【小説】サーチライト 1

投稿日:2009/12/30 20:06:11 | 文字数:1,862文字 | 閲覧数:131 | カテゴリ:小説

ライセンス:

兄さんと姉さんはあんまりストーリーにからみません。ミクはいわゆるアラフォー(笑)ですが、気にしちゃいけません!
この作品はミクとリンのダブル主役です。リンは次回あたりから出るはず……!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「メイコ!」

 名前を呼ばれた女性は、不服そうに目を開け、暗い部屋の中に浮かび上がる白い服を見つける。
 息を切らしたその様子から、非常事態なのだと分かったが、しかし彼「ごとき」が自分を起こしたという事実にムカついた。別に身分差があるわけではないが。

「なによ、カイト」

 まさか、この集落が人間に知られてしまったのだろうか。最悪の事態を考え、素直に起き上ると、女性の寝室だということも忘れているらしい男性は、ずいっと女性に顔を寄せた。

「逃げられた」

「は?」

 逃げる。一体何がだろうか、と女性はのんびりと考える。そんな女性の様子にしびれを切らしたらしい男性が、肩を掴んで引き寄せる。

「姫様が、逃げたんだよ!」

------

「うわぁ。ごめんねー」

 黒いフードを被った少女は、夜の闇の中に浮かび上がった光を見て、可憐な声でそう言った。
 人間から隠れ、迫害から逃れるための「魔族」の集落が、夜に灯りをつける。それは、本来あり得ないことだ。それだけのことをしてしまったのだと思えば、少女もさすがに罪悪感くらいは抱く。

 彼らが人間に見つからないことを祈りつつ、足早にそこを離れた。早くしなければ、追いつかれてしまう。
 少女の傍らに立っている、同じくフードを被った女性は、呆れた様子で少女に言った。

「そう思うなら戻ればいいでしょ、姫様」

 少女は、いじけたように女性を見上げ、いやだ、と言った。まるで幼い子どものようだが、実は女性の倍近くの時間を生きている。

「メイコもカイトも、信じてくれないもん。ルカだって信じてないんでしょ」

「別に信じてないわけじゃない」

 ルカと呼ばれた女性は、嫌そうに、しかししっかりと少女を守るように身を寄せて、隣を歩く。

 少女の癇癪と家出の理由は、少女が集落に来て以来ずっと、周りが少女を「奇跡の歌姫」と崇めて来たことにあった。

 「魔族」と呼ばれる突然変異種は、人間の間に生まれるが、人ならざる力を――魔力を持つ。
 その魔力の強さに応じて、寿命が延びる。
 しかし、寿命が延びればその分成長が遅くなるため、魔力の強い「魔族」であればあるほど、親や周りの人間に「魔族」であると気付かれやすい。
 気付かれれば裁判にかけられ、殺されてしまう。どれだけ強い魔力を持とうとも成長が遅ければ無力だから、つまりは魔力の強い「魔族」ほど殺されやすい。

 ゆえに、「魔族」の集落にいる者たちのほとんどは、人間とほとんど変わらない寿命と、使い物にならないほど小さな魔力しか持たない。
 その中で少女は、癒しの歌声で集落を守ることが出来、人の二倍以上もの寿命を持つ、まさに奇跡の存在であった。

 しかし、少女は言う。私よりもずっと長い寿命を持つ「魔族」の少年を知っている、と。

「でも、ミクよりも寿命が長い、となると、俄かには信じがたいでしょう」

「それを、信じてないっていうの!」

 ミクと呼ばれた少女の外見年齢は、せいぜい十六歳。彼女が集落にやってきたのが、十数年前。彼女を集落に連れてきて姿を消したという少年。

 今ではミクの外見年齢を追い越してしまったルカも、ミクが集落に初めて来た時のことなんて、幼すぎて覚えていない。カイトやメイコもそうだった。もっと年上の大人たちも、集落にほんの数分間しか滞在しなかった彼のことは、ほとんど知らない。

「彼なら……彼なら、きっと「魔族」を救えるのに」

 ミクの声に、ルカは溜息をつく。
 彼女を崇めていた集落の者たちには、聞かせられない言葉だ。姫がそんなことを言えば、自分自身では「魔族」を救えないのだと口にすれば、集落の者たちがどれだけ不安になるか。
 ミクは集落の温かさに包まれ、しかし孤独だった。

「私がここで歌っていても、今日も国中で魔女狩りが行われてるのよ。それなのに、私程度が「奇跡」だなんて……そんなの、悲しいよ。何も変えられない私みたいな存在に、「奇跡」なんて言葉使っちゃ、駄目だよ。そんなの、この世界を諦めてるのと一緒よ」

 ミクは、ぽつりと言う。寂しそうな、その声。

「だから、探しに行くのか。その恩人とやらを」

「私は本当の奇跡を知ってるの。皆にもそれを教えてあげたい。そうしないと……隠れ住んでるだけじゃ、何も変わらないわ」

 ミクの瞳には、強い意志が燃えていた。外見年齢通りの、少女の瞳。ルカは溜息をつき、闇にまぎれての逃避行に付き合うことを、再度決めたのだった。

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP