タグ「ハルキスト」の付いた投稿作品(2)

【小説】アスカさんのこと

「下の名前は飛ぶ鳥で」とアスカさんは言ったけれど、僕は彼女の名前を残らずカタカナで書ききったのち出席簿を後ろへ回した。
 アスカさんは気づかない。僕を信用しきっているのだ。僕はこんなちょっとした悪戯にだっていつもばれた時の言い訳を考えているのに、それが披露されたことは幸か不幸か一度もない。彼女が鞄に手を伸ばす。
 アスカさんはおもむろに本を開いた。三人掛けの長机は真ん中に彼女、左に僕が配備され、右の椅子にはチョコレート色のトートバッグが鎮座していた。はるか前方にある長大な黒板には「東西のサブカルチャーと性差」という見出しがうっすらと読めた。
 アスカさんは視力があまり良くないそうだ。それで遠近法の体現みたいな机の配列やその先にある黒板に対して、彼女はいつも完璧に無視をきめこんでいる。僕はもちろん彼女の目のことも彼女が僕のとなりに座ることも知っているし、彼女は彼女で彼女の抗議を僕が受け付けないことを知っている。だから今日も彼女は僕の隣で本を読む。「前の席あいてますよ」スピーカーが講師の声を伝えた。二つ後ろの最後列で遅刻の男子学生が空席を捜していた。黒板に小さな文字が増えていた。
 アスカさんと僕は週に一回、この「比較文化論B」で顔を合わせる。広くて古い講義室に空席の目立つ、全学共通科目の中でもあまり人気のない講義だった。僕は開講から二週目で視線に気付き、三週目で尾行に気付き、四週目で執念に気付き、五週目で逃げられないことに気付いたのだった。「ずっと前から気になってたの」と言った彼女は一年生だったし、窓の外には遅咲きの桜が残っていたし、講義室の壁掛けカレンダーには前期の日数がたっぷり残っていた。僕は三年生で全学共通科目をとっていたけどそのことで彼女から憐憫の情をかけられる筋合いはないはずだった。とりあえず僕の記憶のかぎりは。

↓Bさん

↓Bさん

2016/04/17 12:35

▲TOP