G clef Link 剣と魔法の世界へようこそ5

投稿日:2020/01/02 20:37:00 | 文字数:1,342文字 | 閲覧数:75 | カテゴリ:小説

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

モンスターを見かけだけで判断してはならない

次話
https://piapro.jp/t/Zd2r

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

リンのターン
どうする?

【たたかう】
【とくぎ】
【まほう】
【ぼうぎょ】
【アイテム】
【さくせん】
【あいさつ】
【にげる】←SELECT


リンは逃げようとした

『スッテン』

しかし、きょうふで足が絡んで転げてしまう
2のダメージをうけた

「いったーいっ!」

HP24から22になる


グフフトロールAのターン

「グフッ、グフフフフフフッ」

すこしゲスい感じがする笑い声をあげながらリンに近づいてきた

『ヒラリッ』

グフフトロールはリンにハンカチを貸してくれた

「あっありがと……」

リンはハンカチで泥よごれをふく


「リーンッ!」

仲間のピンチにレンは闘志を燃やした
脳内に『デデデンッデデデンッ♪デデッデデッデデーーッ♪デデデンッデデデンッ♪デデッデデッデデーーッ♪』低音が効いたベースの奏でるカッコいい音楽が流れる
攻撃力が5アップする

レンのターン
どうする?

【たたかう】←SELECT
【とくぎ】
【まほう】
【ぼうぎょ】
【アイテム】
【さくせん】
【あいさつ】
【にげる】


「ちょっと待ってレン君っ! 私に【めいれい】させて」

「えっ!? あっ…うぅん、別にいいけど……」

ミクは【さくせん】から【めいれいさせて】を選択した

レンのターン(リーダーのコマンド)
どうする?

【たたかう】
【とくぎ】
【まほう】
【ぼうぎょ】
【アイテム】←SELECT
【さくせん】
【あいさつ】
【にげる】


レンは【アイテム】からニンジンをとりだした

「ええーーーーっ!?!?」

 14歳の少年は心のなかで思った。

 ──ミクちゃんは小さい頃から遊んでいる友だちだけど、天然なところが酷すぎるっ!。

「レンくーんっ! 恐いかもしれないけどトロールさんにニンジンを渡してみてーっ!」

「!?!?」

 ──ああやって言うけど、自分だけ近くに生えた木の後ろに隠れてるんだ。親指たてながら『Like!』ってしてるけど、こっちはぜんぜんよくないよっ!。なんで僕が、グフフフッ……て笑ってるトロールにニンジン渡さないといけないんだよ。
 めいれいした張本人はさ、『ファイトだよ! レン君ならやればできる!』ってリーダーらしい決め台詞言ってるけど、こっちは友情より敵意ノーチェンジだっ!。


「くっ…どうにでもなれっ!」

レンはグフフトロールAに【アイテム】ニンジンをわたした

グフフトロールはニンジンを受けとってくれた

『グッフッ、グッフッ』

レンはグフフトロールAからホウレンソウとコマツナを貰えた

──You Win!──

レンたちは戦闘に勝利した
それぞれに経験値16が割り振られていく

[LEVEL UP]

ミクはレベル1から3にあがった
リンはレベル1から3にあがった
レンはレベル1から3にあがった

「やったねレン君っ、私たちレベルアップよ♪」

「換金アイテムも多くもらえたし、レンにしては上出来ね♪」

 ミクとリンは【さくせん】が大成功し、ハイタッチをして喜んでいる。

「ジターーンッ!!」

 またも金髪繋がりで誰かの名前を強く叫ぶ少年の声が、広い広い草原の大地に響きわたっていく。

スマホ越しに笑ってください
クリエイターさんたちを応援するために来ました

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP