タグ「歌手音ピコ」の付いた投稿作品(7)

VOCALOID CODE [FILE1]

 インターネットという、情報の海の片隅にたたずむ仮想空間上の街、ゲキド街。その町のさらに片隅にあるゲキド中学校の、さらに片隅のミステリー研究部室。そこで副部長の鏡音レンは推理小説を熟読していた。
 最終下校時刻が迫り、帰宅部はもちろん文化部員もほぼ全員が下校している。熱心な一握りの運動部の掛け声が校庭からかすかに響いてくるのみで、部室は静寂に包まれている。レンはこの時間帯に一人で本を読むのが好きだ。中学二年生にしては枯れた趣味だと自分でも思うが、好きなものは仕方ない。
 天井からぶら下がったUFOの模型が斜陽を反射し、クー・クラックス・クランの覆面が今にも中の人間無しに動きだしそうな風で壁際に放置されているなど、事件・オカルト・怪奇・都市伝説などといった謎を総合的に取り扱うミステリー研究部ならではの気を散らす要素は多数あったが、それらとも二年間弱もの付き合い。レンにとってはすでに旧友のような存在になっている。
 誰かが忘れ物でもしたのか、ぱたぱたと廊下を走る足音。レンは聞くとはなしにその足音を聞いていた。――全く、騒がしいな。
 と、足音はレンのいる部室の前で立ち止まり、勢いよく部室のドアを開いた。

上尾つぐみさん

上尾つぐみさん

2011/01/30 22:19

▲TOP