かもめさん

かもめさん

sakiika32

\作詞、始めました!/

ヾ(´▽`*)ゝ

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロワー(1)

  • 6sides

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

ライチャスネスの自答

ライチャスネスの自答 「A」 まず間違いなく 私は灰の中 その声を額に向けて撃つだろう ガラス越し染まる うろたえの末路に 後悔と侮辱をただ差し出した 「B」 何を見てるの? この心は 優しさ以上に醜い物 笑えないよね けれど、この刹那は 崩された自由に身を投げ出し 許されたい 「サビ」 私は今 嵐と成り 銀の鳥を従えて 一陣の夢を貫く 疑惑の果て 穢れようが しがみ付いて放さない 叶わぬ答えも 出口はあるから 絶えず劣らずに 掴む、その手は深くへと 「A」 最善を尽くす その言葉はいつも 最大の逃げとなり怯えるだけで つまりは自分の 底意地が知れてた 訳の分からない内に夜が来る 「B」 何が好きでも 弱さだけじゃ 世の中は回らず朽ちるだけ ならどうすると 胸に、問うまでなく 向かい合う場所などひとつだけと 刻み付ける 「サビ」 誰が為と 牙を向けて 善と悪は交じり合う 頑なに先を譲らず 息も途絶え 溺れていた 皮肉の味、忘れない 苦悩にまみれて 残骸に変わり それでも腐れずに 明日を 「C」 所詮一人きりの 綺麗事で 正しさとか どこにも無い それでも曲げずに 歪みの中 歩くならば、ほら止まらずに 「サビ」 私は今 嵐と成り 銀の鳥を従えて 一陣の夢を貫く さあ目覚めだ 恐れもなく 叫んで来い『I'm The Righteousness(アイム ザ ライチャスネス)』 否定の恐怖も 嫌悪の秩序も 感じてた事も 抱いて それを自我と呼べ らいちゃすねすのじとう 「A」 まずま[ち]がいなく わたしわはいのなか そのこえをひたいにむけてうつだろお がらすごしそまる うろたえのまつろに こおかいとぶじょくをたださしだした 「B」 なにをみてるの? このこころわ やさしさいじょおにみにくいもの わらえないよね けれど、このせつなわ くずされたじゆうにみをなげだし ゆるされたい 「サビ」 わたしわいま あらしとなり ぎんのとりをしたがえて いちじんのゆめをつらぬく ぎわくのはて けがれようが しがみついてはなさない かなわぬこたえも でぐちはあるから たえずおとらずに つかむ、そのてはふかくへと 「A」 さいぜ[ん]をつくす そのことばわいつも さいだいのにげとなりおびえるだけで つまりわじぶんの そこいじがしれてた わけのわからないうちによがくる 「B」 なにがすきでも よわさだけじゃ よのなかわまらずくちるだけ ならどおすると むねに、とうまでなく むかいあうばしょなどひとつだけと きざみつける 「サビ」 だれがためと きばをむけて ぜんとあくわまじりあう かたくなにさきをゆずらず いきもとだえ おぼれていた ひにくのあじ、わすれない くのおにまみれて ざんがいにかわり それでもくされずに あすを 「C」 しょせんひとりきりの きれいごとで ただしさとか どこにもない それでもまげずに ゆがみのなか あるくならば、ほらとまらずに 「サビ」 わたしわいま あらしとなり ぎんのとりをしたがえて いちじんのゆめをつらぬく さあめざめだ おそれもなく さけんでこい『ア(イム)ザ ラ(イ)チャ(ス)ネ(ス)』 ひていのきょおふも けんおのちつじょも かんじてたことも だいて それをじがとよべ

Ryunさんの作品に応募させていただきました!
ライチャスネスは、形式ばった正義や公正などの意味です!
文字数あってなかったりしたら、修正します…!


http://piapro.jp/t/RcfO
投稿日時 : 2016/09/21 08:38

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP