輪廻のまにまに

投稿日:2019/09/07 18:58:02 | 文字数:957文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

迫りくる死を前に、駆け巡る想い…。
生まれてきた意味を見つけたくて努力した日々の向こうにあるものは…。

元々は応募作ですが、落選いたしました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【サビ】
ゆらゆらと 揺れている 魂の灯火
さらさらと 消えてく 光

冷たいよ ここはどこ? 何故誰もいないの?
一人きり 薄暗い 闇に溶ける

【Aメロ】
自由なんてない 窮屈な場所で
誇れるものもなくただ生きてた

何か一つでも 胸を張りたくて
足掻いてみたけど空回るばかりだった



【Bメロ】
涙も痛みも みんな色褪せて
まるで人間じゃなくなるみたい

僕はここにいる 誰か気付いてよ
運命から逃げるなと 終わりの音が告げる

【サビ】
誰だろう 呼んでるの? 懐かしい声がする
動けない 体を 恨む

叶うなら 伝えたい 最期までごめんね
本当は 精一杯生きたいよ

ああ

【Aメロ】
死の呪縛から 解放されたい
僕も生まれ変われるだろうか
必要としてくれる人の元で
大切にされて幸せに過ごしたい

【Cメロ】
体が軽くなって まっさらになっていく世界
終わりの向こうにある 道は果てのない迷宮のようで

生きて自分が生まれてきた意味を知りたい
巡りゆく輪廻のまにまに願う 居場所はどこ?



-かなver-
ゆらゆらと ゆれている たましいのともしび
さらさらと きえてく ひかり

つめたいよ ここはどこ なぜだれもいないの
ひとりきり うすぐらい やみにとける


じゆうなんてない きゅうくつなばしょで
ほこれるものもなくただいきてた

なにかひとつでも むねをはりたくて
あがいてみたけどからまわるばかりだあた



なみだもいたみも みんないろあせて
まるでにんげんじゃなくなるみたい

ぼくわここにいる だれかきづいてよ
うんめいからにげるなと おわりのおとがつげる


だれだろう よんでるの? なつかしいこえがする
うごけない からだを うらむ

かなうなら つたえたい さいごまでごめんね
ほんとおわ せいいいぱいいきたいよ

ああ

しのじゅばくから かいほうされたい
ぼくもうまれかわれるだろうか
ひつようとしてくれるひとのもとで
たいせつにされてしあわせにすごしたい

からだがかるくなあて まあさらになあていくせかい
おわりのむこうにある みちわはてのないめいきゅうのようで

いきてじぶんがうまれてきたいみをしりたい
めぐりゆくりんねのまにまにねがう いばしょわどこ

ふとした時に思い出してもらえるような詞を目指して、作詞活動しています。

Web*ちいさな家
http://little-home.kokage.cc/

mail
everydaysdream♪gmail.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP