ホワイト・ラストソード

投稿日:2021/11/03 13:01:16 | 文字数:424文字 | 閲覧数:53 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

white rust sword
大切な人を守れなかった歌

ご使用の際は出来ればご一報ください。喜んで見に行きます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
三日月の夜
星と月半分こ
気まずい一人
惑うほどではないが
白雪の路面
君はまた跳ねている
利他主義の個人
僕はまだ笑えている

サビ
昨日と変わらない世界
泡沫の世界
壊してしまえる
恐れを知らない君に
輝く明日(あす)を
きらきら壊れたとしても

B
迎えられた明日
君と今日も会う
最早陳腐と化す
約束ごとを挿す

サビ
君を守るほどに僕は
強くないけど
それでもせめて
埠頭のへり歩く君に
明るい明日を
すべり落ちないよう

A
装う善人
白雪から覗く心
物問う疑念
約束を挿したまま
綻ぶ運命(さだめ)
君と僕手を離す
遠のく視線
吹雪へと消えていく

サビ
純白の君を汚して
風は去ってく
消えてく笑顔
弱すぎた僕を騙して
時は去ってく
君の元にもう···

B
見る影も無く
君は今日も凪ぐ
約束ごとを欠く
上辺の情を貼る
二度と止まない後悔

サビ
昨日と変わらない世界
泡沫の世界
壊してしまえる
恐れを知った君に
輝く明日を

作詞をしていきたい人間です

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP