約束と花火

投稿日:2014/09/12 19:27:43 | 文字数:406文字 | 閲覧数:96 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空に弾けた打ち上げ花火
君と見ていたあの夏の日
約束した「今日」のこと
君は覚えてるかな


帳落ちた天神駅のスクリーンには華一匁
先を急ぐ恋人達の波に酔う私は一人

指きりした君はもうここにはいない
針千本でも飲ませてあげたい気分なのに


空に弾けた打ち上げ花火
君と見ていた赤、白、黄色
「来年も再来年も行こう」
君はそう言ったよね


朝目覚めて君が浮かぶ「今日」はとても特別な日
髪を結って、紅を引いて、帯を締める、緊張しちゃう

待ち合わせは落ち着かないどんな笑顔すれば
見つけられなかったなんて考えてた私馬鹿みたいね


君と歩いた夕焼け小焼け
繋ぐ右手は離さないように
しっかり摑まえている
そう想っていたから


空に弾けた打ち上げ花火
君と見ていたあの夏の日
約束した「今日」のこと
私覚えてるよ


胸を突き刺す花火の音と
やけに寂しくなった右手
大好きだった君の隣には
今誰が居るんだろう

しづかと申します。
作詞・作曲・イラスト制作などしています。
よかったら見て聴いてみて頂けたら嬉しいです。
何かあればこちらにご連絡頂けると幸いです。→shiduka_0629@yahoo.co.jp

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/15

もっと見る

▲TOP