君の背骨

投稿日:2014/10/01 00:20:15 | 文字数:479文字 | 閲覧数:130 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス:

どなたか使ってくれたら笑って喜びます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

神様を信じてた君が泣いて いるのを初めて見たよ
涙を零しながらさ 思い浮かぶものに一つ一つ
一つバツをつけていったら 何を信じれば良いか
分からなくなっちゃったんだね そしてそれが許せないんだ

この先君の日々 黒い画用紙の上をただ 歩くみたいに退屈で 何も感じられないかも
頭の上に広がる空さえもね 水色で塗り潰しただけに
何回も朝が来て頭を抱えて 何度も寝るだけの日々が経って

そして何時の日か目を覚ましてく 妙に明るい景色が 君を迎えるそれはさ 何時も見てた水色の空よ
気付いたかな君はただ目をつ むってただけ君は君 を許したんだよほら見て 君の目に映るものを全部

花占いをする 初心な女の子みたいに 何かを信じるのなんて 簡単なのよ好きなものなら
騙されても君も誰も私でも タフに出来てる背骨があるわ
私の背骨は音楽で溢れてる 君の背骨は何に溢れてる?

どうせ死んだら終わりなのよなら 時には自分勝手に 何かを支えにして 良いと思うのよ違うの?
花でもコンクリートの道とか でも何でも構わない 何にでも寄りかかって 感謝とお返しすれば良いのよ

ヱビスと焼きたてのベーコンエピは筆舌に尽くしがたいほど相性が良いと言う事はあまり知られていない。しかし目の前にあるベーコンエピが焼きたてかどうかは袋に入れられて手渡されるまで分からない。そういうジレンマの中で生きてる。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP