ケシさん

ケシさん

shirleypoppy

絵は水鶏様に描いていただきました!
ニコニコ動画で底辺歌い手をやっているケシと申します!
マイリス→http://www.nicovideo.jp/user/10123220/mylist

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(1)

  • ぽてとくん

フォロワー(4)

  • りくりくり
  • ぽてとくん
  • matutake01
  • 夜星

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

蒼い星の夢語(あおいほしのゆめがたり)

【Aメロ】 息も忘れた星空が まだ僕の背中を照らすの ここは誰も訪れない 一人ぼっちのミュージカル 【Bメロ】 澄み渡る空を吸い声高く歌えるの 思い切り手が伸ばせる 羽が生えたみたいに 【Sメロ】 息を捨てて踊り続ける 「苦しい」なんて誰が決めたの? 軋む音が聞こえないでしょ 体温を捨てた夢の中では 【Aメロ】 一筋描く流れ星 もう願う言葉もないけど 君には明かりを僕には 終わることの無い≪舞台≫を 【Bメロ】 赤のない世界では 花は実を結べない 赤がない世界の中に 痛みなんてないの 【Sメロ】 海も風も大地も溶けて 優しく雨を包んでくれる 二度と朝を望まないから この場所でずっと僕いたいんだ 【Cメロ】 冬を耐える蕾の サキをにじる咎人  二度と夢を見れない だからせめて眠らせてよ 【Sメロ】 息を捨てて踊り続ける 「苦しい」なんて誰が決めたの 溺れたって幸せだから この場所でずっと僕いたいんだ 【Cメロ】 白い部屋の孤独が 緩やかに過ぎてゆく 時計の針が止まる 最後の音が聞こえたの ≪ひらがな≫ いきもわすれたほしぞらが まだぼくのせなかをてらすの ここはだれもおとずれない ひとりぼっちのみゅーじかる すみわたるそらをすい こえたかくうたえるの おもいきりてがのばせる はねがはえたみたいに いきをすてておどりつづける くるしい なんてだれがきめたの きしむおとがきこえないでしょ たいおんをすてたゆめのなかでは ひとすじえがくながれぼし もうねがうことばもないけど きみにはあかりを ぼくには おわることのないぶたいを あかのないせかいでは はなはみをむすべない あかがないせかいのなかに いたみなんてないの うみもかぜもだいちもとけて やさしくあめをつつんでくれる にどとあさをのぞまないから このばしょでずっとぼくいたいんだ ふゆをこえるつぼみの さきをにじるとがびと にどとゆめをみれない だからせめてねむらせてよ いきをすてておどりつづける くるしい なんてだれがきめたの おぼれたってしあわせだから このばしょでずっとぼくいたいんだ しろいへやのこどくが ゆるやかにすぎてゆく とけいのはりがとまる さいごのおとがきこえたの ≪捕捉≫ ・星空 夢占いでは願いが叶う暗示であるそうですがこの星空は息を忘れていますので叶いません ・息を捨てて踊り続ける 好きなことをしている時は周りからどんなに可哀想に見えてもわりと幸せなもんですよね ・流れ星 夢占いでは望みを叶えたいという気持ちの表れですが運気は低下気味であっけなく終わる暗示でもあるそうです ・赤の無い世界 赤は血の色ですので赤の無い世界=肉体とかかわりのない夢の世界です。 夢の中なので当然現実世界で努力が実を結ぶことはありません。ですが痛みもありません。 ・花 才能を開花させた人。 ・優しく雨を包んでくれる 雨は涙の揶揄です。雨は基本包んでくれるものなので違和感ありますが夢の世界なので語彙が多少変な方が合うと思いあえてこの表現に。 ・ずっと僕いたいんだ 居たいと痛いの掛け合わせ ・冬 辛い時期 ・蕾 これから花を咲かせるはずの人。主人公の友人。 ・サキ 先(将来)と咲き(開花) ・時計の針 主人公の生きている時間

ふわふわとした物しか考えてませんが、夢を追う二人の女の子の話です。

心身共に一度に傷つく事件というのがなかなか難しかったですが「帰宅途中に信頼していた友人に妬まれ刺される」で考えてみました。

主人公は見た目が良く、才能のある女の子。
友人は主人公が夢を目指すずっとずっと前からその夢に向かって努力を重ねていた。
友人は従姉妹が女優だった。
主人公が友人を追いかける形でその夢に参加。
どんどん差が詰まって、追い越してしまう。
友人は高3までに駄目なら勉強をして普通の大学生にならなければいけなかった。
ある日友人をスカウトしに来たはずの舞台監督に主人公が認められてしまう。
共演を夢見た従姉妹との舞台だった。
決して友人に力がなかったわけではなかった。ただ主人公が先に開花してしまっただけで。

友人は帰宅途中の主人公の顔と腹を刺す。
主人公は友人をここまで追い詰めたのは自分だ、と思い詰める。
自分の夢も、友人の夢も終わってしまった。
もう二度と夢を見れない。けどもう一度夢を見たい。
そのために眠りにつく。

誰もいない一人ぼっちの世界。
ここにいれば友人に遠慮することもなく演技ができるし、友人を傷つけることもない。
少し肌寒いけれど自由で、どこまでも続く世界。

私が想像したのはこんな世界観です。もう少し詳しい話もありますが私の発想力では苦しいので細かいところが必要であればチームの皆さんの力を借りたいです。
正直友人逆恨みだなあとも思いますが多分主人公も主人公で要らんことを言ったんだと思います。舞台の裏話を嬉々としたとか。


枚数を描ける絵師さんを募集していらっしゃるようでしたが一枚絵+α(過去回想と病室)くらい描けば魅せられるように考えてみました。
題名は仮でつけてみました。「蒼」には血色の悪さを表す意味があるそうです。
Cメロに当たる歌詞だけが現実、残りは夢の中の世界で分けられるようにしてあります。

もっとみる

投稿日時 : 2016/03/08 23:27

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP