さよなら、ネリネ

投稿日:2019/04/23 17:13:55 | 文字数:423文字 | 閲覧数:(計測中) | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月は陰り花は散った
カモメは海を越えて 思い出となった
星の瞬きも いつの日か閉じたまま
さよなら友たちよ もう

あの日ずっとキミに言えなくて飲み込んだことばが
今も夢に出てきて僕の心を揺らす

いつか語った夢と人生論
こんな僕を見て何て言うのかな
道の先にキミはいないと気づいた
それでも僕は そう

あの日そっとキミがくれた 桃色のあの花
枯らしてしまったからもう見ることはできない

生きている限り別れは来る
そんなことは知っているはずで
声にならないさよならが耳をつんざいたんだ

さよならだけが人生なのか

一つ二つ三つ四つ 記憶を数え思い出と供に
夜は明けて始まりを迎え
さよなら友たちよ もう

あの日そっとキミがくれた たくさんの思い出
深く胸に突き刺さって 僕の翼になる

どこまでも続く道の上で歩くとしていつかは必ず
声にならないさよならがまた出会わせてくれるんだ

さよならだけが人生ならば
出会えたことの意味を知りたい

柿ピーの柿の種抜きが好き。MIXは苦手。歌詞を考えるのも苦手。ロックは好き
今はウナちゃんメインで曲を作る予定

Twitter
https://twitter.com/ppnakko

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • さよなら、ネリネ

    by 夏目浩太さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP