偏愛

投稿日:2014/11/17 09:49:41 | 文字数:627文字 | 閲覧数:273 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

某西尾維新小説の影響を受けまくってます。まあ戯言シリーズなんですが。
1番、ラストのサビの作詞は字鞍抹莉、
2番、Cメロの作詞は幸村碧羽です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
僕らの出会いは 偶然でしかなく
触れればきっとさ 切れるって分かってた
僕らの関係は ぎこちなくて
手探りで互いの 位置を探してた
B
何時いつからだろう この心地よさ
嫌になって 振り切って
足掻いて足掻いて 叶わなくてさ
生じた亀裂 埋められなかったんだ
S
愛してるって言葉は 戯れなんかじゃなくて
そんなことにさえ君は 気付いてくれなかったんだ
君が愛した世界を この手で壊してしまえば
君は僕の存在に 気付いてくれますか?

A
はじめましてから さようならまでの
微妙な距離感 掴めずただ一人
壊れた心を 抱きかかえたまま
ぼんやりと曇り空を眺めていた
B
何処どこからだろう 違和感だけに
目をそらして 君と二人
止まって止まった 時間の中で
もう戻らない 日々に思いを馳せる
S
大好きだよの言葉は 偽りなんかじゃないのに
こんなことにさえ僕は 目を背けたままでいた
君が愛した世界を この手で解してしまえば
君は僕の想いにも 応えてくれますか?
C
ねえ どうしてだろ? こんなに苦しくなる
ありがとうも言えないまま だけど僕は
君に出会ったことを 後悔できないんだ

S'
愛してるって言葉は 戯れなんかじゃなくて
大好きだよの言葉は 偽りなんかじゃないのに
S
愛してほしいって願いは 聞き届けられずに
ここで僕らの繋がり 消えてしまうのだろうか
君が愛した世界を 壊してしまった こんな
弱い僕のことを君は 許してくれますか?

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP