投稿作品

2015年版:聖ナナの素人でもわかる作詞講座~第9回~

最近、体重計に乗るのが怖くなった聖ナナです(汗)。
今回は「作詞家は多重人格がお好き!?」で書いていきましょうか!
「多重人格」と聞いてどんなイメージを思い出すでしょうか?「多重人格」が難しいなら「二重人格」でも構いません。大半の人は「二重人格」と聞いてあまりいいイメージを持たないと思います。「ジキルとハイド」みたいな連想をする人もいるでしょう。でも「人格」というのはその気になれば自由自在に変えることが出来るんですよ。あなたの周りにいませんか?男子と女子で振る舞い方が違う人・普段は大人しいのに好きなアーティストの話になると熱弁する人・普段は根暗っぽいけどコスプレするとキャラクターになりきる人・お酒が入ると性格が変わる人(未成年はお酒はダメですよ!)等々、何かをきっかけに別のスイッチが入ったかのように人格が変わるっていうことありませんか?
これを踏まえて「多重人格と作詞の関連性」について書いていきますね。分かり易いのは「アニメの声優」です。最近はアニメのジャンルも幅広くなって声優に求める要素が多くなりました。人間はもちろん、動物や空想上の生き物、ましてや物の気持ちを語るなんてこともあります。声優は代表的なキャラクターが定着しているケースが多いですが、芸達者な方は本当に芸達者です。
あと、アニメのテーマソング(主題歌)も幅広い要素が出て来たのも事実です。昔はアニメのタイトルが付いていて、魔法の呪文や必殺技なんかも歌詞の一部でした。今は大物アーティストが主題歌を担当することも少なくありません。人気アーティストは必ずアニソンを歌っていると断言できます。汚い話をすれば、それだけアニソンは儲かるジャンル「金の卵」なんです。またボーカロイドもそうなんですよね。ヒット曲が出ればすぐ注目されるわけですし・・・。純粋に作詞をしている方には申し訳ないのですが、こういう野望を持っている人間もいるんです。

閲覧数:82

2015/09/21 20:16

2015年版:聖ナナの素人でもわかる作詞講座~第4回~

聖ナナです。2年前に単行本化しようという大それた野望を持っていて・・・笑うしかない状態です(汗)
さて、今回は「0から歌詞を生み出すヒント」と題して書いていきますね。
・・・というわけで、今から歌詞を書いていきましょう!・・・って、いきなり言われても難しいですよね。作詞を抜きにしても「0から作品を生み出す作業」は本当に大変ですもの。
では、歌詞を書くための「材料」があったらどうでしょうか?何もない状態よりは作りやすくなるでしょう。その「材料」はどこにあるのか?9割以上は日常生活の中にあります。その中から作詞に必要なエッセンスを抽出して歌詞にまとめていくのです。意識せずに出来るようになれば、プロの道が開けてくるでしょう。
これを踏まえて、材料を探してみましょうか。1番分かり易いのは「自分のこと」。アナタの名前・年齢・身長・体重・髪型・靴のサイズといった身体的なこと、アナタの性格・将来の夢・好きな異性のタイプ・座右の銘といった精神的・哲学的なこと、アナタの家族・飼っているペット・友達・生まれた故郷・お気に入りの風景といった環境的なことまで、「自分自身」のことだけでもこれだけ挙がりました。より深く掘り下げれば、もっと出てくるでしょう。

閲覧数:76

2015/09/21 18:17

閲覧数:216

2015/09/19 18:48

閲覧数:35

2013/04/06 12:49

閲覧数:28

2013/04/05 19:38

閲覧数:35

2013/04/05 19:32

閲覧数:35

2013/01/28 12:30

閲覧数:49

2013/01/24 20:08

▲TOP