夏、数え歌

投稿日:2012/08/04 21:17:41 | 文字数:434文字 | 閲覧数:100 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 メロディをつけてくれる方を募集します。初めて歌詞を作ったので、文字数があわなかったり不自然なところはメロディによって直していきますので、このままの状態にこだわらず作って戴いて大丈夫です。
 よろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏、数え歌


ひとつ ふたつ 花が散る
明るくて 眩しくて
藍の空 華みっつ
照らし出した 君の笑顔

「夏が終わっていくね」と 呟いた声は
よっつ いつつ 駆け上がってく
焔の遊びに 掻き消されて

楽しかったね 今年の夏休みも 君と、みんなと
楽しかったね いつもと同じに 僕と君とみんなと


むっつ ななつ 焔は踊る
赤 青 黄色 翠色
やっつ ここのつ 消える度
とうとう誰もいなくなった

「夏は終わっていくね」と 囁いた僕
「秋と冬と春のあとにまた夏さ」と
みんな笑った

楽しかったね 今年の夏休みは 君と、みんなと
きっと楽しいね 来年もその先も 今と同じ僕らで

きっと きっと 絶対

ひとり ふたり 歩き出して夜闇に霞んで
さんにん よにん ごにん 次々と消えていって
立ち尽くす 僕の隣から君はゆっくり離れて
みんなの影を追いかけていった

ひとつ ふたつ 花が散る
藍の空華みっつ
よっつ いつつ むっつ ななつ
そして、僕も歩き出した

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

▲TOP