おととい 歌詞

投稿日:2019/04/23 22:08:46 | 文字数:424文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オリジナル楽曲「おととい」の歌詞になります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

◆おととい

眠れずに眠れずに
瞼閉じて考えます
幼いころの温もりとか
どうしようもないほど悲しいこと

明日になれば明日になれば
うまくいくかなと考えます
悩むほどに嫌いになるよ
自分のことも分からないから

僕らが生まれた白い病室で
泣いたり笑ったり繰り返す
僕らが生きているこの青い地球(ほし)で
泣いたり笑ったり あぁ そう同じように

眠れずに眠れずに
瞼閉じて考えます
後悔ばかりの人生のこと
大切にしたい君のこと

(話したいことも 会いたいことも)
(時が過ぎれば 忘れるのかな)

大きな声で泣いていた
おととい会うまでさようなら
全て懐かしく思えた
小さな花束を添えて

僕らが生まれた白い病室で
泣いたり笑ったり繰り返す
僕らが生きているこの青い地球(ほし)で
泣いたり笑ったり あぁ そう同じように

眠れずに眠れずに
瞼閉じて考えます
辛いことや悲しいことも
明日になれば・・・

2019/04/23 ハルミタイナ 詞

ボカロで音楽作ってます。
よろしくお願いいたします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP