【初音ミク】疲労感【ヨーラP】

投稿日:2016/06/28 22:01:05 | 文字数:475文字 | 閲覧数:29 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

疲労感の向こう側。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

疲労感

さっきまで寝てたはずなのに
眠った感じがまったくしない
時計を見て 慄いて
エナジードリンクを流しこむ
そんなものは気休めだなんて
言わずもがな

疲労感 踊ろうよ
どうせなら
味方につけてやればいいんじゃない?
溜まる一方であるならば
多いに越したことはない

心臓は絶えまなく時を刻む
自らに鞭を打つかのように
ちょっと待ってよ すこしだけ
足にじゃれついてくる 疲労感

二十一世紀初頭の名曲
当時と今じゃ感じ方違う
誰かが言う
「幸せは 苦労に手を引かれやってくる」
君は言う
「私たちの明日は幸せね」

疾走感が全て そう決めて
今まで駆け抜けてきたけれど
どうにも上手くはいかない
思ったように走れない

ひとひらの気持ちが邪魔をする
目の前の壁はあの日の夢
自分に嘘はつけない
そりゃそうだって
誰のためのMUSIC?

疲労感 踊ろうよ
最初から この道にすれば良かったのか?
機が熟しただけなのか
今じゃもう どっちでもいい

疲労困憊は止まらない
描いた夢と引き換えにして
だけど僕らは友達
胸にじゃれついてくる 疲労感

やさしい音楽家。ベーシスト、作曲、編曲、ボカロ。 北海道出身。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】疲労感【ヨーラP】

    by ヨーラPさん

▲TOP