オッキぃーさん

もともと小説をかくことが好きで、ボカロをきいてから作詞もするようになりました!

オッキぃーさん

オッキぃーさん

oki_i

もともと小説をかくことが好きで、ボカロをきいてから作詞もするようになりました!
小さい頃からピアノをやっていて、作曲もいちおうできます。(でもそんなに得意じゃないのでー)
イラストも手描きで描いていて、まあ、将来は自作(すべて)で動画をだしたいなーとおもっています…まだまだ初心者ですが、よろしくおねがいします
<(_ _)>

もっと見る

依頼受付中

ジャンル問いません。こんなの!といわれればなんでも作詞いたします。もちろんそれを改変してもかまわないです。

最終更新日時:2018/02/16 19:37:28

ピアプロバッジ

フォロー(3)

  • るは
  • Baron
  • 霧姫 知華

フォロワー(2)

  • Baron
  • 霧姫 知華

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

[曲募集]秋のビターチョコ

秋のビターチョコ (一番) ふと何気なく笑いあっていた あの木の下で出会ったよね 恋人とは呼べない関係で 友達では足りない関係で 秋の風が通りすぎていく 少しからかって見よう。 そう思って君のほほをツンツン もみじのように君はほんのり赤くなった。 ほろ苦い秋のビターチョコ 秋のさわやかな風の中で 2人で過ごす大切な時間なの ほろ苦い秋のビターチョコ うずうずしている気持ちだけど 2人で過ごす今が幸せになれる (二番) いつものようにあの木の下へ 迷わず歩いて向かっていく でもなぜか君はいなくて それでも来るだろうと信じた 冷たい風がほほをなでる 少しからかって見よう。 君がここへ来たら同じように けれど君はいつまでも来なかった。 ほろ苦い秋のビターチョコ なぜこんなにも悲しいのかな 君がいない木の下で涙があふれる ほろ苦い秋のビターチョコ 浅い恋だった2人の日々 少し甘さを残して消え去っていった あなたが大好きでした。 君に伝えたかったこの言葉 色つきた落ち葉がヒラヒラ舞いおりる。 ほろ苦い秋のビターチョコ なぜこんなにも悲しいのかな 君がいない木の下で涙があふれる ほろ苦い秋のビターチョコ 浅い恋だった2人の日々 少し甘さを残して消え去っていった もう後ろは向かないよ そうつぶやいて木に背を向けた 秋の風が通りすぎていく

曲募集中です。


外は雪が降っているのですが、最近バレンタインデーがありましたので、チョコを使って歌詞にしました。
私は女なのでチョコは渡す方のはずですが、相手いないので一人さびしくブラックチョコをたべていました(笑)
そんなときふとチョコを使ったラブソングの歌詞が思いうかんだので書きました。

閲覧ありがとうございました。<(_ _)>

もっとみる

投稿日時 : 2018/02/18 12:51

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP