だれかのお守り

投稿日:2019/06/02 02:50:57 | 文字数:346文字 | 閲覧数:89 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「もうこんな時間」って
いつもおもっている
急行列車みたい
降りられない場所
いたはずのわたし

すきなひともすきなことも
たくさん
かんがえすぎは
からだにわるい

指きりげんまん
うそは百薬の長
きみのせなかは
おひさまに撫でられ

ずるいねずるいね神様は
ぜんぶわかっていじわるね
ずるいねずるいねわたしさん
楽なほうへと 詳細な お祈り

街というほど物はなく
人というほど器量なく
鏡をみる目は余念無く
ほとほと呆れちゃう

せめてあなたのまえでは
ちゃんとわたしで
けれどだれかのまえでは
ちゃんと腑抜けで
ほとほととほほよ

ずるいねずるいね神様は
ぜんぶわかっていじわるね
ずるいねずるいねわたしさん
楽なほうへと 詳細な お祈り

指きりげんまん
あしたこそ
どうにかなあれ

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際はお手数ですが事前にお知らせください。
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP