大嫌いになりたかった

投稿日:2016/05/19 21:17:27 | 文字数:290文字 | 閲覧数:307 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

「大嫌いになれたら、どんなに楽だったろうか。」


( ´ー`)フゥー...
青春。したい。
リア充さんがキラキラしているのを
思いきり殴りたい。

そんな、雨のち雨なのであった。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

もうこの気持ちが
あなたに届くことはないんだな
そう思えばまた愛しくなるけれど
もう残暑にやられた頭だと
これはただの妄言だと
物足りなさを埋めたいだけだと
理由をつけて
君を嫌いになるすべを探すの

振り返ったとき
君の姿があったあの教室
今は廊下での一瞬を
切り取ることしかできない

好きでした
好きでした
好きでした
好きでした
ずっとずっと
あなたをみてました
好きでした
好きでした
好きでした
好きでした
ずっとずっと
この気持ちは
優しいあなたには届けません


もうこの気持ちは私だけのもの
大事に永久保存するの

大好きなあなたを
大嫌い大嫌いにさせてほしいよ

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    繰り返す過去形の「好きでした」がまだ痛いくらい大好きなんだなって伝わる詞ですね。切ないです(T_T)

    2016/05/19 22:52:59 From  KIYOTON

  • userIcon

    メッセージのお返し

    KIYOTONさんありがとうございます!
    KIYOTONさんからもらったアドバイスをもとに、
    ちょっとストーリを考えて作ってみましたー(*´▽`*)

    本当はもっときらきらした、リア充の詩を作ろうと試みたんですが……(´・ω・`)
    私のかく詩は、なんだか全部失恋するか、
    叶わないかのどちらかなので……(´・ω・`)
    でも、結局あきらめる形の歌詞になってしまいました……(´・ω・`)

    今度は幸せな詩を書きたいと思います。

    2016/05/21 19:14:05 雨のち雨

もっと見る

▲TOP