モノになりたくない。

投稿日:2017/12/10 23:05:23 | 文字数:664文字 | 閲覧数:145 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

人様の楽曲で書かせていただいた詞。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

窓を真っ黒に撫で付ける雲
コトコトと音を鳴らし落ちて消える雨

黄色い蛍光ペンで雲に星を描く

雨さ 昨日もその前もそう そしてこれから先ずっと
雲の裏側には溢れそうな 光があるのに


雨の音はボクをモノにする
ベッド、クローゼット、そして、ボク、みたいな感じ

熱を持たなくなったボクは雲を睨む


それはきっと冬の間 ずっと夢の世を見続ける兎
その胸の小さな音に似た祈り
雲の背中を焦がし続ける明るすぎる光に焦がれ続けてます
光と引き換えに得られる恵みは要らない
光だけ欲しい


==========================かな割り==========================

ま どを まっくろに なで つけるくも
こ とこ と とおとを ならし おちてきえるあ め

き いろい けいこう ぺんで くもに ほしをえ がく

あ め さき のうも そのま えもそう そして これからさきずっと
くもの う ら が わ に は あふ れそうな ひかりが あ るのに


あ めの お とはぼ くを ものにする
べっどく ろーぜっと そして ぼくみたいなかんじ

ね つをも たなく なった ぼくは くもをに らむ


そ れ はきっと ふゆの あ い だずっと ゆめのよ をみつづけるうさぎ
そ のむ ねの ちいさなおとに に たいのり

くもの せ なかを こがし つづける あかる すぎる ひかりに こがれつづけてます
ひ かり とひき かえに えられる めぐ みはいらない
ひかり だ け ほしい

ヱビスと焼きたてのベーコンエピは筆舌に尽くしがたいほど相性が良いと言う事はあまり知られていない。しかし目の前にあるベーコンエピが焼きたてかどうかは袋に入れられて手渡されるまで分からない。そういうジレンマの中で生きてる。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP