月夜の幻

投稿日:2013/01/27 22:07:03 | 文字数:607文字 | 閲覧数:73 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

しきさんの歌詞募集作品(http://piapro.jp/t/lcaj)に応募させていただいたものです。
修正も可能です。ルビが多くてすみません<(_ _)>
月夜をテーマに亡くした愛する人の幻とをかけて切ない感じの内容になっております。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

寄せては返す波の如く
闇夜を照らす下弦の月
流離(さすら)う者よ
何処(いづこ)へ向かう
道無き道へと



偲ぶ想いひた隠し
当てもなく歩む
いつか見たあの面影
心のひと欠片(かけら)

映し出す心根よ
水面に揺らめいて
映し出す気心よ
波紋となりて

白妙(しろたえ)の君 赤いかんざし
風薫る刻(とき)の中で
闇に消えゆく

過ぎ去りし日よ かの君は
流れ誘(いざな)う幻とて
月夜に導(しるべ)道無き道を
手繰(たぐ)り寄せると

眼(まなこ)に映る色褪せた世
風が歌い 木の葉舞えども
流離う者の心あらず
枯れた花のよう



夜鳴きが木霊す森
進むはひたすらに
たゆとう人の気こそ
日と人の常に

映し出す心根よ
霞みは棚引いて
映し出す気心よ
雫となりて

漆黒の闇に映えるその姿
花薫る四季(とき)の中で
永久(とわ)に消え去る

探せ探せど見つからぬ
幾久しくあの温もり
許せ許せと呟く者は
涙枯れ果て

ぽつりぽつりと雨打つ音
降り注ぐは 哀しみの雨か
激しさ増すは 枯れ果てた涙
その身 降り掛かる



寄せては返す白波のよう
闇夜を照らす上弦の月
流離う者よ
何処へ向かう
道無き道へと

過ぎ去りし日よ かの君は
流れ誘(いざな)う幻とて
月夜に導(しるべ)道無き道を
手繰(たぐ)り寄せるもの

過ぎ去りし日は ここにあらず
留まること知らず知らずに
辿り着くその先まで行く
月夜の幻

着メロ作成をきっかけにDTMを始めました。
まだまだ初心者ですが、歌ものをこちらで投稿していけたらなと思います。
あと、作詞や簡単な動画も作ったりしています。



*HP
http://music.geocities.jp/ramy02552/

*マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/29241776

*使用音源さん
ボカロ→GUMIさん(初音ミクさん・鏡音リンレンさんは体験版で歌わせていただきました)
UTAU→重音テトさん、白鐘ヒヨリさん、穂歌ソラくん、雪夜フジさん等

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP