「儚き命果てるまで」歌詞

投稿日:2013/12/20 22:24:43 | 文字数:488文字 | 閲覧数:102 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

初音ミsweet・蒼姫ラピスが歌う「儚き命果てるまで」の歌詞です。

レトロな感じを出したかったので、
多少古臭い言い回しや造語を使っています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ひらり はらり 落ち行く木の葉
金色に染め上げられてゆけ
美しいその姿さえも
地に堕ちては醜いだけで

色移ろう 秋の木の葉の
儚さたるや 今日を生きる
人の胸に抱かれし夢 希望の如し
われは思う

明日がもし訪れずとも
刹那の幸を謳おう

風立つ夕暮れ 沈みゆく陽に私は
明日の命同じように 灯ればと願う
変わらぬ日々よ 変わらぬ友よ 今どうか
変わりゆく私に 変わらぬ言葉をかけ続けたまえ


やがて季節は移り変わり
窓の外 白い雪が舞う
手を伸ばし触れた結晶は
ふと消えて雫になりゆく

ふわり落ちる 真冬の雪の
儚さたるや 病に臥し
明日の命あらばと願う 我が身の如し
痛く思う

明日この身が崩れようとも
未練なきよう生き抜こう

太陽 沈んで 闇夜に統べられた今
今日見た空と同じような明るい青空を
明日もまた見ることができるよう願い
目を閉じ友の言葉想い 夢の中へと沈んでいく....


一日 一月 一年 めぐり行く季節
あとどれだけ私の命 燃え続けるのでしょう?
変わらぬ日々よ 変わらぬ友よ 今どうか
変わりゆく私に 変わらぬ微笑(ほほえみ)を見せておくれ

まったりと、曲つくってまぅ。

ニコ動プロフ。
http://www.nicovideo.jp/user/4704060

連絡はピアプロのメッセでも可ですが、
Twitterの方が気づく可能性高いと思うのでできればこちらへおにゃがいします~(*・ω・)
http://twitter.com/K_Shizukino

*現在作曲依頼等はお受けしておりません。ご了承ください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP