明ける

投稿日:2018/07/09 08:32:19 | 文字数:463文字 | 閲覧数:9 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

歌詞書きました。いつもの通り使用はご自由に。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

指の先に一等星枯れた枝の先に
僕の目にも一等星触れる君の声に
同じ日々の劣等生分からないことなど
分からないほどにさ分からなすぎて

澄み切って積み切って
どうにもならないことばかり
冷め切って埋め切った
風が鳴いてる君が泣いてる

憧れてた恋愛なんて本当の所なくてさ
憧れてた星空だって今日も僕を見下すから
何にもない日々だって何でもないと笑うのさ
感覚だけで生きてる、生きてく

爪の先に灯った頼りない灯りが
君の言葉一方通行当たり前のように
僕ら未だ優等生今を生きる必死に
飛行機雲飛んでって今日も声掠れた

汲み取って奪い取って
ダメだったんだ本当は
断ち切って取り去って
壁に叫ぶ夜に叫ぶ

憧れてた君の姿なんて本当の所強がりでさ
憧れてた満月だって今日も僕から逃げるのさ
満たされない日々だって楽しかったって笑うのさ
惰性だけで生きてる、生きてく

憧れてた生き方なんて本当の所フィクションでさ
憧れてた長雨だって今日も僕には降り注がない
まだ見えない未来にさえ楽しみだって笑うのさ
前を見据えて生きてく、生きてく

この作品URLを含むツイート1

▲TOP