乙女事情
跳ねる胸 気付かないふり
早く離して、と 嬉しい、の間
傾けて 天秤の上で

鍵をかけてる 秘密の温床
そう簡単に 開けられなくて
不幸で結構 膝を抱えた
何も知らぬあなたに 苛立つだけ

このセリフは リバーシブル
隠してばかり
「涙なんかは きみらしくない」

鏡を覗けば 想いの跡
何もかも 流れていけば
真っ白なままで 笑えるのに
わかってる 捨てられない

もつれる足元 解いてみてよ
鈍感な その手の上で
踏み出す勇気を くれるのなら
引きとめて 言葉の裏側

大嫌い、なんて 切り捨てれば
行き違い 過ぎていくのに
私はwanna be あがいている
出口まで 何光年

期待なんか してないんだから
だからもう ほほ笑まないで
赤くなる頬に 迷いの影
本当は ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおすき!

ぐるぐる渦巻く 乙女事情
跳ねる胸 気付かないふり
貫け衝動 息を裂けば
手よ届け 振り向く肩へと

▲TOP