fkoshibaさん

趣味で、インスト曲を作ったり、詞に曲をつけたり、曲に詞をつけたりしています。

投稿作品

からくり時計と恋の話

 昼は太陽が長く短い影を、夜は月が細く真っ直ぐな光を、入り組んだ街の盤上で回し、針を持つ時計は、それらの動きを模してくるくると時を伝えます。
 お話の舞台となる部屋でも勿論、壁の柱に掛けられた時計は規則正しく務めていました。一日三度、日の出から日の入りまでの定まった刻に柔らかな音楽を奏で、文字盤の十二個の窓からは、小さな人形達が銘々の衣装で踊り出て、訪れたひとときを祝います。
 すっかり夜が更け、子供の居なくなった子供部屋。でもからくり時計の針先は、止まない時をなぞり続けます。そこに誰も居ないわけではありませんから。昼には見えない星のように、夜にはひょっとしたら私達にも、オモチャ達の瞳に灯る光を見る事が出来るのかもしれません。
 からくり時計を臨む木棚には、ゼンマイ仕掛けの人形がいくつも並べられています。そのいちばん端に座る、少年の格好をした痩せっぽちな人形は、いつもそこから時計を見つめていました。からくりが作動する際、長針が指して取り分け衆目を集める天辺の窓。それを映すプラスチックの瞳の奥は、日に日に光を増していました。どうした事か、ある時を境にその窓だけが、開かなくなってしまったからです。
 窓の向こう側にいる、苺の花のように愛らしい踊り子は、毎回つま先立ちでくるり舞う姿を披露していました。定時の約束として当たり前に繰り返されていた日常の欠落は、ゼンマイ人形の中にぽっかりとした隙間を作り、その隙間にはやがて、彼の単純な仕組のカラダとはちぐはぐな、複雑な構造のココロが嵌り込んだのでした。そして姿を見られない日が重なる程、彼は踊り子への気持ちを募らせていったのです。

閲覧数:1338

2013/04/12 18:35

閲覧数:5,614

2009/05/16 01:50

チビロボアイコン

閲覧数:1118

2008/09/23 03:01

チビロボがくぽ

閲覧数:1004

2008/08/23 20:12

閲覧数:3,771

2009/11/10 04:24

閲覧数:1,694

2008/06/21 15:15

閲覧数:4,492

2009/05/16 01:53

閲覧数:3,168

2009/05/16 01:51

閲覧数:2,909

2008/04/25 00:20

チビロボミク

閲覧数:1107

2008/03/25 01:40

チビロボKAITO

閲覧数:2116

2008/03/25 01:38

閲覧数:7,325

2008/03/04 17:53

閲覧数:3,106

2008/03/01 18:05

閲覧数:4,995

2008/02/02 16:37

閲覧数:5,754

2008/01/03 01:56

閲覧数:2,817

2007/12/29 19:01

昼KAITO、夜KAITO

閲覧数:2500

2007/12/24 22:44

閲覧数:5,880

2008/02/08 22:15

閲覧数:5,016

2007/12/11 18:01

閲覧数:11,658

2010/11/19 19:50

▲TOP