虚客さん

ハードロック、メタルの作曲をして行きたいと思います。

関連する動画

anywhere

1A
鳴り響くは彼の時代
青き剣戟
歌うように朱き時流れ
眠る僕を撫でる風になる
記憶に滲む甘い声
いつも僕のしるべ

1B
誓い掲げた
旗の色褪せても
儚い横顔
忘れはしないよ

1S
弱いこの手でも
君へ捧ぐ冠を携え光へと
リンクしていくよ 強く
そして僕は跪く
栄えある君の御許へと


2A
迫る敵のない広い大地
それでも
この心の剣置けぬ時代
君の瞳 その涙追って
静かな唄を風に乗せ
「側にいる」と

2B
願い 祈りを
かける先は運命
何度別れても
次のリンクへと

2S
記憶手放した笑顔
時に我儘な淋しさよぎるけど
あの日 あの時代
君を恋うる歌に嘘はない
この時護り通したい


3A
鳴り響くはこの時代
君の歌声
僕の心抱きしめる奇跡
巡り合おう ただ生きて果てて
それでも
何度だって繋げるよ
このリンクを


【譜割り・()は一音分】

1A
なりひびくはかのじだい
あおきけんげき
うたうようにあかいときながれ
ねむるぼくを
なでるかぜになる
きおくににじむあまいこえ
いつもぼくのしるべ

1B
ちかいかかげたはたのいろ
あせても
はかないよこがおわすれはしないよ

1S
よわいこのてでも
きみへささぐかんむりをたずさえ
ひかりへと
りんくしていくよ つよく
そしてぼくはひざまずく
はえあるきみのみもとへと


2A
せまるてきのないひろいだいち
それでも
このこころのけんおけぬじだい
きみのひとみ そのなみだ(おっ)て
しずかなうたをかぜにのせ
そばにいると

2B
ねがい いのりを
かけるさきはうん(めい)
なんどわかれても
つぎのりんくへと

2S
きおく
てばなしたえがお
ときにわがままなさみしさ
よぎるけど
あのひ
あのじだい
きみをこうるうたに
うそはない
このとき
まもりとおしたい


3A
なりひびくはこのじだい
きみの
うたごえぼくのこころ
だきしめるきせき
めぐりあおうただいきてはてて
それでも
なんど(だっ)てつなげるよ
このりんくを
.

火蛇悋気

火蛇悋気


虚言(うそ)を寄越しなさんな 言い訳ばかりの
文を引き裂いても心は暴れる

恋は蜉蝣の如き命
紅い綴り紐を通す手 止めた

寒い冬を越せない 私は
土に抱かれ眠ろう 厭世…

墨流しの夜 潜む三十日月(みそかづき)
遂げぬ想い纏って
鳴かぬ蛍が身を焦がす
煙(けむ)に巻かれて息を止めるだけ


つまらぬ下世話な流言(うわさ)に飽いた
夜闇が手招き四辻へと誘う

波打つ水鏡を覗けば
映り込むその姿 『 真蛇 』

夜の静寂(しじま) 劈(つんざ)く鵺の声
千切った文燃やし
昇る煙は鬼狼煙(おにのろし)
丑三つ時に百鬼

散らす木の葉は濡れ紅葉
紅ク紅ク染まって
燃える相貌 この愛は
山一面を焼いた


墨流しの夜 潜む三十日月
遂げぬ想い纏って
鳴かぬ蛍が身を焦がし
その身 業火を喚ぶ

月も照らさぬ惨劇を
諌める涙雨
どこにも帰る場所も無い
私はもう醜い化け物


-------------------------------

かじゃらっき


うそをよこしなさんな いいわけばかりの
ふみをひきさいてもこころはあばれる

こいはかげろうのごときいのち
あかいつづりひもをとおすて とめた

さむいふゆをこせない わたしは
つちにいだかれねむろう えんせい…

すみながしのよ ひそむみそかづき
とげぬおもいまとって
なかぬほたるがみをこがす
けむにまかれていきをとめるだけ


つまらぬげせわなうわさにあいた
よやみがてまねきよつつじへとさそう

なみうつみずかがみをのぞけば
うつりこむそのすがた しんじゃ

よるのしじま つんざくぬえのこえ
ちぎったふみもやし
のぼるけむりはおにのろし
うしみつどきにひゃっき

ちらすこのははぬれもみじ
あかくあかくそまって
もえるそうぼう このあいは
やまいちめんをやいた


すみながしのよ ひそむみそかづき
とげぬおもいまとって
なかぬほたるがみをこがし
そのみ ごうかをよぶ

つきもてらさぬさんげきを
いさめるなみだあめ
どこにもかえるばしょもない
わたしはもうみにくいばけもの

▲TOP