トマト

投稿日:2017/07/11 01:29:22 | 文字数:188文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

水の足りない道を
栄養少なめで歩く
無理に熟した頃には
枯れかけの爪先

機械化した太陽を
母みたいに慕って、笑う

まだまだ青いぼくら
どうしようもないことを
どうしようもなく愛そう

ぬかるみすぎた土を
お気に入りの靴で征く
穴の空いた歩道は
虫たちの安寧

慢心はみずからを
若いままに見離す、水を!

まだまだ青いぼくら
どうしようもないことを
どうしようもなく愛そう

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際はお手数ですが事前にお知らせください。
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP