CHOICE

投稿日:2019/10/13 13:22:47 | 文字数:385文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

曲募集中です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

公園のベンチ 二人の世界
たまらず顔を近づけた
視線に困ってしまうから
見上げた星は ずいぶん眩しかった


どうして どうして
たまらなく 声が優しくて
どうして どうして
そんな顔で笑うの


私なら 君の照れ隠しの癖だって
よく口ずさむ歌だって
全部知ってるはずなのに
私なら 君の冷蔵庫の中だって
素でとぼけてる声だって
全部知ってるはずなのに





路地裏の灯り 寄る影法師
たまらず顔を背けた
呆れ顔の君がそこにいる
見下ろす月に ずいぶん冷やかされた


どうして どうして
たまらなく 柔らかい髪が
どうして いつまで
誤魔化したままいるの


私なら 君の愛想笑う顔だって
つい盛ってる話だって
全部知ってるはずなのに
私なら 君の寝室の香りだって
その寝ぼけてる声だって
全部知ってるはずなのに




散る金木犀 まだ甘い香り
君は私を選ばない

大学①
作詞、動画イラストを受け付けております。
詞先のものが多くあるので、現在曲募集中ですと書かれている歌詞は是非曲をつけていただきたいです。
曲先でももちろん大丈夫です。
仲良くしてください!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP