何が起きても

投稿日:2022/01/28 16:10:37 | 文字数:731文字 | 閲覧数:150 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

その煌めいた瞳で 何かを見つめているの
行き先は未確定 それもいいね
もっと高まる気分を 抑えたくはない
いつまでも愛していたいから 手を繋いでいよう

いつも君が好きさ
太陽みたいに輝いて
憧れで終わらずに
いつまでも共にいたい
全てを分かち合え
思い出を越えて行こう

さあ 行く いつもの向こうへ
君に向かって繋がるの

醒めない夢から飛んでくれ
時を止めてから見える君の美しさよ
愚かさの代償は無惨だけさ
いつも夢を見られて幸せなんだよ

どんな経験を積んでも迷うの
人生を迷うのなら道を問い続けよう
誰にだって限界はあるだろう
耳障りの良い事だけは気に食わない

歳を重ね 何の為に生きるか疑う
どうせいつもの事なんだろうから
不本意だよ 変えてみたいよ 全て
自分を変える為の自由があったら良かった


このときめく心で ずっと君の傍にいたいね
遊んで二人 もっと引かれ合うの
恋するよりも 楽しい事はあるけど
縛られないままの あるがままでいて

ありったけの愛を
君となら掴める筈だよ
笑い合う分
君と幸せになる
何が起きても
いつでも君がいるのよ

さあ 行く いつもの向こうへ
君に向かって繋がるの

君がいなくなるのは寂しい
だからいつもそうならないようにしよう
今までの積み重ねは関係もなく
互いの違いを認め合って解り合おうよ

新しい世界をそこに見付けるよ
愛し合って信じ合って夢を追いかける
何度も言葉を尽くして繋がるよ
良し悪しなんて自分一人で決めるものではないね

手遅れにならずとも 手に掴めるチャンスは一度きり
無常な現実を僕は生きる
下らない世の中を越えよう
やりたいようにやるだけなんだ

何が起きてもどうにか行きましょう

趣味で作詞。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP