関連する動画

黄昏の螺旋階段をのぼって

少しずつ変わってく
夕焼けの空をずっと眺めてた
穏やかで平穏な日々を望んでる
でも胸が痛い

幼い頃の
魔法の扉そこにあるのに開かない

黄昏の螺旋階段
どこまでものぼってゆけば
あの日に戻れるかな
置いてきた全てのものを
もう一度探しに行きたい
きっと見つけられるよ

例えるなら大人は
薄れていくのを見てるだけの虹
綺麗なものは一瞬 切なさ残して
すぐに消えるから

夢で見たあの
花の名前がどうしても思い出せない

黄昏の螺旋階段
どこまでものぼってゆけば
あの日に戻れるかな
忘れてしまった全部を
もう一度思い出したい
きっと覚えてるはず

過去と未来を行ったり来たり
少しずつでも進もう

黄昏の螺旋階段
どこまでものぼってゆけば
戻れるような気がした
傷つけた人達みんな
心でそっと謝るね
いつか許されるかな

これからも日々は続いて
大切なもの失くしても
いつでもそこにあるよ


[ひらがな]

すこしずつ かわってく
ゆうやけの そらを ずっとながめてた
おだやかで へいおんな ひびを のぞんでる
でも むねがいたい

おさないころの
まほうのとびら そこにあるのに あかない

たそがれの らせんかいだん
どこまでも のぼってゆけば
あのひに もどれるかな
おいてきた すべてのものを
もういちど さがしにいきたい
きっと みつけられるよ

たとえるなら おとなは
うすれていくのを みてるだけのにじ
きれいなものは いっしゅん せつなさのこして
すぐにきえるから

ゆめでみた あの
はなのなまえが どうしても おもいだせない

たそがれの らせんかいだん
どこまでも のぼってゆけば
あのひに もどれるかな
わすれてしまった ぜんぶを
もういちど おもいだしたい
きっと おぼえてるはず

かことみらいを いったりきたり
すこしずつでも すすもう

たそがれの らせんかいだん
どこまでも のぼってゆけば
もどれるような きがした
きずつけた ひとたち みんな
こころで そっと あやまるね
いつか ゆるされるかな

これからも ひびは つづいて
たいせつなもの なくしても
いつでも そこにあるよ

▲TOP