コラボ、練習曲宛て「夜空の花」

投稿日:2019/04/21 15:21:39 | 文字数:328文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(Aメロ)
放つ 色彩のなか
夜空が崩れる音

今は 知らないままで
君を知らないままで
(Bメロ)
分かっていたの
会えないことも
その訳も
(サビ)
私以外を
愛してしまっていた
その手 握れない

デリートすれば
何が変わるのだろう
忘れられない
(Aメロ)
いくつ 夜を超えたら
笑うことができるの

下手な 笑顔ばかりが
張り付いて離れない
(Bメロ)
色を失くせば
痛みも忘れ
瞬いて
(サビ)
満ちていたのは
等身大の涙
絶えず 流れ出す

籠やかに舞う
蝶はどこへ向かうの
待っているから
(Cメロ)
月に 照らされて
輝けたなら
(ラスサビ)
振り向かないで
幸せになりたいと
誰も 思うこと

色彩のなか
崩れそうな夜空に
花を手向けた

作詞が得意です。最近はラノベ小説書いてます。いいの書ければいいな。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP