眼差しの先、その空は

投稿日:2016/07/27 22:58:26 | 文字数:491文字 | 閲覧数:226 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

"眼差しの先、その空は"の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

世界が変わったのはいつだっけ
一つ分の心だけ残して
尾を引く想いのような
長い影が僕をあざ笑うの

突き刺さるほど輝く太陽は
君と僕の居場所を鮮明に色分けるの
人ひとりなんてちっぽけだと
その雄大さで僕に語りかけるの


サヨナラ なんて一言も言わないままで
また明日 なんて約束もせず
僕らは"今日"で止まったまま


無感情な眼差しで
オレンジ色の空を見て
僕は今日のあなたを待っていたんだよ

聞こえやしない声求め
耳を澄ます ガラクタの上で
夜が来るのを恨んだ


日常が消えたのいつだっけ
一つ分の身体だけ奪って
心を包む黒のような
夜の街が僕をあざ笑うの


身を切るような冷たい風は
僕の心など運んでくれやしないな
取り残された僕なんか知らず
夜は終わり また日は巡る


ahh…


希めど望めど
光はまだ見えないままで


無感情な眼差しで
群青色の空を見て
僕は昨日のあなたにサヨナラしたの

悲観的な涙さえ
綺麗に輝かせてしまう
朝が来るのを恨んだ

それでも世界はとても綺麗で
そしてひたすらに孤独だ


僕が変わったのはいつだっけ
1人分の未来だけ残して

作曲してます。ベースとキーボード。

投稿作品に絵師さん・動画師さんを募集しているものがあります。(時期によってはないかもしれません)
お気軽にご連絡ください。

Twitter → @takekou1010

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 眼差しの先、その空は

    by SHAKEさん

もっと見る

▲TOP